「 歌会始 」 一覧

眞子さまの和歌 歌会始の短歌の意味 「月」は夏目漱石のアイラブユーとも

2020/01/23   -短歌・和歌
 

眞子様が、歌会始めで詠まれた和歌、短歌の作品が、注目を集めています。 「望月に月の兎が棲まふかと思ふ心を持ちつぎゆかな」の「月」は小室圭さんが記者会見で、眞子様をなぞらえて言った言葉であるのですが、「 ...

歌会始の儀2020年 天皇皇后両陛下と一般の短歌作品一覧

2020/01/17   -短歌・和歌
 

歌会始の儀が16日皇居で開かれました。 天皇皇后両陛下の和歌と、他の皇族の方々の短歌、SNSでも話題になった眞子様の作品と一、般入選の高校三年生の篠田朱里さんの作品についてもお知らせします。

歌会始の儀2020今年のお題は「望」16日午前10時半~

2020/01/16   -ニュース
 

歌会始の儀が、16日皇居宮殿で開かれます。 天皇陛下、皇后陛下もご出席で、御製が披露されます。 歌会始の儀の模様は、NHKテレビ、ラジオでの放送、リアルタイムで、10時半からです。

新皇后雅子様の歌会始の短歌 平成から令和へ 被災地,吾子を詠む

2019/05/01   -令和
 

新天皇が皇太子時代に詠まれた短歌、御製の数々が、「世を思い詠む 令和へ続く歌」として、今朝の朝日新聞に掲載されました。 令和の時代を迎え、新皇后となられた、雅子様の短歌をご紹介します。

新天皇陛下の短歌 平成から令和へ 皇太子時代の歌会始の御歌

2019/05/01   -令和
 

新天皇が皇太子時代に詠まれた短歌、御製の数々が、「世を思い詠む 令和へ続く歌」として、今朝の朝日新聞に紹介されました。 令和の時代を迎えた、新天皇の御製、短歌をご紹介します。

「歌会始の儀」天皇皇后の詠まれた和歌他短歌全作品 お題は「光」

2019/01/17   -短歌・和歌
 

平成最後となる「歌会始の儀」が16日、皇居・宮殿で催されました。今年のお題は「光」。天皇、皇后両陛下にとっては、今回が最後の歌会となります。 天皇皇后、その他の皇族の御歌の他、一般から選ばれた作品をご ...

歌会始とは、お題とは?解説 皇居で歌会始の儀

2019/01/16   -現代短歌
 

歌会始、うたかいはじめ、が今日開かれます。 皇居で開かれる「歌会」ですが、いったいどんなものなのでしょうか。 「歌会始」についてわかりやすく解説します。

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.