短歌

「白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」若山牧水の代表作短歌の解釈

更新日:

こんにちは。まるです。
若山牧水の代表作短歌「白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」、私は今までこの白鳥は空を飛んでいると思っていましたが、皆さんはどう思われていましたか。

その「解釈」について、俵万智さんの新刊に書かれていたことがたいへん興味深いものでした。

この歌の、語句の文法解説、現代語訳、句切れ、表現技法については、「教科書の短歌一覧」の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

白鳥は飛んでいない?-佐々木幸綱氏

俵万智さんは、早稲田大学で佐々木幸綱先生に師事され、そこから歌人への道を歩まれましたが、佐々木先生のこの歌講義を受けた時のことを、次のように語っています。

「大学でも歌人の佐佐木幸綱先生の講義で牧水の短歌を読みました。佐佐木先生による『白鳥は 哀しからずや空の青 海のあをにも 染まずただよふ』の解釈に衝撃を受け、短歌の解釈と鑑賞の面白さに開眼した日のことは今でもよく覚えています」

 

そしてその内容は、俵万智さんの新刊『牧水の恋』について、次のように記されます。

 

「これまでの注釈書のほとんどが飛翔説をとっているとのことだが、佐佐木先生の解釈は違った。飛んでいるとすると視線の動きが大きく慌ただしい感じがする。『染まずただよふ』という表現からは、もっとゆったりと『ながめ』の時間を過ごしている印象がある。よって「海に浮いている」という考えだった。さらに『孤独』を読みとるには一羽という見方もできるが、それではむしろ端的すぎる。牧水の孤独は、もう少しカオスを持った猥雑な感じのもので、二、三羽いたほうが牧水らしいのではないか、というものだった。」

 

私はこの「白鳥」は「ただよふ」というからには、空をふんわり飛んでいるとばかり思っていましたが、むしろ「ただよふ」であれば、水に浮いていてもいいわけです。

これには、ちょっと驚きました。見慣れた歌であっても、案外気がつかないことがあるのだなあとあらためて気付かされます。

この歌の他の解釈

解釈としては、「恋の不安」を表現しようとしたものだという説があります。

ただし、この歌そのものは恋人と実際にこの海辺を訪れるより1年前に詠まれており、この歌は、その心境を強化して表すために一連の中に後から組み込まれたものです。

つまり、いずれの説委に関しても、「恋の不安」を表現しようとして詠まれたものではなく、そのために歌集を編集するときに加えられたということを前提としています。

 

佐佐木幸綱は「恋の不安、恋するゆえの孤独」を表現したいためだと解釈し、島津忠夫も恋の狂喜を詠む眼を「一転する時」、「その澄み渡った愛恋の眼の底には、怖ろしいまでの孤独の悲しみが戦慄となって襲ひかか」り、「白鳥」の歌を「歌はずにはをれない、悲痛な本然の我れに帰るのであった」という若山喜志子の解説を引用しながら、同調を示している。(http://www.cf.ocha.ac.jp/archive/ccjs/consortia/8th/pdf/8th_consortium_abstract14.pdf)

 

一方、「幾山河越えさり行かば寂しさの終てなむ国ぞ今日も旅ゆく」「白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」は共に牧水が大学4年の時の作品であるため、元々詠まれた時点での心境としては、「東京で文学を続けていくことへの自責の念」を示唆するものもあります。(https://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/honbu/hisho/jaja/05_senjin.html)

「文学への思いや、周囲の期待を裏切ってしまったこと、懐かしい父母への愛情などが入り混じり、帰りたくても帰れない故郷への痛切な望郷の念」---あるいはそれが恋愛以上に牧水を旅へと駆り立てるものであったのかもしれません。

 

白鳥というのはカモメ

また、佐々木幸綱氏は、この白鳥というのは、実は「かもめ」らしいとも述べています。

その頃の牧水は、鳥や植物の名前などはろくろく知らなかったようで、後年の歌集においては、植物や鳥の具体名を詠み込むようになったと言っておられます。

「白鳥」の変遷

なお、この歌は初出においては、「白鳥」は「しらとり」ではなく、「はくてふ-はくちょう」とのルビが振られていました。

もちろん、だからといって白鳥そのものを指すかどうかは定かではありません。

さらに、明治40年12月『新声』における初出時は

白鳥(はくてふ)は哀しからずや海の青そらのあをにも染まずたゞよふ

というものでした。

「青」を示すものは、初出においては「海の青」が先で、「そら」はその後で平仮名だったことがわかります。

そして、今の完成形「白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふは、明治41年の第一歌集『海の声』のものであり、この歌は、さらに第三歌集の『別離』にも収録されて広く世に知られることになりました。

まとめ

この歌をめぐる牧水の編纂、そしてそれに伴う様々な解釈もまた、この歌が代表作として、名歌として、今も人々に愛されているためでしょう。

海をバックに漂う白鳥は牧水の分身であり、また様々な人がそれに自分を重ね合わせながら、この歌を愛惜し続けているのです。

 

関連記事:
若山牧水と園田小枝子の恋愛と作品への影響 歌集「海の声」「別離」

 

-短歌
-

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.