「 藤原俊成 」 一覧

世の中よ道こそなけれ思ひ入る山の奥にも鹿ぞ鳴くなる 藤原俊成

世の中よ道こそなけれ思ひ入る山の奥にも鹿ぞ鳴くなる 皇太后宮大夫俊成こと、藤原俊成百人一首の代表作である有名な和歌の現代語訳、修辞法の解説、鑑賞を記します。

昔思ふ草の庵の夜の雨に涙な添へそ山ほととぎす 藤原俊成

昔思ふ草の庵の夜の雨に涙な添へそ山ほととぎす 藤原俊成(ふじわらとしなり)の代表作として知られる、有名な短歌の現代語訳、品詞分解と修辞法の解説、鑑賞を記します。

思ひあまりそなたの空をながむれば霞を分けて春雨ぞ降る 藤原俊成

思ひあまりそなたの空をながむれば霞を分けて春雨ぞ降る 藤原俊成(ふじわらとしなり)の代表作として知られる、有名な短歌の現代語訳、品詞分解と修辞法の解説、鑑賞を記します。

またや見む交野のみ野の桜狩り花の雪散る春のあけぼの 藤原俊成

またや見む交野のみ野の桜狩り花の雪散る春のあけぼの 藤原俊成(ふじわらとしなり)の代表作として知られる、有名な短歌の現代語訳、品詞分解と修辞法の解説、鑑賞を記します。

誰かまた花橘に思ひ出でむ我も昔の人となりなば 藤原俊成

誰かまた花橘に思ひ出でむ我も昔の人となりなば 藤原俊成(ふじわらとしなり)の代表作として知られる、有名な短歌の現代語訳、品詞分解と修辞法の解説、鑑賞を記します。

幽玄の意味を解説 古今集藤原俊成の和歌の美とは?例文あり

「幽玄」とは、どのような内容を持つ和歌を指すのでしょうか。 藤原俊成の唱えた「幽玄」は、短歌の持つ情緒と調べを含むものです。 藤原俊成が歌合で評をした実際の短歌を例にあげ、俊成自身の言葉や和歌作品から ...

夕されば野辺の秋風身にしみて鶉鳴くなり深草の里 藤原俊成

夕されば野辺の秋風身にしみて鶉鳴くなり深草の里 藤原俊成(ふじわらとしなり)の代表作として知られる、有名な短歌の現代語訳、品詞分解と修辞法の解説、鑑賞を記します。 藤原俊成は、藤原定家の父。この歌は伊 ...

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.