「教科書の短歌」 一覧

鯨の世紀恐竜の世紀いづれにも戻れぬ地球の水仙の白 馬場あき子

2022/05/23   -教科書の短歌

鯨の世紀恐竜の世紀いづれにも戻れぬ地球の水仙の白 馬場あき子の有名な短歌代表作、教科書にも掲載されているこの歌の意味と現代語訳、句切れと表現技法を解説、鑑賞します。

行く春や鳥啼魚の目は泪 現代語訳と解説 松尾芭蕉「おくのほそ道」の矢立て始めの句

行く春や鳥啼魚の目は泪 作者松尾芭蕉の教科書掲載の「おくのほそ道」の矢立て始めの俳句の現代語訳と意味の解説、鑑賞を記します。

沓冠の折句の和歌の用例 折句の箇所と現代語訳 「俊頼髄脳」他

沓冠の折句とは折り句の中でも難易度の高いものといわれます。 沓冠折句の和歌の用例を、よく知られた有名な和歌からご紹介します。

折句とは 和歌の技法「かきつばた」「をみなえし」と沓冠の用例

折句というのは、和歌の技法の一つ、折句の用いられた和歌の用例をあげて解説します。在原業平と紀貫之の歌が有名です。

係り結びの逆説 和歌の文法解説

係り結びの逆説について、解説をまとめておきます。 凡河内躬恒の「春の夜のやみはあやなし梅の花色こそ見えねかやはかくるる」が有名です。

風暗き都会の冬は来たりけり帰りて牛乳のつめたきを飲む 前田夕暮

2021/11/07   -教科書の短歌

風暗き都会の冬は来たりけり帰りて牛乳のつめたきを飲む 前田夕暮の歌集『生くる日に』の代表作短歌として知られる有名な歌、教科書にも掲載されている短歌の解説と鑑賞、現代語訳と句切れ、表現技法について記しま ...

岡に来て両腕に白い帆を張れば風は盛んな海賊の歌 斎藤史

2021/10/11   -教科書の短歌

岡に来て両腕に白い帆を張れば風は盛んな海賊の歌 斎藤史 斎藤史の代表的な短歌作品の現代語訳と句切れ、表現技法について記し ます。 教科書や教材に取り上げられる作品です。

ゆく秋の大和の国の薬師寺の塔の上なる一ひらの雲 佐佐木信綱

2021/10/07   -教科書の短歌

ゆく秋の大和の国の薬師寺の塔の上なる一ひらの雲 佐佐木信綱の代表的な短歌作品の現代語訳と句切れ、表現技法について記し ます。 教科書や教材に取り上げられる作品です。

邑山の松の木むらに、日はあたり ひそけきかもよ。旅びとの墓 折口信夫

2021/10/06   -教科書の短歌

邑山(むらやま)の松の木むらに、日はあたり ひそけきかもよ。旅びとの墓 釈迢空の代表的な短歌作品の現代語訳と句切れ、表現技法について記し ます。 教科書や教材に取り上げられる作品です。

薄明のわが意識にてきこえくる青杉を焚く音とおもひき 表現技法 佐藤佐太郎

薄明のわが意識にてきこえくる青杉を焚く音とおもひき 佐藤佐太郎の教科書や教材にも取り上げられている代表的な短歌作品の現代語訳と句切れと語句を解説します。

白埴の瓶こそよけれ霧ながら朝はつめたき水くみにけり 長塚節

2021/05/07   -教科書の短歌
 

白埴の瓶こそよけれ霧ながら朝はつめたき水くみにけり 長塚節の歌集『鍼のごとく』にある代表作短歌を解説、鑑賞します。 国語の教科書や教材に取り上げられる作品です。

みづうみの氷は解けてなほ寒し三日月の影波にうつろふ 島木赤彦

2021/05/02   -教科書の短歌
 

みづうみの氷は解けてなほ寒し三日月の影波にうつろふ 島木赤彦の教科書や教材にも取り上げられている代表的な短歌作品の現代語訳と句切れと語句を解説します。

馬追虫の髭のそよろに来る秋はまなこを閉じて想ひみるべし 長塚節

2021/04/30   -教科書の短歌
 

馬追虫(うまおひ)の髭のそよろに来る秋はまなこを閉じて想ひみるべし 長塚節の序詞を使った短歌の解説です。 句切れや表現技法、文法の解説と、鑑賞のポイントを記します。

信濃路はいつ春にならん夕づく日入りてしまらく黄なる空の色 島木赤彦

2021/04/29   -教科書の短歌
 

信濃路はいつ春にならん夕づく日入りてしまらく黄なる空の色 島木赤彦の晩年の病臥中の一首。教科書や教材にも取り上げられている代表的な短歌作品の現代語訳と句切れと語句を解説します。

牡丹花は咲き定まりて静かなり花の占めたる位置のたしかさ 木下利玄

2021/04/27   -教科書の短歌

牡丹花は咲き定まりて静かなり花の占めたる位置のたしかさ 木下利玄の教科書に採録された短歌の現代語訳と品詞分解、句切れと修辞法を解説します。

さざなみや志賀の都は荒れにしを昔ながらの山桜かな 平忠度

2021/04/25   -教科書の短歌

ささなみや志賀の都は荒れにしを昔ながらの山桜かな 平忠度の有名な和歌、高校の教科書や教材にも取り上げられている歌の代表的な短歌作品の現代語訳と句切れと語句を解説します。

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.