百人一首

人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香ににほひける/紀貫之

更新日:

人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香ににほひける  紀貫之の百人一首に収録されている和歌の現代語訳と修辞法、詠まれた季節などの解説、鑑賞を記します。

古今和歌集の選者であり、古今和歌集の序文「仮名序」の作者である紀貫之の和歌を読んでいきましょう。

スポンサーリンク




人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香ににほひける

読み:ひとはいさ こころもしらず ふるさとは はなぞむかしの かににほひける

現代語訳と意味

人の心は変わりやすいので、さあ、あなたの心の内はわかりません

しかし、昔なじみのこの土地で、梅の花だけは昔通りの香りで匂っています

語句と文法

・「いさ」は下に打ち消しの語の伴う言葉。「さあどうかしら」お意味。

・花ぞ・・・「ぞ」は強意の助詞

句切れについて

2句切れ」

修辞法 係り結び

この歌の修辞法の要素、下の部分の係り結びです。

「ぞ・・・ける」

解説と鑑賞

百人一首の35番目、紀貫之の和歌。

「いさ」は下に打ち消しの語を伴う言葉。「さあどうかしら」の意味。

この歌の詞書に歌の説明

この歌には、読まれたときの状況を示す詞書があります。

初瀬にまうづるごとに、やどりける人の家に、ひさしくやどらで、ほどへてのちにいたれりければ、かの家のあるじ、かくさだかになむやどりはある、と言ひいだして侍りければ、そこにたてりける梅の花を折りてよめる

意味は、大和の長谷寺(はせでら)に参詣するごとに宿としていた家に、しばらく宿らずに久しぶりに訪ねると、その家の主人が「昔のままに家はありますのに、ずいぶんお見限りでしたね」と皮肉を言ったのに対して応えたときの歌とされています。

親しい者同士の機知の応酬ですが、その背後に、不変な自然と変わりやすい人の心との対比を感じさせるような思いが込められています。

紀貫之が、そこにあった梅の枝を折って、即座に上のように詠んだというので、長谷寺の石段を登ると、その傍らにこの歌にちなんで植えられている貫之梅という紅梅が今もあるそうです。

一首の構成の鑑賞

「人の心は変わりやすい」が主要な部分ですが、「人の心は」とせずに、「人は」と始めており、「心も知らず」つまり、「私から見たあなたの気持ちもしれません」としています。

「人の心」と対比するべきは「花の香り」ですが、それを「ふるさとは」としています。

「人の心はわからないが、花の匂いは」という単純な対比をせずに、複雑な内容の要素を歌の形式に合うように、上手に配置しています。

熟達した歌人でないとなかなかできないことです。

またある意味、人への不信という寂しい心持ちを表しながらも、「花ぞ昔の香ににほひける」として、残り香がそのまま余韻となって残るような終わり方に爽やかな読後感があります。

作者の強い主張を提示するのでなしに、心持ちをそのまま述べた、品の良い貴族的な歌です。

紀貫之の歌人解説

868年ごろ~945年 早くから漢学や和歌の教養を身につけた。

古今集の撰者で三十六歌仙の一人。

古今和歌集の仮名の序文、仮名序で歌論を残した。「土佐日記」の著者でもある。

紀貫之の他の和歌

霞たちこのめも春の雪ふれば 花なきさとも花ぞちりける

郭公人まつ山になくなれば 我うちつけに恋ひまさりけり

しら露も時雨もいたくもる山は 下葉のこらずいろづきにけり

ちはやぶる神の斎垣にはふ葛も 秋にはあへずうつろひにけり

霞たちこのめも春の雪ふれば花なきさとも花ぞちりける

吉野川いはなみたかく行く水のはやくぞ人を思ひそめてし

アマゾンで無料で短歌の本が読める!
アマゾンKindleアンリミテッドで無料本







tankakanren

-百人一首

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.