「斎藤茂吉」 一覧

斎藤茂吉の国語教科書の短歌一覧

2021/04/18   -斎藤茂吉

斎藤茂吉の国語教科書に使われた短歌は、全部で1522首あるとの調査があります。戦前の教科書と戦後では採録された歌に違いがあります。 斎藤茂吉の教科書の掲載状況とその数、掲載された短歌作品をお知らせしま ...

斎藤茂吉の狐の短歌 ここに来て狐を見るは楽しかり狐の香こそ日本古代の香

2021/04/16   -斎藤茂吉
 

ここに来て狐を見るは楽しかり狐の香こそ日本古代の香 斎藤茂吉の狐を詠んだおもしろい短歌をご紹介します。 斎藤茂吉の晩年の最後の歌集『つきかげ』に収録されているものです。短歌の解説と鑑賞を記します。

『斎藤茂吉・愛の手紙によせて』 永井ふさ子が記した恋愛の記録

2021/04/16   -斎藤茂吉
 

『斎藤茂吉・愛の手紙によせて』というのは、斎藤茂吉との交流をつづった、永井ふさ子氏の著書のタイトルです。 永井ふさ子氏は、斎藤茂吉の恋人であった人です。 『斎藤茂吉・愛の手紙によせて』の内容と、永井ふ ...

文アル斎藤茂吉 人物像と他のキャラクターとの交流関係

2021/04/15   -斎藤茂吉

文アルこと、文豪アルケミストの斎藤茂吉をちょっと見てみました。 斎藤茂吉の画像、アニメーションのキャラクターにはびっくり! それ以外は、結構史実に基づいているなという感じです。 文アルの茂吉のセリフ、 ...

ふりさけて峠を見ればうつせみは低きに拠りて山を越えにき 斎藤茂吉

2021/04/15   -斎藤茂吉
 

ふりさけて峠を見ればうつせみは低きに拠りて山を越えにき 斎藤茂吉の歌集『たかはら』にある短歌、峠の様子から人々の暮らしぶりをとらえた歌の鑑賞と解説を記します。

うつつにしもののおもひを遂ぐるごと春の彼岸に降れる白雪 斎藤茂吉

2021/04/15   -斎藤茂吉
 

うつつにしもののおもひを遂ぐるごと春の彼岸に降れる白雪 斎藤茂吉の歌集『暁光』にある美しい短歌です。 永井ふさ子との恋愛を背景に詠われた斎藤茂吉の春彼岸の短歌の鑑賞と解説を記します。

陸奥をふたわけざまに聳えたまふ蔵王の山の雲の中に立つ 斎藤茂吉の蔵王の短歌

2021/04/13   -斎藤茂吉
 

陸奥をふたわけざまに聳えたまふ蔵王の山の雲の中に立つ 斎藤茂吉の歌碑にも記された蔵王の短歌、斎藤茂吉の故郷の山、蔵王を詠んだ歌をご紹介します。

春彼岸の寒き一日をとほく行く者のごとくに衢を徒歩す 斎藤茂吉の春彼岸の短歌

2021/03/20   -斎藤茂吉
 

斎藤茂吉が彼岸を詠んだ短歌には、よく知られた有名なものがあります。 きょうの日めくり短歌は斎藤茂吉の春彼岸の短歌をご紹介します。 

人麿がつひのいのちををはりたる鴨山をしもここと定めむ 斎藤茂吉

2021/03/18   -斎藤茂吉
 

人麿がつひのいのちををはりたる鴨山をしもここと定めむ 斎藤茂吉の万葉集の大歌人である柿本人麻呂を詠った代表作短歌の鑑賞と解説を記します。

斎藤茂吉の税申告の短歌 財務の日【日めくり短歌】

2021/03/16   -斎藤茂吉
 

税申告について詠んだ斎藤茂吉の短歌があります。歌人であり病院の院長職を務めた斎藤茂吉ならではの題材です。 財務の日にちなみ、斎藤茂吉の税金と税申告の短歌をご紹介します。

斎藤茂吉の虫の短歌【日めくり短歌】

2021/03/05   -斎藤茂吉
 

斎藤茂吉は虫が好きだったと思われます。古くから短歌に詠まれている秋の虫の声だけでなく、様々な虫たちが短歌に詠まれています。 きょうの日めくり短歌は啓蟄にちなみ、斎藤茂吉の虫の短歌をご紹介します。

斎藤茂吉の命日茂吉忌に読む追悼歌・挽歌【日めくり短歌】

2021/02/25   -斎藤茂吉
 

斎藤茂吉の命日、茂吉忌日は、2月25日です。 日本の代表的な歌人である斎藤茂吉の逝去に際し、多くの歌人が挽歌を詠みました。 きょうの日めくり短歌は、茂吉の挽歌をご紹介します。

斎藤茂吉の握り飯の歌 おむすびの日【日めくり短歌】

2021/01/17   -斎藤茂吉
 

おむすびの日、阪神大震災の日におむすびを配ったことから制定されました。 きょうの日めくり短歌は、斎藤茂吉他の握り飯の歌をご紹介します。

斎藤茂吉の初詣の短歌 息子茂太を連れて出羽三山に参拝

2020/12/30   -斎藤茂吉
 

斎藤茂吉の初詣の初詣のエピソードが朝日新聞の天声人語欄に紹介されました。 きょうの日めくり短歌は斎藤茂吉の初詣の短歌をご紹介します。

うつせみの吾が居たりけり雪つもるあがたのまほら冬のはての日 斎藤茂吉

2020/12/21   -斎藤茂吉
 

うつせみの吾が居たりけり雪つもるあがたのまほら冬のはての日 斎藤茂吉の歌集『小園』の「冬至の日に」より、故郷を詠う代表作短歌の鑑賞と解説を記します。

かへるでの赤芽萌えたつ頃となりわが犢鼻褌を自ら洗ふ 斎藤茂吉「小園」

2020/12/19   -斎藤茂吉
 

かへるでの赤芽萌えたつ頃となりわが犢鼻褌を自ら洗ふ 斎藤茂吉の短歌を一首ずつ鑑賞、解説しています。『小園』から、斎藤茂吉の主要な代表作の短歌の解説と観賞を記します。

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.