古今・新古今集 百人一首

天つ風雲の通ひ路吹きとぢよをとめの姿しばしとどめむ/句切れと解説

投稿日:

天つ風雲の通ひ路吹きとぢよをとめの姿しばしとどめむ --百人一首の僧正遍昭の有名な和歌、代表的な短歌作品の現代語訳と句切れと語句を解説、鑑賞します。

スポンサーリンク




天つ風雲の通ひ路吹きとぢよをとめの姿しばしとどめむ

読み:あまつかぜ くものかよいじ ふきとじよ おとめのすがた しばしとどめん

作者と出典

僧正遍昭(そうじょうへんじょう)

・百人一首の12番目の歌
・古今和歌集 17-872

現代語訳と意味

空を吹く風よ、雲の中の通り道を吹き閉じてくれ。この美しい天女たちの姿をしばらくとどめておこうと思うから

句切れ

2句切れ

語と文法

・天つ風・・・「天つ」は連語で「天つ」の形で「天つ風」「天つ雁」「天つ御空」などと用いる。意味は、大空。天上の世界。また、手の届かない遠い所。

・閉じよ・・・基本形「閉づ」の命令形

・しばし・・・「しばらく」「少しの間」の意味

・とどめむ・・・「とどむ+む(未来の助動詞の意志)」 ~しようと思う




解説と鑑賞

六歌仙の一人である僧正遍昭(そうじょうへんじょう)が詠んだ和歌で、歌っている天女というのは、五節の舞姫のことです。

宮中の行事、大嘗祭で五節(ごせち)の舞が舞われた際、その舞姫を天女に見立てて、 大空の風に見かけたというものです。

天女が去ってしまわないように、風に向かって、空の道を雲で覆って天女が進めなくしてくれよ、と呼びかけます。

雲が道を閉ざせば、天女があと少しとどまって待ってくれる、その姿をいつまでも見ていたい、というのが歌の意味です。

幻想的な世界を流麗な調べで詠んだ歌ですが、美しいものへの憧憬と共に、そのうつろいにまつわる一抹の寂寥も見て取れます。

五節の舞とは

五節の舞は、舞姫が、5度袖を翻すという仕草をして、そのあとは舞台裏に退出をするということになっていました。

7世紀の終わりに天武天皇が、吉野に行幸した折に、天皇のもとへ、天女が降って袖を5度翻したという言い伝えがあったためです。

それを、天皇が「いつまでも引き留めておきたい」といったことから、その言葉を即座に歌に取りこんで、上のように読んで披露しました。

僧正遍昭(そうじょうへんじょう)はそのように、才気にあふれた人物で、歌も優れていたため、六歌仙に選ばれています。

僧正遍昭について

僧正遍昭(そうじょうへんじょう)816~890年

俗名は良岑宗貞 六歌仙の一人。

僧正遍昭は桓武天皇の孫にあたりますが、仕えた仁明(にんみょう)天皇に仕えたが、天皇の死によって比叡山に出家した。

後の元慶寺を創立した







tankakanren

-古今・新古今集, 百人一首

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.