「教科書の短歌」 一覧

夏蝶の屍をひきてゆく蟻一匹どこまでゆけどわが影を出ず/寺山修司解説と鑑賞

2019/12/12   -教科書の短歌

「夏蝶の屍をひきてゆく蟻一匹どこまでゆけどわが影を出ず」 寺山修司の有名な短歌代表作品の訳と句切れ、文法や表現技法などについて解説、鑑賞します。 ・教科書掲載の短歌一覧は↓ 高校教科書の現代短歌掲載作 ...

森駈けてきてほてりたるわが頬をうずめんとするに紫陽花くらし/寺山修司解説と鑑賞

2019/12/11   -教科書の短歌
 

「森駈けてきてほてりたるわが頬をうずめんとするに紫陽花くらし」寺山修司の有名な短歌代表作品の訳と句切れ、文法や表現技法などについて解説、鑑賞します。 ・教科書掲載の短歌一覧は↓ 高校教科書の現代短歌掲 ...

海恋し潮の遠鳴りかぞえては少女となりし父母の家/句切れと意味与謝野晶子

「海恋し潮の遠鳴りかぞえては少女となりし父母の家」 与謝野晶子の有名な短歌代表作品の現代語訳と意味、句切れと修辞、文法や表現技法などについて解説、鑑賞します。

清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしき 与謝野晶子表現技法

2019/11/26   -教科書の短歌

清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしき。与謝野晶子の有名な短歌代表作品の現代語訳と意味、句切れと修辞、文法や表現技法などについて解説、鑑賞します。

この味がいいねと君が言ったから七月六日はサラダ記念日 俵万智 現代語訳,表現技法,句切れ,体言止め解説

2019/11/20   -教科書の短歌
 

「この味がいいねと君が言ったから七月六日はサラダ記念日」 中学校の教科書に掲載されている歌人、俵万智さんの有名な短歌代表作品の現代語訳と句切れ,表現技法などについて解説します。 ・教科書掲載の短歌一覧 ...

何となく君に待たるるここちして出でし花野に夕月夜かな 与謝野晶子表現技法

「何となく君に待たるるここちして出でし花野に夕月夜かな」 与謝野晶子の有名な短歌代表作品の現代語訳と意味、句切れと修辞、文法や表現技法などについて解説、鑑賞します。

列車にて遠く見ている向日葵は少年のふる帽子のごとし 寺山修司解説と鑑賞

2019/11/10   -教科書の短歌
 

「列車にて遠く見ている向日葵は少年のふる帽子のごとし」寺山修司の有名な短歌代表作品の訳と句切れ、文法や表現技法などについて解説、鑑賞します。 ・教科書掲載の短歌一覧は↓ 高校教科書の現代短歌掲載作品一 ...

つばくらめ空飛びわれは水泳ぐ一つ夕焼けの色に染まりて 馬場あき子解説と鑑賞

2019/11/06   -教科書の短歌

「つばくらめ空飛びわれは水泳ぐ一つ夕焼けの色に染まりて」馬場あき子の有名な短歌代表作、教科書にも掲載されているこの歌の意味と現代語訳、句切れや倒置など文法、表現技法を解説、鑑賞します。

細胞のなかに奇妙な構造のあらわれにけり夜の顕微鏡/永田紅 意味と鑑賞

2019/09/08   -教科書の短歌

「細胞のなかに奇妙な構造のあらわれにけり夜の顕微鏡」永田紅の有名な短歌代表作の一首、教科書に掲載されているこの歌の意味と現代語訳、文法、表現技法を解説、鑑賞します。

その子二十櫛にながるる黒髪のおごりの春のうつくしきかな/与謝野晶子表現技法

「その子二十櫛にながるる黒髪のおごりの春のうつくしきかな」 与謝野晶子の有名な短歌代表作品の現代語訳と意味、句切れと修辞、文法や表現技法などについて解説、鑑賞します。

シャボンまみれの猫が逃げ出す午下がり永遠なんてどこにも無いさ/穂村弘 鑑賞と解説

2019/07/16   -教科書の短歌
 

「シャボンまみれの猫が逃げ出す午下がり永遠なんてどこにも無いさ」穂村弘さんの有名な短歌代表作品の訳と句切れ、文法や表現技法などについて解説、鑑賞します。 ・教科書掲載の短歌一覧は↓ 教科書の短歌 中学 ...

君の歌うクロッカスの歌も新しき家具のひとつに数えんとする/寺山修司訳,句切れ,解説,

2019/06/11   -教科書の短歌
 

「君の歌うクロッカスの歌も新しき家具のひとつに数えんとする」寺山修司の有名な短歌代表作品の訳と句切れ、文法や表現技法などについて解説、鑑賞します。 ・教科書掲載の短歌一覧は↓ 高校教科書の現代短歌掲載 ...

高校教科書の現代短歌掲載作品一覧 栗木京子,俵万智,寺山修司,大西民子

2019/06/11   -教科書の短歌

高校教科書に収録されている短歌を一覧にまとめました。 読み方や言葉の難しい古い時代の短歌の方には、わかりやすい現代語訳、語の注解と解説、文法と表現技法、解説と鑑賞のポイントも加えています。

春の鳥な鳴きそ鳴きそあかあかと外の面に草に日の入る夕/北原白秋 句切れ,表現技法,体言止め

2019/06/07   -教科書の短歌
 

「春の鳥な鳴きそ鳴きそあかあかと外の面に草に日の入る夕」の北原白秋の代表短歌作品の現代語訳と句切れ、表現技法について記し ます。 高校の教科書に掲載されている作品です。

高校教科書の短歌 掲載作品一覧 近代短歌 正岡子規,斎藤茂吉他

2019/06/05   -教科書の短歌

高校教科書に収録されている短歌を一覧にまとめました。 読み方や言葉の難しい古い時代の短歌の方には、わかりやすい現代語訳、語の注解と解説、文法と表現技法、解説と鑑賞のポイントも加えています。

校庭の地ならし用のローラーに座れば世界中が夕焼け/穂村弘 訳,句切れ,体言止め解説,鑑賞

2019/05/21   -教科書の短歌

「校庭の地ならし用のローラーに座れば世界中が夕焼け」穂村弘さんの有名な短歌代表作品の訳と句切れ、文法や表現技法などについて解説、鑑賞します。 ・教科書掲載の短歌一覧は↓ 教科書の短歌 中学校教材に収録 ...

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.