短歌・和歌

寺山修司「チェホフ祭」50首詠「短歌研究」第2回新人賞受賞作品

投稿日:

寺山修司が歌人となるきっかけとなったのは、「短歌研究」第二回短歌研究新人賞を受賞した際の作品「チェホフ祭」50首です。

「チェホフ祭」の短歌全作品を掲載します。

スポンサーリンク





寺山修司は第2回「短歌研究」新人賞受賞

寺山修司は18歳で「短歌研究」の第2回目、五十首詠に応募、特選となり、文壇デビューを果たしました。

寺山修司は短歌研究の第一回の中条ふみ子の作品に触発されて、自分も「短歌研究」に応募、当時の編集長であった中井英夫に見出されたものです。

 

寺山修司「チェホフ祭」50首詠

以下に、応募作と受賞作の49首のみをあげます。

50首のうち1首は不明で、理由はわかりませんが、編集者の中井英夫が、「コミュニスト」などの特定の語のある歌を省いたためと思われます

「チェホフ祭」と改題

また、寺山修司が応募した際の原題は「父還せ」であったのを、中井英夫はそれを「チェホフ祭」と改めました。

また、掲載された作品のうち、数首には、中井英夫の添削が入った形になっており、後の寺山の作品集『空には本』などにも、この添削後の形で掲載がなされています。

 

「チェホフ祭」50首寺山修司作 

マッチ擦るつかのまの海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや

一粒の向日葵の種まきしのみに荒野をわれの処女地と呼びき

そら豆の殻一せいに鳴る夕母につながるわれのソネット

胸病みて小鳥のごとき恋を欲る理科学生とこの頃したし

草の笛吹くを切なく聞きており告白以前の愛とは何ぞ

とびやすき葡萄の汁で汚すなかれ虐げられし少年の詩を

わが撃ちし鳥は拾わで帰るなりもはや飛ばざるものは妬まぬ

吊されて玉葱芽ぐむ納屋ふかくツルゲエネフをはじめて読みき

ころがりしカンカン帽を追うごとくふるさとの道駈けて帰らん

雲雀の血すこしにじみしわがシャツに時経てもなおさみしき凱歌

一つかみほど苜蓿うつる水青年の胸は縦の拭くべし

俘虜の日の歩幅たもちし彼ならむ青麦踏むをしずかにはやく

すこしの血のにじみし壁のアジア地図もわれも揺らる汽車通るたび

チェホフ祭のビラのはられて林檎の木かすかに揺るる汽車過ぐるたび

父の遺産のなかに数えむ夕焼はさむざむとどの時よりも見ゆ

胸病めばわが谷緑ふかからむスケッチブック閉じて眠れど

すでに亡き父への葉書一枚もち冬田を超えて来し郵便夫

桃いれし籠に頬髭おしつけてチェホフの日の電車に揺らる

煙草くさき国語教師が言うときに明日という語は最もかなし

うしろ手に墜ちし雲雀をにぎりしめ君のピアノを窓より覗く

わが通る果樹園の小屋いつも暗く父と呼びたき番人が棲む

ふるさとの訛りなくせし友といてモカ珈琲はかくまでにがし

勝ちながら冬のマラソン一人ゆく町の真上の日曇りおり

海を知らぬ少女の前に麦藁帽のわれは両手をひろげていたり

転向後も麦藁帽子のきみのため村のもっとも低き場所萌ゆ

やがて海へ出る夏の川あかるくてわれは映されながら沿いゆく

蝶追いし上級生の寝室にしばらく立てり陽の匂いして

北へはしる鉄路に立てば胸いづるトロイカもすぐわれを捨てゆく

罐に飼うメダカに日ざしさしながら田舎教師の友は留守なり

すぐ軋む木のわがベッドあおむけに記憶を生かす鰯雲あり

ある日わが貶しめたりし天人のため蜥蜴は背中かわきて泳ぐ

うしろ手に春の嵐のドアとざし青年はすでにけだものくさき

晩夏光かげりつつ過ぐ死火山を見ていてわれに父の血めざむ

遠く来て毛皮をふんで目の前の青年よわが胸うちたからん

夾竹桃吹きて校舎に暗さあり饒舌の母のひそかににくむ

誰か死ねり口笛吹いて炎天の街をころがしゆく樽一つ

刑務所の消燈時間遠く見て一本の根をぬくき終るなり

製粉所に帽子忘れてきしことをふと思い出づ川に沿いつつ

ラグビーの頬傷は野で癒ゆるべし自由をすでに怖じぬわれらに

ぬれやすき頬を火山の霧はしりあこがれ遂げず来し真夏の死

夏蝶の屍をひきてゆく蟻一匹どこまでもゆけどわが影を出ず

胸にひらく海の花火を見てかえりひとりの鍵を音たてて挿す

わが内の少年かえらざる夜を秋菜煮ており頬をよごして

サ・セ・パリも悲歌にかぞえむ酔いどれの少年と一つのマントのなかに

外套を着れば失うなかにあり豆煮る灯などに照らされて

冬の斧たてかけてある壁にさし陽は強まれり家継ぐべしや

墓買いに来し冬の町新しきわれの帽子を映す玻璃あり

口あけて孤児は眠れり黒パンの屑ちらかりている明るさに

地下水道をいま通りゆく暗き水のなかにまぎれて叫ぶ種子あり







tankakanren

-短歌・和歌
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.