万葉集

七夕の和歌 万葉集より  柿本人麻呂 山上憶良

更新日:

七夕の短歌の歴史は古く、万葉集にも七夕の巻は収められています。

万葉集七夕の短歌を集めてみました。

今年は、彦星こと牽牛星と織姫、織女の一年に一度の逢いは遂げられるでしょうか。

スポンサーリンク




万葉集にある七夕の歌

七夕伝説というのは中国から伝わったもので、ひじょうに古く、万葉集の時代から七夕の歌が詠まれています。

この記事においては、斎藤茂吉が柿本人麻呂作の七夕歌としたものだけを抽出してご紹介します。

この後の近代短歌と現代短歌の七夕の歌は下の記事に
七夕の短歌 近代から現代短歌 正岡子規 与謝野晶子 宮柊二 岡野弘彦 米川千嘉子他

万葉集にある七夕歌全文はここから。
→ 万葉集の七夕歌

 

万葉集の七夕歌 人麻呂作

万葉集の七夕歌のうち、そのうち前半は柿本人麻呂歌集にあるものです。

この歌集には、人麻呂作とそうでないものが混在して収められていますが、その中から、人麻呂作の七夕歌として確定できるものを挙げておきます。

人麻呂作との確定は斎藤茂吉の説に基づきますが、茂吉がこれらを人麻呂作と考えたのは、他の歌に比べてすぐれた点があるためだと思います。

その指摘は茂吉のメモに拠るものです。

あからひくしきたへの児をしば見れば人妻故に我(あれ)恋いぬべし 1999

意味:
頬の赤い寝良げな織女星を幾度も見ると、人妻なのに私は恋をしそうだ

 

天の川安(やす)の渡りに舟浮けて秋立つ待つと妹に告げこそ  2000

意味:
天の川の安の渡し場に船を浮かべて秋が来るのを待っていると妻に告げてほしい

 

天の川水陰草の秋風になびかふ見れば時は来にけり  2013

意味:
天の川の水影草が秋風になびくのを見ると、その時は来たのだ

 

我(あ)が待ちし秋萩咲きぬ今だにもにほひに行かな彼方(おちかた)人に  2014

意味:
私が待っていた秋萩が咲いた。今すぐにでも色に染まりに行きたい。向こう岸の人に

 

万代(よろづよ)に照るべき月も雲隠り苦しきものぞ逢はむと思へど  2025

意味:
千万年も照るはずの月も雲に隠れるように会えずに苦しいものだ 会いたく思うのに

・これらの歌の詳しくは柿本人麻呂作の七夕歌 万葉集で斎藤茂吉が考えるもの に記しましたので、ご覧ください。

・また万葉集の七夕歌の一覧は万葉集の七夕歌をご覧ください。

 

山上憶良の七夕歌

ここからは、万葉集の代表的歌人の一人、山上憶良の七夕歌について記します。

天の川相向き立ちて吾(あ)が恋ひし君来ますなり紐解き設(ま)けな 1518

現代語訳と意味:
天の川を隔てて互いに向き合って立っている。私が恋しく思っていたあのお方がいらっしゃる。紐をほどいて準備しよう

 

袖振らば見も交(かは)しつべく近けども渡るすべなし秋にしあらねば 1525

現代語訳と意味:
袖を振ったら見交わせそうなほど近いのに、渡るすべがない 秋ではないので

 

玉かぎるほのかに見えて別れなばもとなや恋ひむ逢ふ時までは 1526

現代語訳と意味:
わずにかに逢っただけで別れてしまったら、やたらに恋しく思うことだろうか。また逢う日まで

初句は「玉蜻(かぎろひ)の」となっている版もあります。

斎藤茂吉のベストセラー本「万葉秀歌」







tankakanren

-万葉集
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.