「本・歌集」 一覧

『万葉集愛の100首』新刊案内 中西進が選ぶ珠玉の「恋愛」の和歌

2020/04/13   -本・歌集

『万葉集愛の100首』、新元号「令和」の発案者といわれる中西進先生の新刊案内が、新聞に掲載されました。 「恋ひ恋ひて逢へる時だに愛しき言尽してよ長くと思はば」他の『万葉集愛の100首』に収録された和歌 ...

『ミステリー』藤島秀憲第三歌集 結婚と死、エロスとタナトスの対比

2019/11/17   -本・歌集

藤島秀憲さんの歌集、『ミステリー』の案内が朝日新聞に掲載されていました。 第二歌集の『すずめ』の続編、作者はご結婚されたようです。作者藤島さんの生活の様子が作品から追えるものとなっています。

『かばん』短歌結社「かばんの会」の見本誌がアマゾンで無料で読める

2019/10/27   -本・歌集, 現代短歌
 

かばんの会の見本誌『かばん』がアマゾンで無料で読めます。 短歌結社「かばんの会」は穂村弘や東直子、千葉聡(敬称略)ら他の著名な若手歌人が所属する自由な気風の短歌結社、選者欄や主催者もなく、退会後の再入 ...

門脇篤史「微風域」山階基「風にあたる」から「生活と人生」朝日短歌時評松村正直

2019/09/25   -本・歌集, 現代短歌

朝日新聞の短歌時評に「生活と人生」と題して、松村正直さんが門脇篤史さんと山階基さんの作品を紹介しています。 身近なものを題材にした、これらの作品をご紹介したいと思います。

江田浩司歌集『重吉』八木重吉へのオマージュ

2019/08/21   -本・歌集,

朝日新聞8月18日号の歌集紹介の「風信」欄に、 江田浩司歌集『重吉』 が紹介されていました。 「詩人・八木重吉の御霊(みたま)にささげられた歌集」ということで、八木重吉が好きな私の興味をそそるものでし ...

虫武一俊の短歌 第一歌集『羽虫群』がアマゾンで無料で読める

2019/07/02   -本・歌集
 

虫武一俊さんの短歌が『平成万葉集』、新聞コラムでも取り上げられました。 「生きづらさ」という現代特有の意識を詠んだ虫武さんの短歌を紹介します。 なお、無料で読める虫武さんの歌集『羽虫群』新鋭短歌シリー ...

アマゾンで無料の本を読むには!「Kindleアンリミテッド」で短歌の本

2019/06/30   -本・歌集
 

アマゾンで短歌の本が読み放題で読めるサービスがあります。 名称は「キンドル アンリミテッド」。無料で登録できますので、一度ぜひお試しください。 アマゾンで無料の本を読むにはどうするのか、サービスの内容 ...

『万葉秀歌』は斎藤茂吉の万葉集解説の名著 岩波新書/内容紹介

2019/05/19   -本・歌集

『万葉秀歌』、斎藤茂吉の書いた岩波新書の本で今も刊行されるベストセラー本ですが、それを戦地に赴いたお兄様に送ったという思い出が、朝日新聞の「声」欄に投稿されていました。 『万葉秀歌』は今も続いているロ ...

森垣岳の短歌集『遺伝子の舟』/朝日新聞天声人語/農業高校の風景

2019/05/17   -本・歌集

森垣岳さんの短歌が、朝日新聞の天声人語欄に紹介されていました。 生物工学が専門の森垣さんの独特のモチーフの短歌は、新鮮ですがすがしい作品です。当ブログにてもご紹介させていただきますね。

おすすめの万葉集の本 中西進著アマゾンベストセラーランキング

2019/05/06   -万葉集, 令和, 本・歌集

新元号「令和」の出典が万葉集とあって、万葉集関連の本が売れています。 万葉集の本で一番人気があって売れているのはどの本か、また、万葉集関連のおすすめの本をリストアップして紹介します。

新刊案内『しびれる短歌』穂村弘,東直子 対談形式で秀歌を解説 現代短歌の入門書にも

2019/01/21   -本・歌集

1月に穂村弘さんと東直子さんの新刊『しびれる短歌』が刊行されました。 内容をご紹介します。

飯田彩乃歌集『リヴァーサイド』朝日「短歌時評」大辻隆弘

2018/12/16   -本・歌集

朝日新聞の「短歌時評」より飯田彩乃さんの第一歌集のご案内です。

『百人一首という感情』『千年後の百人一首』最果タヒ

2018/12/02   -本・歌集
 

詩人の最果タヒさんが百人一首を現代語訳した本『千年後の百人一首』に続いて、現代語訳に際して感じたことを綴った『百人一首という感情』を刊行されました。 おもしろい本で、つい笑ってしまいました。和歌の本で ...

恋愛の短歌 初恋と失恋 片思い NHK短歌4月号「恋を詠む」がアマゾンで無料で読める

2018/11/14   -本・歌集

短歌を詠まない方にも「恋の歌」といえば、身近なものですよね。恋愛の短歌というのは、とても古くからあり、万葉集の時代には「相聞歌」と呼ばれて、挽歌、雑歌(ぞうか)と並ぶ、短歌の一つのジャンルでした。 今 ...

萩原慎一郎の短歌作品集『滑走路』いじめと非正規雇用を詠む

2018/11/03   -本・歌集, 現代短歌

今朝の朝日新聞に萩原慎一郎さんの短歌の紹介が載っていました。萩原さんの短歌についてご紹介します。

木下龍也短歌作品集『つむじ風ここにあります』『きみを嫌いな奴はクズだよ』

2018/10/26   -本・歌集, 現代短歌

木下龍也の短歌集『つむじ風ここにあります』の作品の紹介です。 ”ユーモアとブラックユーモア”が際立つ、きっちりエッジの立った短歌作品です。 木下龍也の歌集はいずれもアマゾンのKindleで無料で読めま ...

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.