古今・新古今集

新古今和歌集の代表的な歌人と作品 藤原定家,寂連,西行,式子内親王

投稿日:

新古今和歌集の代表的な歌人は、どのような人でしょうか。

新古今和歌集の代表的な歌人と代表作を一覧にまとめます。

スポンサーリンク




新古今和歌集とは

新古今和歌集とは、鎌倉時代に後鳥羽院(ごとばいん)が編纂させた勅撰和歌集です。

勅撰和歌集とは、天皇や上皇の命により編纂された歌集です。

ここに選ばれた作品は、いずれも、選りすぐったものが選ばれたわけですが、その中でも特に優れた代表的な歌人とその作品を記します。

 

新古今和歌集の撰者

まずは、新古今和歌集の編纂に選ばれた人たち、歌を選ぶ撰者(せんじゃ)は下の歌人たちでした。

  • 源通具
  • 藤原有家
  • 藤原定家
  • 藤原家隆
  • 藤原雅経
  • 藤原定家と寂連

このうちもっとも有名なのが、藤原定家(ふじわら の さだいえ/ていか)、それと、寂連(じゃくれん)だと思われます。

藤原定家と寂連、それと編纂を命じた後鳥羽院も、新古今集の代表的な歌人といえます。

藤原定家と寂連のそれぞれの代表作をあげます。解説ページのあるものは、詳しい解説もご覧ください。

藤原定家

藤原定家は、古典を代表する大変優れた歌人の一人です。

藤原定家の代表作品の和歌

見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ

現代語訳:あたりを見渡すと、桜の花はもとより、紅葉の彩りすら目に触れないのだよ。漁師の仮小屋の散らばる浦の秋の夕暮れ

新古今和歌集の「三夕の歌」としてたいへん有名な作品です。

 

春の夜の夢の浮橋とだえして峰に別るる横雲の空

現代語訳:春の夜の、浮橋のようなはかなく短い夢から目が覚めたとき、山の峰に吹き付けられた横雲が、左右に別れて明け方の空に流れてゆくことだ

夢を見る心と、現実の空がつながっているような優れた表現が見られる歌です。

 

寂蓮

寂連は僧侶、俗名は藤原定長、藤原俊成の甥にあたります。

寂蓮の代表作品の和歌

寂しさはその色としもなかりけり槙立つ山の秋の夕暮れ

現代語訳:
この寂しさは特にどこからというのわけでもないことだ、真木の甥裁つ山の秋の夕暮れよ

この歌は藤原定家によって、百人一首にも選ばれています。

寂しさはその色としもなかりけり槙立つ山の秋の夕暮れ 寂蓮法師 

 

新古今和歌集の代表的な歌人

ほかに、代表的な歌人としては

  • 西行
  • 慈円
  • 藤原良経
  • 藤原俊成
  • 式子内親王

などがあげられます。

以下は、それぞれの代表作品をあげます。

西行

西行は、出家した僧侶で、西行法師とも呼ばれます。

西行の作品は、全部で2200首になるとされ、百人一首にも選ばれています。

西行の代表作品の和歌

道の辺に清水流るる柳陰しばしとてこそ立ちどまりつれ

現代語訳:
道のほとりに清水が流れている、そのそばの柳の木陰よ、ほんのちょっとと思って立ち止まったのであるが

この歌に詠まれる柳は、西行の「遊行柳」と言われ、今もその場所が残っているくらい、古くから優れた歌人として親しまれています。

 

慈円

いつかわれみ山の里の寂しきにあるじとなりて人に問はれむ

現代語訳:
いつかわたしは山深い里の寂しいところに住み、草庵の主となって人に訪問される暮らしがしたいものだ

慈円(じえん)は鎌倉時代初期の天台宗の僧で、この歌では僧侶の住まいである、草庵に住みたい願いを詠んでいます。

藤原俊成

藤原俊成(ふじわらのとしなり/しゅんぜい)は、藤原定家の父、短歌の「幽玄」を提唱、指導者としても新古今歌風形成に大きな役割を果たしました。

藤原俊成の代表作品の和歌

夕されば野辺の秋風身にしみて鶉鳴くなり深草の里

現代語訳:
夕方になると野原を吹く秋風が身に染みて、鶉が鳴いている。この深草の里には

 

他に、「またや見む交野のみ野のさくらがり花の雪ちる春のあけぼの」も知られています。

 

藤原良経

藤原良経は、新古今集の仮名序を執筆し、以下の歌で巻頭歌作者となっています。

み吉野山もかすみて白雪ふりにし里に春は来にけり

現代語訳:
吉野は、春霞に山も霞むようになり、白雪の降っていたこのこの里にも春が訪れたのだなあ

他に、

うたたねのはかなき夢の中にだに千千の思ひはありけるものを

 

式子内親王

式子内親王(しょくし/しきしないしんのう)は、鎌倉時代の代表的な女流歌人で、賀茂斎院(さいいん)として、神社で神に奉仕する生活を送りました。

そのため生涯独身でしたが、たいへんすぐれた恋歌をたくさん残しており、百人一首にも選ばれています。

式子内親王の代表作

玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることのよわりもぞする

現代語訳:
わたしの命よ。絶えてしまうというなら絶えてしまっておくれ。生きつづけていたならば、恋心を秘めている力が弱って、秘めきれなくなるかもしれないので

百人一首に選ばれた有名な歌です。

死んでしまってもいいという恋の苦しい心境は、恋歌の極みの一つでしょう。

 

忘れてはうち嘆かるる夕べかな我のみ知りて過ぐる月日を

現代語訳:
私のしのぶ思いをあの方には告げないで、私一人の胸にしまったまま過ぎてきたこの月日であるものを

式子内親王の和歌は、恋の苦しみを詠ったものだけで、相手にではなく、自分に語り掛けるようなものが多いのです。

他にも

 

以上、新古今和歌集の代表的な歌人と、その代表作をご紹介しました。

古典、古い言葉の歌は、なかなか一度では良さがわかりにくいかもしれません。

何度も読んで味わってみてくださいね。引き続き鑑賞していきましょう。







tankakanren

-古今・新古今集

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.