古今・新古今集

藤原俊成の有名な短歌代表作一覧 「幽玄」と本歌取りの技法

更新日:

藤原俊成の代表作の和歌作品、秀歌一覧をまとめ、歌風とその特徴、和歌の理念である「幽玄」についての解説を記します。

スポンサーリンク





藤原俊成の和歌一覧

藤原俊成は、平安、鎌倉時代の歌人。藤原定家の父として、役人としては不遇ながら、優れた歌人として和歌の面で大きな業績を残した人物です。

歌論として「幽玄」という概念は、和歌だけではなく、多方面に大きな影響を与えたことでも知られています。

 

藤原俊成の和歌代表作品

和泉式部の代表作をあげ、一首ずつ現代語訳を記します。

世の中よ道こそなけれ思ひ入る山の奥にも鹿ぞ鳴くなる

現代語での読み: よのなかよ みちこそなけれ おもいいる やまのおくにも しかぞなくなる

作者と出典

皇太后宮大夫俊成 藤原俊成(ふじわらのとしなり)  

百人一首83番 『千載集』雑・1148

現代語訳と意味

ああこの世、世俗を離れるべく思いつめて入り込んだ山の奥にも、鹿が悲しげに鳴いているようだ。

この歌の解説を読む

 

夕されば野辺の秋風身にしみて鶉鳴くなり深草の里

読み: ゆうされば のべのあきかぜ みにしみて うずら なくなり ふかくさのさと

作者と出典

藤原俊成(ふじわらのとしなり)

千載和歌集 秋上259

現代語訳と意味

夕方になると野原を吹く秋風が身に染みて、鶉が鳴いている。この深草の里には

この歌の解説を読む

 

誰かまた花橘に思ひ出でむ我も昔の人となりなば

読み: たれかまた はなたちばなに おもいいでむ われもむかしの ひととなりなば

作者と出典

藤原俊成(ふじわらのとしなり)

新古今和歌集 巻第三 夏歌 238

現代語訳と意味

私が花橘の香をかいで昔の人を思い出すのと同じように、私が死んだあとに、このように私のことを誰かが思い出すのだろうか。

この歌の解説を読む

 

またや見む交野のみ野の桜狩り花の雪散る春のあけぼの

読み: またやみん かたののみのの さくらがり はるのゆきちる はるのあけぼの

作者と出典

藤原俊成(ふじわらのとしなり)

新古今集 春下114

現代語訳と意味

また見ることがあろうか。交野の御狩り場の桜狩りの、雪のように花が散る、春のあけぼののこの美しいひとときを

この歌の解説を読む

 

思ひあまりそなたの空をながむれば霞を分けて春雨ぞ降る

読み: おもいあまり そなたのそらを ながむれば かすみをわけて はるさめぞふる

作者と出典

皇太后宮大夫俊成  藤原俊成(ふじわらのとしなり)

新古今集 1107

現代語訳と意味

思いが余って恋しさのあまり、あなたの居る方の空を眺めたら、霞がかった空より春雨が降っている

この歌の解説を読む

 

昔思ふ草の庵の夜の雨に涙な添へそ山ほととぎす

読み: むかしおもふ くさのいほりの よるのあめに なみだなそへそ やまほととぎす

作者と出典

藤原俊成(ふじわらのとしなり)

新古今集 夏・201

現代語訳と意味

華やかだった昔のことを思っている草庵の夜の雨に、悲しげな声を聞かせてさらに涙を加えさせないでくれ、山ほととぎすよ

この歌の解説を読む

 

「幽玄」とは 藤原俊成が提言

藤原俊成が和歌の理想として挙げたのが、「幽玄」という概念です。

一言でいうと「余情美の感じられる作品」、そして、「幽玄にも聞こゆる」という、歌の調べの整った作品です。

詳しくは、「幽玄の解説記事」の方でご覧ください。

藤原俊成の歌風

藤原俊成の歌風の特徴としては、下のようなものに集約されます。

  • 格調高く深みのある余情美が特徴
  • 不遇感をベースにした濃厚な主情性
  • 歌の言葉の機能を熟知した繊細な表現意識
  • 本歌取り、本説取りの技法を開発

藤原俊成について

藤原俊成(ふじわらのとしなり)

1114-1204 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。〈しゅんぜい〉とも読む。「千載和歌集」の撰者。歌は勅撰集に四百余首入集。
小倉百人一首 83 「世の中よ道こそなけれ思ひ入る山の奥にも鹿ぞ鳴くなる」の作者。

作歌の理想として〈幽玄〉の美を説いた他、『新古今和歌集』(1205)や中世和歌の表現形成に大きく寄与。
歌風は、不遇感をベースにした濃厚な主情性を本質とする。
藤原定家は子ども、寂連は甥、藤原俊成女は孫だが養子となった。他にも「新古今和歌集」の歌人を育てた。

アマゾンKindleアンリミテッドで本が読み放題








今なら、3か月99円のお試し料金で、アマゾンの本が読み放題です。

12月2日までですのでお急ぎください。

アマゾンで無料で本が読める! アマゾンKindleアンリミテッドで無料本

tankakanren

-古今・新古今集
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.