短歌

見わたせば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ 藤原定家「三夕の歌」

更新日:

「見わたせば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ」 藤原定家

秋の夕暮れを詠う「三夕の歌」として古くから親しまれている、新古今和歌集の藤原定家の有名な短歌、和歌の解説と鑑賞です。

スポンサーリンク



三夕の歌とは


「三夕(さんせき)の歌」というのは、新古今集所収の、「秋の夕暮れ」を結句において、結びとした3首の名歌を呼ぶ呼び名です。

さびしさはその色としもなかりけり槙(まき)立つ山の秋の夕暮れ
--寂蓮(じゃくれん)法師

心なき身にもあはれは知られけりしぎ立つ沢の秋の夕暮れ
--西行法師

そしてこの定家の歌を合わせて三つまとめて「三夕の歌」と呼ばれて、古くから親しまれているのです。

ここでは、その藤原定家の歌について解説、鑑賞をします。

 

見わたせば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ

読み:みわたせば はなももみじも なかりけり うらのとまやの あきのゆうぐれ

作者と出典

藤原定家 新古今和歌集秋上363

現代語訳と意味

あたりを見渡すと、桜の花はもとより、紅葉の彩りすら目に触れないのだよ。
漁師の仮小屋の散らばる浦の秋の夕暮れ

語と文法解説

「ば」……確定順接条件「~すると」

「花」……和歌での花は桜のことが多い

「けり」……詠嘆の助動詞 「~だなあ・のことよ」などの意味

苫屋……苫で屋根をふいた、粗末な小屋のこと

ここでは、海辺にある漁師の小屋のこと。

苫というのは、菅(すげ)・茅(ちがや)などで編んだもの。

作者について

藤原 定家(ふじわら の さだいえ/ていか)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての公家・歌人。

読みは「ていか」と読まれることが多い。

日本の代表的な新古今調の歌人。『小倉百人一首』の撰者。

作風は、巧緻・難解、唯美主義的・夢幻的と言われている。

 

解説と鑑賞

この歌については、秋の寂しさ、わびしさを詠ったものなのですが、華やかな春の花である桜の花や、鮮やかな色どりを連想させる「もみじ」の両方ともが使われています。

歌の意味では、「花も紅葉もない」というものなのですが、3句で「なかりけり」と打ち消されるにせよ、いったん提示されたものの効果は強いですね。

アメリカの裁判での尋問のテクニックで、「否定」と呼ばれる論法の一つでよく使われるものがありますす。

「被告は妻に暴力をふるうことをもう止めましたか」というようなものですが、この「尋問」は問いではなく、陪審に向かって、被告が暴力をふるっていたという印象を持たせるためのものです。

この短歌の効果はそれに似ています。

そういうと、藤原定家の歌の「巧緻」の一端が、どんなものかが伝わるかもしれませんね。

「ない」「ない」と言いながら、花や紅葉が並べられていく。

そして三句の句切れで、5文字丸々を使って「なかりけり」。

その間を置いている間にも、その華やかな像は残り続けます。

それが、「浦の苫屋」に置き換えられるかに見えて、「秋の夕暮れ」という趣のある情景に広がっていく。

「夕暮れ」で終わる歌は、「夕暮れ止め」と言われて、他にも多くありますが、名詞で止めても、「れ」のラ行の音が柔らかく余韻を残すものとなっています。

「花も紅葉もなかりけり」の効果について

塚本邦雄は以下のようにその効果について説明しています。

「花も紅葉もなかりけり」--「ない」と言ったから「ある」と強調されたよりもはるかに強烈に、花と紅葉のイメージが私たちの心のなかに浮かんでくる。

それがこの歌の一番の特徴であり、一番の命です。(中略)

「なかりけり」という恐るべき打消し、この打消しが、肯定よりもはるかに強いということです。--塚本邦雄 『新古今集新論』

中世の美意識に着目

他のこの歌の解説には、中世の美意識に着目したものがあります。

この歌の場合、さらに中世的な美意識を代表する歌としても捉えられることが多い。すなわち華麗なものを一切そぎ落とした世界の美しさで、わび茶などにも繋がる世界とされる。--『藤原定家』村尾誠一より

そのいわゆる「わびさび」の美しさを表すために、最初に花や紅葉が置かれているとして、

その場合、全く最初から何も華やかなものがない風景を考えるのではなく、一度詠まれた花やもみじの華麗な印象を打ち消されながらも残るという、残像効果を前提とした美の複雑なあり方を考えるのが普通である。それこそが中性的美の本質であり、それをいち早く表現し得た作品がこれであり、若い天才の手柄として考えるのである

とこの作品が高く評価される所以が説明されています。

花と紅葉の出典は源氏物語

また「花と紅葉」の並列は、出典は『源氏物語』にあったという説が有力です。

藤原定家がそこから本歌取り、とは元が短歌なので言いませんが、ぴったりくるキャッチーな言い回しとして、短歌に応用したようです。

はるばると物のとどこほりなき海面なるに、なかなか春秋の花・紅葉の盛りなるよりはただただそこはかとなうしげれるかげともなまめかしきに

たとえば、似たものをあげるとすると、「花鳥風月」などという決まった言い方がありますが、つまり、「花と紅葉」もそれに似たように、「花ともみじ」の取り合わせでいくらか広まったらしく、他の歌人の和歌にも使われています。

しかしやはり、印象にもっとも強いのは藤原定家による本作品と言えるでしょう。

藤原定家の他の短歌

来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩の 身もこがれつつ
--(百人一首)

春の夜の夢の浮き橋途絶えして嶺に分かるる横雲の空

かきやりしその黒髪のすぢごとにうつふすほどは面影ぞたつ

梅の花匂ひをうつす袖の上に軒もる月の影ぞあらそふ
--(新古今和歌集)

山櫻心の色をたれ見てむいく世の花のそこに宿らば

桜色の庭の春風あともなし問はばぞ人の雪とだに見む

春をへてみゆきになるる花の陰ふりゆく身をもあはれとや思ふ
--(拾遺愚草)

藤原定家は、日本の最も代表的な歌人の一人とされています。

その頃は歌しかなかったので、「詩人」といった方がいいかもしれません。

また、自ら歌を詠むだけではなくて、百人一首を編纂した功績も大変大きいですね。

引き続きご紹介していきたい歌人の一人です。





tankakanren

-短歌
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.