万葉集 短歌

「たらちねの」垂乳根 の枕詞の意味とたらちねを用いた短歌 長塚節 斎藤茂吉 正岡子規 万葉集

更新日:

 

母の日が近づいてきましたね。母の短歌を詠む、または読むのに参考になることとして、「たらちね」の枕詞と、「たらちね」を用いた短歌を鑑賞しながらご紹介します。

 

「たらちね」垂乳根、足乳根の意味

垂乳根と書くところから、「乳の垂れた齢をとった女性または母」との解説をネットで時たま見かけますが、飯塚書店の「短歌文法入門」によると

 

足乳根、垂乳根の漢字を用いて乳房の垂れた女の意から、母にかけるというのは、後からつけられた解釈とも言われます。古今集では親にもかけて用いられています。
現在では「たらちねの」を母・親にかける枕詞としています。

 

となっています。
語源はどの解説を探してもはっきりはしていません。ですので、「乳の垂れた女性、乳の垂れた歳をとった女性」というのは誤りです。

 

そもそも枕詞とは何か?

 

「たらちねの」の他にも枕詞は意味がよくわからない、意味がないとされているものがほとんどです。
枕詞は一定の語句の上につけて修飾したり、口調を整えたりするのに用います。口誦(こうしょう)時代には、一定の語句を引き出す役目をしたものだと言われます。口誦というのは、古く短歌を文字ではなく、謡のように読んで伝えていたという意味です。

 

宮中の歌会始などを見ると、短歌が一語一語、現代からみるととてもゆっくりと歌を読み上げられています。そういうときに「たらちねのー」というと、読み上げの間も、次に移る間にも、「次には『母』が来るのだな」と母のイメージを持ちながら聞き続けることができます。そういう決まった語句を引き出す役割をしたもののようです。

ですので、枕詞というのは、意味が何かではなくて、次に来る言葉が何かということ、何という言葉と一緒に用いられるかということの方が大切なのです。

 

「たらちね」の枕詞を用いた短歌

 

「たらちね」を用いた短歌を挙げてみます。

 

長塚節「鍼の如く」より

 

たらちねの母がつりたる青蚊帳をすがしといねつたるみたれども

 

作者:長塚節 出典:「鍼の如く 其の2」

意味:母が吊ってくれた青い蚊帳をすがすがしいと寝てみた。たるんでいたけれども。

「いねつ」の「い」は接頭語。寝ぬ+過去の助動詞「つ」
長塚節は生涯結婚せずに、お母さんと一緒に住んでいました。結核であることがわかり、入院中の病院から退院して帰宅。母の用意してくれた蚊帳に眠る気持ちが詠われています。

 

小夜泣きに泣く児はごくむ垂乳根の母が島辺は悲しきろかも

 

作者:長塚節  明治36年
意味:夜泣きをする子を育てる母のいる島のあたりは悲しいものだ

 

小笠原の母島における友人の追悼式に出席して詠んだ歌。島の名が「母島」であるところから、上句は実際の情景ではなく、母島の「母」を導く序詞と思ってよいでしょう。

 

 

斎藤茂吉『赤光』死にたまふ母より

 

のど赤き玄鳥ふたつ屋梁にいて足乳根の母は死にたまふなり

 

作者:斎藤茂吉 出典:『赤光』死にたまふ母 其の2
意味:のどの赤い燕が二匹、梁にとまっているこのとき、母は亡くなられてしまった

 

斎藤茂吉の代表作「死にたまふ母」の有名な一首です。
この一首前には、「我(わ)が母よ死にたまひゆく我(わ)が母よ我を生まし乳足(ちた)らひし母よ」というのがあり、「足乳根」を逆にした茂吉の造語「乳足(ちた)らひし」が使われています。

 

 

正岡子規「真砂なす」の連作中の歌

 

たらちねの母がなりたる母星の子を思ふ光吾を照せり

 

作者:正岡子規
意味:母が星となった母星の子供を思う光が私を照らしている

「真砂なす数なき星の其中に吾に向ひて光る星あり」と同じ一連の中の、次に位置する歌で、私に向かって照る星が、母の星であると想像を広げています。

 

 

笹野儀一『供華(くうげ)』

 

胸内のしぶくが如き悔しさに百合突き立てるたらちねの墳(つか)

 

作者: 笹野儀一 出典:『供華(くうげ)』
意味:胸の内のしぶくような悔しさに百合を突き立てる母の墓に

戦争から死線をさまよって復員してきた作者は郷里に着いて歌ったもの。
母に合おうという一心で生きて帰ってきたものを、母が亡くなっていたことにさぞかし無念であったでしょう。

この歌では「たらちね」は代名詞として、「たらちねの」=「母の」というように用いています。

万葉集の「たらちね」「垂乳根」の用いられた短歌

たらちねの母が呼ぶ名を申さめど道行く人を誰れと知りてか

 
万葉集:3102 作者不詳
意味:母が呼ぶ私の名をお教えしたいけれども、通りすがりの人が誰かは分からないので教えられません

男女の交流の場でもある海石榴市(つばいち)で詠まれた、この直前の歌(3101番歌)への返歌。男女のやり取りが歌にしてあらわされました。
 
 
 

たらちねの母が手離れかくばかりすべなきことはいまだせなくに

 

万葉集:220 作者不詳
意味:生みの母を離れて以来こんなにどうしようもない思いは、いまだかつてしたことがなかったのに

年頃になって、両親の元を離れた作者が初めての恋の苦しさを詠んだ歌。

 

 

玉垂の小簾(をす) の隙(すけき) に入り通ひ来(こ) ね たらちねの母が問はさば風と申さむ

 

万葉集:2364 作者不詳
意味:御簾の隙間から私の居るところに入ってきてくださいね。母に聞かれたら、風だと申しますので

 

この歌は577577の字数で『旋頭歌』と言われるものです。昔は恋人は、女性の元へ通ったので、その逢引きのものでしょう。

 

かくのみし恋ひば死ぬべみたらちねの母にも告げつ止まず通はせ

 

万葉集:2364 作者不詳
意味:こんなにも恋心を募らせていれば、きっと死んでしまうでしょうから、母にも告げました。だから途絶えることなく私のもとに通って来てください

 

この場合はもう恋人というより、ほぼ結婚が決まったと思えるもの。
もっとも、当時は結婚しても通い婚といわれるものでしたから、お母さんが婿に会う機会は多くあったのでしょうか。

 

現代の短歌に枕詞を用いる意義

現代の短歌でも枕詞を用いているものを、見かけることがあります。
今では短歌を口で読んで披露するということはほとんどなく、文字で読む機会が大半ですが、その場合に枕詞を用いる意図は何でしょうか。
 

追随する時代を表す

現代の短歌や近代の短歌において枕詞を使うという理由の一番は、おそらく「万葉調」といって、語句の選択や調べを万葉風にする、あるいは、必ずしも万葉時代の作風でなくても、古いもののようにするという意図があると思います。

短歌が今も文語で詠まれるということもそうですが、そうしてある種の時代を感じさせる言葉を用いることによって、短歌らしい雰囲気を作るということです。それが一つ。

 

字数や調べを整える

もうひとつは、その上で字数や調べを整えるために使うということです。単純にいうと、5文字空いているなら「たらちねの」と入れて、字数を満たすということも当然あるでしょう。

 

長い語は印象を強める

そしてさらにだいじなことはというと、次のようなことです。
たとえば「母」という言葉は2文字しかありません。他の言葉を読んでいる間は、母とは関係のないイメージが続いてしまいます。

しかし、「たらちねの」と入れると、その5文字は母とは言わなくても、同じく母を表すもので、そこから母のイメージをもって読み進めることになります。

短く「はは」の二文字よりも、「たらちねのはは」とした方が、母の印象は強まりますね。
母の枕詞には他に「ははそはの」というものもありますが、「ははそはのはは」であれば、音に既に「はは」が入っていますので、音の上からも母を導き、イメージを強めることになります。

 

意味のない言葉を入れる意義

もう一つは「虚語」ということです。
この用語は、佐藤佐太郎の斎藤茂吉の解説を読んでいると、よく出てくる言葉なのですが、
一首の中の語のすべてに、みっちりした言葉を並べてしまうと、声調上、または意味の上からも窮屈に感じられてしまうことがあります。

また、どの語にも等価に意味を持たせてしまうと、かえってポイントになる言葉がわかりにくくなってしまうことがあります。どれがだいじな言葉かをはっきり際立たせるためには、一首の中に、声調上も意味上も強弱が必要です。

 

そのために敢えて意味の薄い目立たない言葉を使う。それが「虚語」であり、本来意味のない「枕詞」にもほぼ同じ働きを持たせることができます。

言ってみれば、短歌には音声上の凸凹や、意味上の遠近のようなものがあって、そのような目立たない効果に支えられて、一枚の写真や絵のように一首が出来上がっているのです。

 

まとめ

「たらちね」の短歌はいかがでしたか。枕詞はともかく、自分の言葉で母の短歌をぜひ作ってみてくださいね。

 

ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします
にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村







おすすめ記事



-万葉集, 短歌

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.