テーマ別短歌

夏の短歌 近代から現代短歌まで 向日葵 蝉 花火 恋愛の短歌と夏の日の回想

更新日:

こんにちは、まるです。今年は一層の猛暑となりましたね。皆さまお体を休めながら、無理せずお過ごしくださいね。

今日は夏の短歌、夏の風物詩や季節を表す短歌を、近代短歌と現代短歌から集めてみました。

 

スポンサーリンク

夏の短歌 近代短歌から

近代短歌から筆写します。夏の植物や動物など主題になるものに注目してください。

向日葵は金の油を身にあびてゆらりと高し日のちひささよ

【作者】前田夕暮
【意味】向日葵は金の油を身に浴びたように輝いて、ゆらりと高く立っている。それに比べて、後ろに見える太陽のなんと小さいことか
【解説】向日葵というと、必ずこの歌が引かれるくらい有名な歌です。陽光を「金の油」、「ゆらりと高し」の擬音のおうな表現、太陽を小さく配置する効果など、近代においては新鮮な表現が目につきます。

 

子どもらが鬼ごとをして去りしより日ぐれに遠しさるすべりの花

【作者】島木赤彦(しまき あかひこ)
【解説】「鬼ごと」は鬼ごっこのこと。島木赤彦は教員をしていたので、子どもを詠んだ歌が多いです。

 

山中のしづけき町に蝉の音の四方(よも))よそそぎてくれ入りにけり

【作者】中村憲吉
【意味】山の中の静かな町に蝉の音の四方から注いで暮れていくのだなあ
【解説】四方よ」の「よ」は「…から。…より」の意味。辺り一面降り注ぐような蝉の音の満ちている日暮れの情景を詠んだもの。おそらく憲吉の故郷の布野の様子でしょう。

めぐり逢う一夜のはなの真白花ひたすらにしてこの夏も咲く

【作者】窪田空穂
【解説】何の花かはこれだけだとわかりませんが、月下美人か、あるいは沖縄の夏の風物詩サガリバナかもしれません。

 

アンコール・ワットの濠にほてい葵の花うごかして水牛沈む

【作者】佐藤佐太郎
【解説】こちらも旅行詠。アンコールワットの堀にほてい葵の水草の花が浮く水に分け入って、水牛が沈んでいくという、いかにもアンコールワットののんびりとした情緒が伝わります。

 

いろ黒き蟻あつまりて落蝉(おちぜみ)を晩夏の庭に努力して運ぶ
さ庭べに夏の西日のさしきつつ「忘却」のごと鞦韆(しうせん)は垂る

【作者】宮柊二
【解説】鞦韆(しゅうせん)とはブランコのこと。誰も乗っていないブランコを見て「忘却のような」と作者のとらえ方で鵜s。

 

かくて生(よ)は過ぐと思ひつ暑き晝(ひる)よろこびて水に腕うたせつつ

【作者】田谷鋭
【解説】暑い夏の昼間に水に腕を打たせている。この身に感じる潤いと生き生きと跳ねる水。
そしてふと「このように生は過ぎるのだ」と思う、作者の思いです。

 

サルビアの小花散りしく黒土のうるほふごときゆふべとなりぬ

【作者】尾崎左永子
【解説】サルビアの小さな赤い花が散って、黒い土が潤うように思える、そのような夏の夕方の情景です。

 

遠き空に花火のあがる夜なりしがつらぬきがたきことも知りゆく

【作者】大西民子
【解説】花火も夏の風物詩ですが、ここではその勢いに自分の心境が対照されて浮かび上がります。帰らない夫を待ってのち、天涯孤独の作者でした。

 

庭のかたにするどく夜の蝉なけりおびえのこゑはみじかくて止む

【作者】上田三四二
【解説】闘病中の作者の鋭い神経によってとらえられた蝉の声なのでしょう。静まった庭に沈黙する蝉を思うのです。

 

現代短歌から夏の短歌 夏の日の回想

ここから現代短歌に移ります。

夏蝶の屍(し)をひきてゆく蟻一匹どこまでゆけどわが影を出ず

【作者】寺山修二
【解説】蝶を引く蟻を俯瞰する作者の視線。どこか厳しさを感じる歌です。

 

一期なる恋もしらねば涼やかにはみてさびしき氷白玉

【作者】馬場あき子
【解説】一生に一度の恋も知らない、そのような落ち着い手過ぎてきた生を涼しいものと思いつつも寂しいとも思う。真夏も氷白玉に生を回顧するのです。

 

階下る夜の足下に枇杷の実のみのりほのかにもりあがり見ゆ

【作者】小中英之
【解説】外階段でしょうか。枇杷の枝に実が上から見下ろされて、そこにほのかな丸みが見える。持病と共に生きた作者は孤独と闘病の中に美しい歌をたくさん残しています。

 

はるかなる一粒の日を燭(しょく)としてぎんやんま空にうかび澄みたり

【作者】高野公彦
【解説】遠くに小さく見える、点のような太陽を背景に吸えて、その前に大きなギンヤンマを配置した歌。ギンヤンマは蜻蛉の中で最も大きいとされる種類です。

陽に透きて今年も咲ける立葵わたしはわたしを憶えておかむ

【作者】河野裕子
【解説】闘病中に死を意識した作者が詠んだ歌。夏のひかりのなかにすっきりと立つタチアオイの花。しかし、その花も日に透けるようなはかなさであり、いずれの花も一年に一度しか咲きません。また来年の夏に咲く花を覚えておくように、自分自身をしっかりと記憶に、そしてこの世にとどめようとする作者の思いが胸を打ちます。

 

母の日傘のたもつひめやかなある翳にとらはれてゐしとほき夏の日

【作者】大塚寅彦
【解説】日傘というのは、影を作るためのものですが、「ひめやかな」と作者はとらえる通り、母という以上の官能を感じさせるでしょう。人生の中の美しい光あふれる「夏の日」の回想が象徴的に詠まれています。

 

われのひかりに選ばむとしてのがしたる夏のひかりの潦(にはたづみ)あり

【作者】荻原裕幸
【解説】上の作者の回想とも似ていて、夏の光を選ぼうとして逃してしまった自分の象徴として捉えています。「にはたづみ」というのは水たまりのことです。

 

あの夏と呼ぶべき夏が皆にあり喉うごかして氷みづ飲む

【作者】小島ゆかり
【解説】誰にしも「あの夏」と思い出して記憶に手繰り寄せられるような夏がある。言われてみると、ああ本当だなと思うのです。
なぜかはわかりませんが、やはり体感的にも暑さが格別な夏は、記憶にもくっきりとした印象を保ちやすい季節なのかもしれません。

 

夏の短歌より恋愛の短歌

夏の短歌には恋愛の短歌も多いのです。

あの夏の数かぎりなきそしてまたつた一つの表情をせよ

【作者】小野茂樹
【解説】早世した作者の、それゆえにか、よく知られた有名な短歌。夏というのは過ぎて行った時がくっきりと回想されるもののようです。

 

わが夏の髪に鋼(はがね)の香が立つと指からめつつ女(ひと)は言うなり

【作者】佐々木幸綱
【解説】夏の髪というのは、あるいは濡れて光っている髪だったか。そこに鋼の香りがする女性は言うのです。婚家人は男歌の代表と言われいます。

 

あの夏の言葉よりなほ無防備にさらす咽喉(のみど)にいま触れてみよ
追憶のもつとも明るきひとつにてま夏弟のドルフィンキック



【作者】今野寿美
夏は素肌の露出する服が多くなりますが、そのような姿をすると人は心も開放的になります。「あの夏の言葉より」は、素肌の咽喉よりも、もっとなまみをさらすような 言葉であったこと。その時間経過をも含む表現です。
二首目も、夏の追憶の美しい歌。

 

あさがおが朝を選んで咲くほどの出会いと思う肩並べつつ
サルビアに埋もれた如雨露(じょうろ)二番目に好きな人へと君は変われり

【作者】吉川宏志
夏の花にたぐえて、繊細な恋愛の感情を美しく詠んだ歌。「朝を選んで咲く」あさがお、そして、新しく好きな人ができたことを「サルビアに埋もれた如雨露」という比喩は新鮮です。

 

まとめ

夏の短歌、いかがでしたか。今年はとりわけ暑い夏となりましたが、お体を休めつつ、夏の良いところも見つけて、すてきな歌を詠んでみてくださいね。

-テーマ別短歌

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.