「 古泉千樫 」 一覧

お盆の墓参りの短歌 古泉千樫の作品より【日めくり短歌】

墓参りはお盆にすることのひとつですが、今年は新型コロナの影響の他、酷暑のために延期した方もおられるかもしれませんね。 墓参りを歌に詠むときには、どのような場面や語彙が考えられるでしょうか。 きょうの日 ...

古泉千樫の原阿佐緒との相聞歌

古泉千樫の相聞歌は、結婚をした妻を詠んだものと、その後交際のあった原阿佐緒との交際を詠んだものがあります。 古泉千樫の相聞歌より、妻きよを詠んだものをご紹介します。

古泉千樫短歌代表作歌集『屋上の土』全作品 妻と原阿佐緒との相聞歌を含む初期―大正6年

  古泉千樫の歌集は大変手に入れにくくなっているため、以下に『屋上の土』全作品を筆写したものを掲載します。 便覧や索引等にお使いください。なお、この掲載はテキストのみです。 千樫の代表作の解 ...

古泉千樫の相聞歌 道ならぬ恋とアララギ離別の原因原阿佐緒との恋愛

古泉千樫の相聞歌は、結婚をした妻を詠んだものと、その後交際のあった原阿佐緒との交際を詠んだものがあります。 古泉千樫の相聞歌より、妻きよを詠んだものをご紹介します。

原阿佐緒の短歌代表作品「生きながら針に貫かれし蝶のごと悶えつつなほ飛ばむとぞする」

原阿佐緒の短歌とその代表作品のご紹介です。 原阿佐緒はアララギ派の古泉千樫と交流があった女流歌人で、古泉千樫のアララギ脱退の間接的な原因ともなった。 原阿佐緒本人も一部明かしていることだが、原には男性 ...

原阿佐緒・石原純不倫恋愛事件の真相 古泉千樫のアララギ脱退の原因

原阿佐緒・石原純不倫恋愛事件は、当時のアララギや文壇のみでなく、大きなスキャンダルとして取り上げられました。 それが原因で、古泉千樫がアララギを脱退、絶縁したのは大変残念なことです。 古泉千樫の脱退の ...

古泉千樫の短歌代表作品50首  アララギ派の歌人の抒情と平淡 歌の特徴

古泉千樫の短歌の代表作50首をまとめました。 古泉千樫は伊藤左千夫に師事したアララギ派の歌人です。 早く亡くなった古泉千樫の歌集は『川のほとり』『屋上の土』『青牛集』の3冊に集約されます。 各歌集から ...

古泉千樫の短歌の特色「歌を恋うる歌」岡野弘彦から

原阿佐緒の伝記本を読んでいたら、古泉千樫についての次の個所が目にとまった。 岡野弘彦は「歌を恋うる歌」に、千樫の天性の抒情の細やかな美しさは短歌の理想の形を見せていると評し、釈迢空は「日本の短歌は本質 ...

古泉千樫の牛の歌 岡井隆の連作の解説

岡井隆氏は、動物の歌にあまり秀歌がないようにみえるのはなぜだろう、と問いを置いて、古泉千樫の『屋上の土』の牛の連作を引いている。

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.