「 投稿者アーカイブ:maru 」 一覧

月の短歌 現代短歌より前登志夫 岡井隆 佐々木幸綱 三枝昴之 花山多佳子 小島ゆかり吉川宏志他

こんにちは。まるです。 今日のテーマ別短歌は、月の短歌。 古今和歌集の時代の、いわゆる和歌に月が詠まれたものもたくさんありますが、今回は短歌を詠まれる方の参考になるように、現代の短歌から選んでみました ...

朝日歌壇より8月12日 酷暑と熱帯夜を詠む

2018/08/13   -朝日歌壇

こんにちは。まる @marutankaです。 朝日新聞の朝日歌壇から好きな歌を筆写して感想を書いています。 朝日歌壇は朝刊日曜日に掲載。当記事は、8月5日の掲載分です。

伊藤左千夫短歌代表作品100首 テキストのみ解説なし

2018/08/10   -伊藤左千夫

伊藤左千夫の短歌代表作品100首を掲載します。選は小市巳世司によるものです。 こちらのページは短歌テキストのみ、解説なしです。 解説あり別記事: 伊藤左千夫短歌代表作30首 牛飼の歌 九十九里詠 ほろ ...

佐藤モニカさんの短歌 現代歌人協会賞と日本歌人クラブ新人賞のダブル受賞

2018/08/09   -本・歌集

こんにちは、まるです。 若手歌人の登竜門とも言われる現代歌人協会賞、受賞作は佐藤モニカさんの『夏の領域』。 さらに日本歌人クラブ新人賞とのダブル受賞でした。おめでとうございます。 佐藤さんのすてきな短 ...

水害の短歌 伊藤左千夫 生涯で3度の被災を詠み続けた

こんにちは。まるです。 朝日歌壇の短歌作品を見てみますと、今週も西日本豪雨のことが繰り返し読まれています。 被害に合われた方が本当にお気の毒です。一日も早い復旧をお祈りしております。 『野菊の墓』で有 ...

朝日歌壇より8月5日 災害と西日本豪雨被害

2018/08/06   -朝日歌壇

こんにちは。まる @marutankaです。 朝日新聞の朝日歌壇から好きな歌を筆写して感想を書いています。 朝日歌壇は朝刊日曜日に掲載。当記事は、8月5日の掲載分です。

斎藤茂吉が「死にたまふ母」を詠んだ和歌の宿わかまつや 蔵王温泉山形

2018/08/03   -斎藤茂吉

こんにちは、まるです。 斎藤茂吉が『赤光』の短歌代表作「死にたまふ母」を詠んだ場所は、実家ではなく、そのあと滞在した親戚関係の旅館においてだったそうです。

しづかなる港のいろや朝飯の白くいき立つを食ひつつおもふ 斎藤茂吉『あらたま』短歌代表作

斎藤茂吉「あらたま」から主要な代表作の短歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方で、語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記します。 他にも佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太郎の抽出 ...

朝日歌壇より7月29日 西日本豪雨を詠む

2018/07/30   -朝日歌壇

こんにちは。まる @marutankaです。 朝日新聞の朝日歌壇から好きな歌を筆写して感想を書いています。 朝日歌壇は朝刊日曜日に掲載。当記事は、7月29日の掲載分です。

伊藤左千夫短歌代表作30首 牛飼の歌 九十九里詠 ほろびの光

2018/07/28   -伊藤左千夫

伊藤左千夫は小説『野菊の墓』で良く知られていますが、元はアララギ派の主要な歌人でありました。 短歌の他、万葉集に倣って長歌をたくさん作り、また、正岡子規の考え方を継承した初期のアララギを率いて、斎藤茂 ...

しづかなる砂地あはれめりひたぶるに大き石むれてあらき川原に 斎藤茂吉『あらたま』短歌代表作品

斎藤茂吉「あらたま」から主要な代表作の短歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方で、語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記します。 他にも佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太郎の抽出 ...

24日河童忌にちなみ斎藤茂吉の芥川龍之介を詠んだ短歌

2018/07/24   -文学, 斎藤茂吉

こんにちは、まるです。 今日7月24日は芥川龍之介の亡くなった日です。芥川晩年の小説「河童」にちなんで、河童忌と呼ばれています。 歌人の斎藤茂吉は、芥川の診察をした精神科の医師としても関わりもあり、芥 ...

朝日歌壇より7月22日号 ワールドカツプリュウグウ時事詠 季節にとらわれない題材も

2018/07/23   -朝日歌壇

こんにちは。まる @marutankaです。 朝日新聞の朝日歌壇から好きな歌を筆写して感想を書いています。 朝日歌壇は朝刊日曜日に掲載。当記事は、7月22日の掲載分です。

夏の短歌 近代から現代短歌まで 向日葵 蝉 花火 恋愛の短歌と夏の日の回想

2018/07/20   -テーマ別短歌

こんにちは、まるです。今年は一層の猛暑となりましたね。皆さまお体を休めながら、無理せずお過ごしくださいね。 今日は夏の短歌、夏の風物詩や季節を表す短歌を、近代短歌と現代短歌から集めてみました。 &nb ...

穂村弘歌集『水中翼船炎上中』17年ぶり 時間の変化を可視化

2018/07/18   -本・歌集, 現代短歌

歌人の穂村弘さんが17年ぶりに歌集を出版されました。

朝日歌壇より7月15日号

2018/07/17   -朝日歌壇

こんにちは。まる @marutankaです。 朝日新聞の朝日歌壇から好きな歌を筆写して感想を書いています。 朝日歌壇は朝刊日曜日に掲載。当記事は、7月15日の掲載分です。

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.