短歌・和歌

源実朝の和歌代表作品10首 短歌集「金塊和歌集」より

投稿日:

源実朝は鎌倉時代の将軍にして、天性の歌人といわれています。その作品は百人一首にも採られて、賀茂真淵が高く評価。

現代では、斎藤茂吉や小林秀雄、吉本隆明も解説を記しています。

源実朝の歌集「金塊和歌集」より代表作で有名な作品を現代語訳付で紹介します。

スポンサーリンク




源実朝とは

源実朝は、鎌倉幕府を開いた源頼朝の子どもで、将軍にして、天性の歌人と言われました。

その生涯は1192~1219年の28年間と短いものでしたが、若いころに和歌に熱中、夢に啓発されて詠んだ短歌を神社に奉納するなど、天才を感じさせるエピソードもあります。

藤原定家に師事した折に、万葉集を贈られ、それを元に研鑽を積み、万葉調であるところが特徴の一つです。

もとより、次代の主流であった、古今和歌集、新古今和歌集にも大きな影響を受けていますが、それだけでなく、時代を超えて人々を驚かせ、また共感を呼ぶような特徴ある独創的な和歌を詠んでいます。

源実朝の歌集

源実朝には「金塊和歌集」という歌集があります。

以下の短歌はその金塊集からの抽出です。

 

源実朝の代表作短歌

源実朝の代表作短歌として、最もよく知られている有名な和歌3首を最初にあげます。

箱根路をわれ越えくれば伊豆の海や沖の小島に波の寄るみゆ

大海の磯もとどろに寄する波われて砕けて裂けて散るかも

世の中は常にもがもな渚漕ぐ海人の小舟の綱手かなしも

まず上の3つの代表作から解説を記していきます。

 

箱根路をわれ越えくれば伊豆の海や沖の小島に波の寄るみゆ

読み:はこねじを われこえくれば いずのうみや おきのこじまに なみのよるみゆ

現代語訳と意味:

箱根の道を越えてきたところ、伊豆の海が伊豆の海が開けている。沖の小島に白波が寄せているのが見えるよ

解説

箱根を旅して、伊豆の意味の雄大さに感動を表す内容の歌で、斎藤茂吉は、この歌を金塊和歌集の代表作としています。

万葉集の本歌取りで、調べは万葉集に比べると柔らかいですが、「繊細な巧を弄せぬところに尊重すべき特色を持っている」という茂吉の評の通りです。

箱根を詠んだ歌にはもう一首、下の和歌が良く知られています。

たまくしげ箱根のみうみけけれあれやふた国かけて中にたゆたふ

 

大海の磯もとどろに寄する波われて砕けて裂けて散るかも

読み:たいかいの いそもとどろに よするなみ われてくだけて さけてちるかも

現代語訳と意味:

大海の磯もとどろくほどに激しく打ち寄せる波は、割れて砕けては、裂けてて飛び散っている

解説

力強い躍動感に満ちた描写が印象的な歌。

上句は、海の広さを思わせるゆったりとした調べに始まり、下句は一転、「われて砕けて裂けて」の反復があります。

小刻みなリズムを持つ、「…て」の3度の連続は、あたかも岸に繰り返し寄せる波を思わせます。

万葉集には、この下のような本歌があります。

大海の磯もとゆすり立つ波の寄せむと思へる浜の清けく

作者:不詳

伊勢の海の磯もとどろに寄する波恐(かしこ)き人に恋ひ渡るかも

作者:笠女郎(かさのいらつめ)

斎藤茂吉の評

「実朝は先達の歌を本歌として、何一つおそるるところなく、ためらふところなくそれを摂取し、それを学んでゐるうちに、その言語を自分のものとして同化し、今度は実際の対象に相向ったときに、極めて自然に、且つ適格に、その実相を表現し得るまでになってゐたのではあるまいか。」―斎藤茂吉 金槐和歌集の解説より

 

 

世の中は常にもがもな渚漕ぐ海人の小舟の綱手かなしも

読み:よのなかは つねにももな なぎさこぐ あまのおぶねの つなでかなしも

作者と出典

源実朝 (みなもとのさねとも) 作者名は 鎌倉右大臣実朝

金塊集(きんかいしゅう) 『新勅撰集』 小倉百人一首93

現代語訳と意味

世の中が変わらずあってほしい。波打ち際を漕いでゆく漁師の小舟が、舳先(へさき)にくくった綱で陸から引かれている、ごく普通の情景が切なくいとしい。

 

もの言はぬ四方の獣すらだにもあはれなるかなや親の子を思ふ

読み:ものいわぬ よものけだもの すらだにも あはれなるかなや おやのこをおもう

現代語訳と意味

口をきかない、いたる所にいる獣でさえも、しみじみと胸を打たれることだ、親が子を大切に思う様子には

解説

けものがその子どもに相対するときの様子を見て、その仕草から「親が子を思う」として、親の愛情に心を打たれるとしみじみと詠ったものです。

対象は獣ですが、まして人間なら、親が子を思うのはもっと強いものがある、という意味を含んでいます。

「あはれなるかなや」の字余りと「や」

4句の字余りについて、斎藤茂吉は

「あはれなるかなや」とあるが、この「や」の存在こそ歌詠みにとっては事重大なのである。

として、この主観句の強調を取り上げています。

いとほしや見るに涙もとどまらず親もなき子の母を尋ぬる 608

も、親のない子に焦点を当てて、母子の情愛を詠うものです。

 

時により過ぐれば民の嘆きなり八大龍王雨やめたまへ

読み:ときにより すぐればたみの なげきなり はちだいりゅうおう あめやめたまえ

現代語訳と意味:

時によって度が過ぎると、ありがたい雨も民の嘆きの原因となります。八大龍王よ、もうこれ以上雨を降らさないでください。

八大竜王は法華経に出てくる竜の王のこと。

雨をつかさどり、雨乞いの祈りの対象ですが、大雨と大水の災害の先に、その王に逆に「雨を降らせないでください」と祈ったものです。

実朝のユニークな独創性がうかがえる作品です。

これにやや似た4文字の漢字を含む歌には、下の歌があります。

炎のみ虚空に見てる阿鼻地獄ゆくへもなしといふもはかなし

 

 

来ぬひとをかならず待つとなけれどもあかつきがたになりやしぬらむ

読み:こぬひとを かならずまつと なけれども あかつきがたに なりしやぬらむ

現代語訳と意味:

来ないという人を待っているというわけではないが、もう夜明けになってしまうようだ

解説:

淡い情感のある恋の歌。「かならず待つとなけれども」とは言いならが、綾なす心持ちを情感豊かに歌います。

他の歌に比べても柔らかな調べに統一されています。

 

身につもる罪やいかなるつみならん今日降る雪とともに消(け)ななむ

読み:みにつもる つみやいかなる つみならん きょうふるゆきと ともにけななん

現代語訳と意味:

わが身に積もった罪というのは、はたしてどんな罪なのだろうか。今日降る雪と一緒に消えてしまってほしい

解説:

この場合の「罪」は仏教における「罪」のことを、「積もる雪」にかけて内省的に表したもの。

 

 萩の花くれぐれまでもありつるが月出でて見るになきがはかなさ

意味:萩の花がさっきまでははっきり見えていたのに、月が出てその光に見てみようと思ったらなくなっている、このはかなさよ

解説:

わずかな間に花が散ってしまった、その変化に極限までのはかなさを見るという、繊細な作者の心持ちをうかがわせる作品です。

この歌と「大海の磯もとどろに」または「ものいわぬ四方の」とを比べてみると源実朝の作風の幅広さがわかります。

 

源実朝の他の和歌作品一覧

旅をゆきし跡の宿守をれをれにわたくしあれや今朝はいまだ来ぬ

わたつ海のなかに向かひて出(いづ)る湯の伊豆のお山とむべもいひけり

来ぬひとをかならず待つとなけれどもあかつきがたになりやしぬらむ

肩敷きの袖こそ霜にむずひけれ待つ夜ふけぬる宇治のはいひめ

吹く風の涼しくもあるかおのづから山の蝉鳴きて秋は来にけり

くれなゐの千入(ちしほ)のまふり山の端に日の入るときの空にぞありける

 

源実朝とは

[1192~1219]鎌倉幕府第3代将軍。頼朝の次男。母は北条政子

12歳で征夷大将軍に就き、官位の昇進も早く武士として初めて右大臣に任ぜられるが、その翌年に鶴岡八幡宮で頼家の子公暁に暗殺された。

歌人としても知られ、藤原定家に師事。92首が勅撰和歌集に入集、小倉百人一首にも「鎌倉右大臣」として選ばれている。

実朝の歌は、賀茂真淵(かもまぶち)をはじめとして、斎藤茂吉、小林秀雄、吉本隆明(たかあき)、中野孝次らから高く評価されている。







tankakanren

-短歌・和歌
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.