「 月別アーカイブ:2019年03月 」 一覧

卒業の短歌 現代短歌より俵万智,千葉聡,穂村弘,米川千嘉子,高野公彦

2019/03/19   -テーマ別短歌

こんにちは。まるです。 3月は卒業シーズンであり、別れの季節でもありますね。 今日は卒業に関する短歌を現代短歌から集めてみました。

はたらけどはたらけど猶わが生活楽にならざりぢっと手を見る/石川啄木『一握の砂』短歌代表作品

2019/03/14   -石川啄木

石川啄木の有名な短歌代表作品「はたらけどはたらけど猶わが生活楽にならざりぢつと手を見る」の現代語訳と句切れ,表現技法などについて解説します。 石川啄木の短歌一覧は下の記事に↓ 石川啄木「一握の砂」の短 ...

目をあきてわがかたはらに臥したまふ窿応和尚のにほひかなしも/斎藤茂吉『ともしび』短歌代表作品

2019/03/10   -ともしび

斎藤茂吉『ともしび』から主要な代表作の短歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記します。 他にも佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太郎の抽 ...

ふるさとの山に向ひて言ふことなしふるさとの山はありがたきかな/石川啄木『一握の砂』短歌代表作品

2019/03/06   -石川啄木

石川啄木の有名な短歌代表作品「東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたはむる」の現代語訳と句切れ,表現技法などについて解説します。 石川啄木の短歌一覧は下の記事に↓ 石川啄木「一握の砂」の短歌代表作 ...

雪の日に思い出す短歌 北原白秋,穂村弘,俵万智,寺山修司他

こんにちは。まるです。 皆さんは、雪の日、家ごもりをしていてふと思い出す歌はありますか。

花山周子歌集「林立」からスギと花粉症の短歌 木と人との不幸な関係性

こんにちは、まるです。 今日の朝日新聞「天声人語」には、おもしろいことに、花粉症と杉の木を詠んた短歌が引用、紹介されていました。 もちろん、冗談の類ではありませんで、歌人の花山周子さんが詠まれた短歌だ ...

さ夜なかにめざむるときに物音たえわれに涙のいづることあり 斎藤茂吉『ともしび』短歌代表作品

2019/03/01   -ともしび

斎藤茂吉『ともしび』から主要な代表作の短歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記します。 他にも佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太郎の抽 ...

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.