教科書の短歌 現代短歌

海を知らぬ少女の前に麦藁帽のわれは両手を広げていたり 寺山修司短歌代表作品 現代語訳と句切れ,表現技法

更新日:

寺山修司は現代を代表する歌人の一人、その代表作各短歌の現代語訳と句切れ、表現技法について記します。

スポンサーリンク

マッチ擦るつかの間海に海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや

現代語訳:
マッチを擦って煙草に火をつけるわずかな間に海に深く霧が立ち込めているのが見える。私が命を捧げて守るに値する祖国はあるのだろうか。

表現技法と句切れ、語の解説:
3句切れ
「捨つる」は「捨てる」のウ音便
結句の「や」は疑問を表す助詞。「~あるのだろうか」の意味。

解釈と解説:

寺山は父を戦争で亡くしていますが、終戦となって時代が変わり、兵役がある時代ではなくなりました。
その時代の中で、自分の生命を賭してまで戦うべき祖国はあるのだろうかと自らに問う、迷妄の中にそのような自分の心の輪郭が、小さな炎の明かりのように、ふと胸に生まれてくる瞬間を表したものと思います。

寺山修司の短歌の特徴

馬場あき子さんは、この歌を例に挙げ、寺山の歌の韻律について次のように言っています。

きっちりとした三句切れで、下句に大きく読者の心を捉える、思いがけない展開がある。塚本の言葉でいえば、上下を結ぶ「見えない線」としての役割を、「いつも暗く」「霧深し」が果たしている。古くから言われてきた短歌の「腰」の部分である。(「韻律から短歌の本質を問う」より。)

 

海を知らぬ少女の前に麦藁帽のわれは両手を広げていたり

現代語訳:
海を見たことがない少女にその広さを説明しようと、麦藁帽をかぶる夏のさ中に私は両手をいっぱいに広げてみせていた

表現技法と句切れ、語の解説:
句切れなし
「知らぬ」は終止形ではなく否定の助動詞「ぬ」。
広げていたり…「広げる+いる」の複合動詞。「+たり」完了・存続の助動詞

解釈と解説

「寺山修司青春歌集」の中の「初期歌編」に収められている一首。

まだ間近で海を見たことがない少女に、海を知っている作者はその広さ、大きさを言葉で伝えながらも、両手をいっぱいに広げて海の様子を伝えようとします。

「海を知らない」少女も、その子に伝えようとする少年も初々しく、その二人の心の通い合いも何とも甘酸っぱい感じを与えます。

登場人物が幼い感じを伝える歌ですが、寺山修司は12、3歳から歌を書き始めたと自身で語っています。この「初期歌篇」は、15、6歳の高校生の時の作品です。

中井英夫の評

この時期の寺山修司の作品について、寺山を見出した中井英夫は

「無心な美しさという点では(後年の歌を含めた)集中の随一」「決して時間に腐食されることのない果物のみずみずしさがある」「10代の少年の内部自体をこれほど明るく懐かしく映し出したという例はかつてなかった」と褒めています。

寺山修司の他の短歌

草の笛吹くを切なく聞きており告白以前の愛とは何ぞ
きみが歌うクロッカスの歌も新しき家具の一つに数えんとする
向日葵は枯れつつ花を捧げおり父の墓標はわれより低し
朝の渚より拾いきし流木を削りておりぬ愛に渇けば
夏蝶の屍をひきてゆく蟻一匹どこまでゆけどわが影を出ず
大いなる欅にわれは質問す空のもつとも青からむ場所
わがカヌーさみしからずや幾たびも他人の夢を川ぎしとして
売りにゆく柱時計がふいに鳴る横抱きにして枯野ゆくとき
かくれんぼの鬼とかれざるまま老いて誰をさがしにくる村祭
わが切りし二十の爪がしんしんとピースの罐に冷えてゆくらし

 

まとめ

後に寺山は短歌を止めてしまい、さらに若くして亡くなったのが惜しまれますが、いつまでも愛唱を誘う寺山の歌はこれからも広く読み継がれていくことと思います。

***

寺山修司の歌集、この一冊にほぼ全部の短歌が収録されています。

-教科書の短歌, 現代短歌
-

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.