百人一首

秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ/天智天皇

更新日:

秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は 露にぬれつつ

百人一首の天智天皇の有名な和歌、代表的な短歌作品の現代語訳と句切れと語句を解説します。

スポンサーリンク




秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は 露にぬれつつ

読み:あきのたの かりほのいおの とまをあらみ わがころもでは つゆにぬれつつ

作者と出典

天智天皇 (てんじてんのう)とされている百人一首の1番目の歌

原型は『万葉集』にあり、作者は「詠み人知らず」とされている。口伝えにされているうちに、『後撰集』から天智天皇の作とされるようになった

現代語訳

秋の田の傍にある仮小屋の屋根を葺いた苫の目が粗いので、私の衣の袖は露に濡れてゆくばかりだ

句切れ

句切れなし

語と文法

語と文法の解説です。

・かりほの庵・・・仮の庵のこと

・苫(とま)・・・管(すげ)や茅(ちがや)などで編み、屋根をふいたもの。草の屋根

・あらみ・・・漢字だと「粗み」が適切。 形容詞「あら(粗)し」の語幹+接尾語「み」

・衣手(ころもで)・・・着物の袖。 たもとのこと

・ぬれつつ・・・「つつ」は[接助]動詞・動詞型助動詞の連用形に付く。

「ぬれつつ」の解説

和歌においては、「つつ」が、末尾に用いられ、下に続く語の意味を言外に含めて余情・感動を表す。

「…てはまた…していることよ。ずっと…しつづけていることだなあ」と訳す




 

解説と鑑賞

天智天皇は、天皇に即位をする前に、中臣鎌足と大化の改新を行ったことで知られています。

この作品が、天智天皇の作とされたのは、『後撰集』になってからです。

『万葉集』にも収録

この歌は百人一首より前の『万葉集』にも収録されていましたが、万葉集では作者がわからない「詠み人知らず」とされていました。

その後口伝えにされるうちに、天智天皇の作とされたようです。

内容は農民の農作業を歌った歌です。

秋の田に稲がたわわに実る頃、鳥や獣から実りを守るため田んぼで寝泊まりをしている時の光景です。

寝泊まりしているのは「かりほの庵」、つまり、農作業の間の仮の小屋の屋根が、簡素な草の屋根であり、その間から雨が降ってくる。そして、自分の袖が濡れてしまう。

内容を見ると、天智天皇が到底そのようなところに泊まるとは思えないので、やはり農民が自らの生活の一シーンを歌ったもののように思えます。

別な説では、農民が農作業の時に集団で歌った歌とも言われています。

万葉集の原作と比べると、はるかに洗練された形となっており、農民への理解のある慈悲深い天皇像が表されたものとも言われています。

そういう意味では、「天智天皇の作」とする背景を踏まえて理解するのが望ましいと思われます。

天智天皇の弟大海人皇子に関しては、額田王との贈答歌がよく知られています。







tankakanren

-百人一首

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.