「教科書の短歌」 一覧

昼ながら幽かに光る蛍一つ孟宗の藪を出でて消えたり 北原白秋

2021/04/19   -教科書の短歌
 

昼ながら幽かに光る蛍一つ孟宗の藪を出でて消えたり 北原白秋の『雀の卵』収録のこの歌は、序文にある写生に始まる「象徴的筆法」の追求を実践する作品です。 一首の意味と表現技法について記し ます。

掛詞 縁語 序詞 本歌取り 和歌の修辞技法をわかりやすく解説

2021/04/14   -教科書の短歌
 

掛詞、縁語、序詞は和歌でよく使わる、短歌独特の修辞、表現方法です。 掛詞とはなにか、その他に、本歌取りと合わせて、わかりやすく解説します。

掛詞とは 和歌の表現技法の見つけ方を具体的用例をあげて解説

2021/04/14   -教科書の短歌
 

掛詞というのは、古文の和歌にたいへん多く使われる修辞法の一つです。 掛詞の定義と具体的な和歌の用例をあげ、見つけ方を解説します。

反語を使った表現 古文・古典短歌の文法解説

2021/04/13   -教科書の短歌
 

「反語」は間違いやすい古典の表現で、短歌においてもよく見られる修辞の一つです。 堀辰雄の『風立ちぬ』の「いざ生きめやも」の例もあります。ここでは短歌を例文に、反語表現について解説します。

係り結びとは 短歌・古典和歌の修辞・表現技法解説

2021/04/13   -教科書の短歌
 

係り結びは、和歌や短歌に多く見られる修辞、短歌の表現技法の一つです。 この記事では、係り結びの使われた短歌の有名な作品をあげて、短歌の主要な技法である係り結びについて解説します。

思ひつつ寝ればや​人の見えつらむ夢と知りせば覚めざらましを 小野小町

2021/04/13   -教科書の短歌
 

思ひつつ寝ればや​人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを 小野小町の有名な和歌、代表的な短歌作品の現代語訳と句切れと語句、小野小町の短歌の特徴と合わせて解説します。

葛の花踏みしだかれて色あたらしこの山道を行きし人あり 釈迢空

2021/03/31   -教科書の短歌

葛の花踏みしだかれて色あたらしこの山道を行きし人あり 釈迢空の代表短歌作品の現代語訳と句切れ、表現技法について記し ます。 高校の教科書や教材に取り上げられる作品です。

草わかば色鉛筆の赤き粉のちるがいとしく寝て削るなり 北原白秋

2021/03/29   -教科書の短歌
 

草わかば色鉛筆の赤き粉のちるがいとしく寝て削るなり 北原白秋の代表短歌作品の現代語訳と句切れ、表現技法について記し ます。 高校の教科書や教材に取り上げられる作品です。

序詞とは 枕詞との違いと見分け方 和歌の用例一覧

2021/01/18   -教科書の短歌
 ,

序詞(じょことば)とは和歌に見られる修辞法の一つで、特定の語の前に置いて、比喩や掛詞、同音語などの関係に係る言葉のことを指します。 難しいと言われる序詞の見分け方、見つけ方のコツと序詞と枕詞との違いと ...

枕詞とは その意味と主要20一覧と和歌の用例

2021/01/15   -教科書の短歌
 ,

枕詞は短歌や和歌に使われる言葉で、それ自体に意味はなく、次の言葉を引き出す主に5文字の言葉をいいます。 枕詞とは何か、主要な枕詞を一覧に示し、和歌の用例をあげながら解説します。

一本の樫の木やさしその中に血は立ったまま眠れるものを 寺山修司

2020/06/12   -教科書の短歌
 

一本の樫の木やさしその中に血は立ったまま眠れるものを 寺山修司の有名な短歌代表作品の訳と句切れ、文法や表現技法について解説、鑑賞します。

金色のちひさき鳥のかたちして銀杏ちるなり夕日の岡に 与謝野晶子

金色のちひさき鳥のかたちして銀杏ちるなり夕日の岡に 与謝野晶子の教科書掲載の代表的な短歌、この歌の句切れ、倒置と比喩などの表現技法、現代語訳と意味、文法や語句を含めて、鑑賞、解説します。

わがシャツを干さん高さの向日葵は明日ひらくべし明日を信ぜん/寺山修司

わがシャツを干さん高さの向日葵は明日ひらくべし明日を信ぜん 寺山修司の有名な短歌代表作品の訳と句切れ、文法や表現技法などについて解説、鑑賞します。

教科書の和歌 万葉集より中学高校教材収録作品 現代語訳と解説

2020/03/17   -教科書の短歌

教科書に収録されている、万葉集の和歌を一覧にまとめました。 持統天皇、柿本人麻呂、額田王、山部赤人他の短歌の現代語訳と解説をコンパクトにまとめます。 語の注解と解説、文法と表現技法、解説と鑑賞のポイン ...

短歌の表現技法7つ 比喩, 擬人法, 体言止め, 反復法, 倒置法, 対句, 省略法とは

2020/01/08   -教科書の短歌
 

短歌や和歌の表現技法を知っていますか。試験に出て必ず聞かれることですね。 短歌の表現技法、大まかに言って7種類、比喩, 擬人法, 体言止め, 反復法, 倒置法, 対句, 省略法の各修辞法がどのようなも ...

やわ肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君 与謝野晶子 意味と現代語訳

やわ肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君 与謝野晶子の『みだれ髪』から有名な短歌代表作品の現代語訳と意味、句切れと修辞、文法や表現技法などについて解説、鑑賞します。

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.