「 七夕 」 一覧

かささぎの渡せる橋におく霜の白きを見れば夜ぞ更けにける 中納言家持

2020/07/07   -百人一首
 

かささぎの渡せる橋におく霜の白きを見れば夜ぞ更けにける 中納言家持の七夕の天の川の橋をモチーフにした、百人一首6の和歌の現代語訳、品詞分解と修辞法の解説、鑑賞を記します。

大伴家持の七夕の和歌 天の川の橋は”かささぎ”の翼【日めくり短歌】

2020/07/07   -万葉集
 

七夕の日にちなむ、大伴家持の七夕の和歌の話題です。 あいにくの天気、夜空の彦星と織姫は無事に会えるでしょうか。 今日の日めくり短歌は、大伴家持の七夕にちなんだ短歌、百人一首の6番目の和歌のご紹介です。

七夕の短歌 近代から現代短歌 正岡子規 与謝野晶子 宮柊二 岡野弘彦 米川千嘉子他

2019/07/06   -テーマ別短歌
 

七夕短歌の歴史は古く、七夕伝説は古く万葉集の時代には伝わっており、七夕を題材にたくさんの和歌が詠まれています。 このページでは近代から現代短歌の七夕を題材にした短歌を集めました。

七夕の短歌・和歌 万葉集-古今和歌集 柿本人麻呂 山上憶良 建礼門院 藤原定家 紀貫之

2018/07/08   -テーマ別短歌, 万葉集
 

七夕の短歌の歴史は古く、万葉集にも七夕の巻は収められています。 万葉集から古今和歌集の古い時代の七夕の短歌を集めてみました。 今年は、彦星こと牽牛星と織姫、織女の一年に一度の逢いは遂げられるでしょうか ...

柿本人麻呂作の七夕歌 万葉集で斎藤茂吉が考えるもの

  万葉集には、七夕を詠んだ短歌が98首あります。 そのうち前半は柿本人麻呂歌集にあるものです。この歌集には、人麻呂作とそうでないものが混在して収められていますが、その中から、斎藤茂吉が考え ...

万葉集の七夕歌 柿本人麻呂他98首 山上憶良 湯原王

2018/02/04   -万葉集
 ,

今年も七夕の日がやってきましたね。万葉集に載っている七夕の短歌をこちらにまとめておきます。 万葉集以後の、現代短歌を含む七夕の短歌を読みたい方は、下の記事からご覧くださいね。

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.