万葉集

「銀も金も玉も何せむにまされる宝子にしかめやも」山上憶良 子等を思う歌 子どもの短歌

投稿日:

こんにちは。まるです。
万葉集にある山上憶良の子どもの短歌、「子等を思う歌」のもっとも有名な短歌、「銀も金も玉も何せむにまされる宝子にしかめやも」の序文の現代語訳と解説、そのあとの長歌と反歌の短歌、それぞれの現代語訳と語の解説、鑑賞のポイントを掲載します。

スポンサーリンク

山上憶良「子等を思ふ歌」

子等を思ふ歌一首、また序
 瓜食(は)めば 子ども思ほゆ 栗食めば まして偲はゆ
 いづくより 来りしものぞ 眼交(まなかひ)に もとなかかりて
 安眠(やすい)し寝(な)さぬ(802)
反歌
 銀(しろかね)も金(くがね)も玉も何せむにまされる宝子にしかめやも(803)

山上憶良の短歌のうち、子どもの短歌として、もっとも有名な一首「銀も金も玉も何せむにまされる宝子にしかめやも」は、長歌のあとの「反歌」の短歌つぃて置かれているものです。

長歌と反歌は、漢文風のやや長い序文の後に置かれています。それは次のようなものです。

山上憶良『子らを思へる歌』の序

子らを思へる歌一首并せて序

釈迦如来(しゃかにょらい)の、金口(こんく)に正に説(と)きたまはく「等しく衆生(しゆうじよう)を思ふことは、羅候羅(らごら)の如し」と。又説きたまはく「愛しみは子に過ぎたることなし」と。至極(しごく)の大聖(たいしやう)すら、尚(な)ほ子を愛したまうこころあり。況(いは)むや世間(よのなか)の蒼生(あをひとくさ)の、誰か子を愛せずあらめや。

序文の解説

序文から解説します。

「金口(こんく)」とは、金の口のことですが、お釈迦様は全身が金でできている方だということで、その口もまた、金の口ということなのです。
「羅候羅(らごら)」とは、お釈迦様の子どもです。

その釈迦が、衆生、つまり「俗世間の人を思うことは、自分の子を思うことと同じことである」とおっしゃった。
しかし、次のようにも仰せになった。「子どもに対する愛情にまさるものはない」と。

この場合の、「愛しみ」というのは、自分よりも幼いもの、年下の者、自分よりもか弱いものに対して愛情を持つことです。

「蒼生(あをひとくさ)」とは、人間のことです。

『子らを思へる歌』序文の現代語訳

釈迦の言った言葉を挙げて、「釈迦、すなわち至極の聖人ですら、なお子どもを愛する心がある。まして我々普通に人間は誰が児を愛しまないでいられようか」というのが、序文の内容です。

「子等を思ふ歌」長歌

瓜食(は)めば 子ども思ほゆ 栗食めば まして偲はゆ
いづくより 来りしものぞ 眼交(まなかひ)に もとなかかりて
安眠(やすい)し寝(な)さぬ(802)

現代語訳

瓜を食べると、子どものことが自然に思われて来る。栗を食べると、一層思われて来る。いったい(その面影は)どこからやってきたものなのだろうか。近々と目に迫って現れて、とても安眠できない

語の解説

瓜…まくわうり
子ども…「ども」は複数を表す接尾語
思ほゆ 偲(しぬ)はゆ…「ゆ」は自発を表す
いづくより…どんな宿縁で。仏典にある表現と思われる
眼交(まなかい)…目の前に」
もとな…むやみに やたら
安眠しなさぬ 安眠させない 
「なす」は「寝ぬ」の使役動詞 「ぬ」は打ち消し

「子等を思う歌」反歌の短歌

銀(しろかね)も金(くがね)も玉も何せむにまされる宝子にしかめやも(803)

現代語訳

銀も金も玉も,、いかに貴いものであろうとも、子どもという宝物に比べたら何のことがあろう

語の解説

銀…しろかね と読む
金…くがね 「く」は「黄」の交替形
何せむに 何せむには反語と呼応する副詞
子にしかめやも…「しく」は追いつく、及ぶの意味

「子等を思う歌」鑑賞

山上憶良の人間としてのやさしさがあります。そして古代性を持った信仰の中から、一人の人間としての子どもの親、あるいは普通の人間としての隣人に対する思いというものをくっきりと際立たせて、歌の上に表現したわけです。

このような歌い方をこの時代にこれほどくっきりとさせることができた人は、憶良以外に入ません。その点で憶良という人は、「万葉集」の中の歌人として特色を持っている人であり、注目しなければならない人なのです。(岡野弘彦『万葉の歌人たち』より)

-万葉集
-

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.