「 投稿者アーカイブ:maru 」 一覧

「月がきれいですね」夏目漱石アイラブユーIloveyouの訳

2019/06/19   -文学

  「月がきれいですね」というのは、夏目漱石が「アイラブユー」英語の"I love you"の訳語だというエピソードが伝わっています。 茂木健一郎氏が書いていたエピソードをご紹介します。

若山牧水の恋愛と失恋の短歌『牧水の恋』俵万智

2019/06/18   -若山牧水

若山牧水の初期の作品は、ある一人の女性との恋愛に基づくものです。 歌人の俵万智さんが若山牧水の恋愛の軌跡を短歌から読み解く『牧水の恋』から、牧水の恋愛と失恋の短歌を拾ってみます。

万葉集が無料!アマゾンKindleアンリミテッドで本が読み放題

2019/06/14   -万葉集
 

万葉集の本を無料で読みたい方のために、アマゾンの無料の本のお知らせです。 他にも、短歌の本で多く読めるものがありますので、おすすめです。

君の歌うクロッカスの歌も新しき家具のひとつに数えんとする/寺山修司訳,句切れ,解説,

2019/06/11   -教科書の短歌
 

「君の歌うクロッカスの歌も新しき家具のひとつに数えんとする」寺山修司の有名な短歌代表作品の訳と句切れ、文法や表現技法などについて解説、鑑賞します。 ・教科書掲載の短歌一覧は↓ 高校教科書の現代短歌掲載 ...

高校教科書の現代短歌掲載作品一覧 栗木京子,俵万智,寺山修司,大西民子

2019/06/11   -教科書の短歌

高校教科書に収録されている短歌を一覧にまとめました。 読み方や言葉の難しい古い時代の短歌の方には、わかりやすい現代語訳、語の注解と解説、文法と表現技法、解説と鑑賞のポイントも加えています。

俵万智さんが「世界一受けたい授業」で恋愛の短歌の講義

2019/06/08   -ニュース

俵万智さんが「世界一受けたい授業」に出演されます。「恋愛短歌講座」で講義をされるという内容です。 番組内容をお知らせします。

春の鳥な鳴きそ鳴きそあかあかと外の面に草に日の入る夕/北原白秋 句切れ,表現技法,体言止め

2019/06/07   -教科書の短歌
 

「春の鳥な鳴きそ鳴きそあかあかと外の面に草に日の入る夕」の北原白秋の代表短歌作品の現代語訳と句切れ、表現技法について記し ます。 高校の教科書に掲載されている作品です。

高校教科書の短歌 掲載作品一覧 近代短歌 正岡子規,斎藤茂吉他

2019/06/05   -教科書の短歌

高校教科書に収録されている短歌を一覧にまとめました。 読み方や言葉の難しい古い時代の短歌の方には、わかりやすい現代語訳、語の注解と解説、文法と表現技法、解説と鑑賞のポイントも加えています。

友がみなわれよりえらく見ゆる日よ花を買ひ来て妻としたしむ/石川啄木『一握の砂』短歌鑑賞

2019/06/04   -石川啄木

「友がみなわれよりえらく見ゆる日よ花を買ひ来て妻としたしむ」石川啄木の歌集「一握の砂」より有名な短歌代表作品の現代語訳と句切れ、表現技法などについて解説します。

万葉集の有名な恋の和歌30首(2)柿本人麻呂歌集より

2019/06/03   -万葉集

万葉集には、たくさんの恋の歌が含まれています。万葉集には3つのジャンルがあり、そのひとつ「相聞(そうもん)」の歌というのは、恋愛の歌のことで、万葉集には「柿本人麻呂歌集」から取り上げられたものがたくさ ...

ふりさけて三日月見れば一目見し人の眉引き思ほゆるかも/大伴家持「万葉集」

2019/05/31   -万葉集
 

「ふりさけて三日月見れば一目見し人の眉引き 思ほゆるかも」大伴家持の有名な代表作短歌について解説します。 大伴家持の万葉集の秀歌一覧は前の記事 大伴家持『万葉集』の代表作短歌・和歌一覧 にございますの ...

正岡子規「星」短歌連作10首 「真砂なす数なき星の其中に」他

2019/05/28   -正岡子規

正岡子規の短歌「真砂なす数なき星の其中(そのなか)に吾に向かいて光る星あり」は芥川龍之介が「侏儒の言葉」にも取り上げて、子規の短歌で一般にもよく知られています。 この短歌は「星」と題する連作の10首の ...

百人一首,代表作,有名,和歌,短歌,歌人,現代語訳,句切れ

百人一首の日!有名な代表作和歌16首 小倉百人一首

2019/05/27   -短歌

「百人一首の日」、今日5月27日は百人一首ができた日、すなわち藤原定家が書いた色紙が小倉山荘障子に貼られて、完成した日なのだそうです。 百人一首の代有名で表的な和歌、すなわち短歌を 16首選んであげて ...

大伴家持『万葉集』の代表作短歌・和歌一覧『万葉秀歌』より

2019/05/24   -万葉集

大伴家持の万葉集の短歌から秀歌、代表作を記載します。 大伴家持は大伴旅人の息子です。斎藤茂吉が『万葉秀歌』に選んでいる作品を掲載します。

砂山の砂に腹這ひ初恋のいたみを遠くおもい出づる日/石川啄木『一握の砂』短歌鑑賞

2019/05/23   -石川啄木

「砂山の砂に腹這ひ初恋のいたみを遠くおもい出づる日」石川啄木の歌集「一握の砂」より有名な短歌代表作品の現代語訳と句切れ、表現技法などについて解説します。

「万葉集をうちやまぬかも」万葉集を戦地で読んだ近藤芳美の短歌

2019/05/22   -万葉集

万葉集の短歌が戦地で読まれ、兵士の兄の心を和ませた、という内容の投書を、朝日新聞の声欄から前の記事に書きました。 同じように歌人の近藤芳美も万葉集を戦地に持っていき、それに関連する感動的な短歌を詠んで ...

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.