教科書の短歌 若山牧水

白鳥はかなしからずや空の青海のあをにも染まずただよふ 若山牧水短歌代表作品 現代語訳と句切れ,表現技法の解説

更新日:

中学校の教科書に掲載されてもいる、若山牧水の有名な短歌代表作品「白鳥はかなしからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」の現代語訳と句切れ,表現技法などについて解説します。

・教科書掲載の短歌一覧は↓
教科書の短歌 中学校教材に収録の近代・現代歌人の作品 正岡子規若山牧水石川啄木与謝野晶子他

・「幾山河越えさり行かば」についての解説は
「幾山河越えさり行かば寂しさの終てなむ国ぞ今日も旅ゆく」若山牧水短歌代表作品 現代語訳と句切れ,表現技法の解説

スポンサーリンク

白鳥はかなしからずや空の青海のあをにも染まずただよふ 若山牧水

作者:
若山牧水 歌集「海の声」「別離」

現代語訳:
白鳥は哀しくはないのだろうか。空の青い色にも海の青い色にも染まらずに漂っている

表現技法:
哀しからずや…「哀しかり」(形容詞「哀し」のカリ活用+打消しの「ず」+疑問の「や」)で「哀しく+ない+か」の意味になる
「や」は終止形でここで2句切れとなる
空の青海のあを…同じ漢字を繰り返し使用しないためひとつが平仮名になっている
染む(そむ)…染まる。しみ込んで色がつく。

解説:
若山牧水が、早稲田大学在学中に詠まれたとされる。当時牧水は、卒業後に文学の道に進むかどうかを迷っており、自分がどこに属すべきかの迷いがあった。

そのような心理的な背景があり、白い鳥の本来の白さを、空の青さにも海の色にも「染まらない」と見立て、容易に同化できない歌人の孤独な心境が投影されている。

*この歌の俵万智、佐々木幸綱他の解釈はこちら↓
「白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」若山牧水の代表作短歌の解釈

関連記事:
若山牧水と園田小枝子の恋愛と作品への影響 歌集「海の声」「別離」

 

-教科書の短歌, 若山牧水
-

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.