「教科書の短歌」 一覧

深々と人間笑ふ声すなり谷一面の白百合の花/北原白秋短歌代表作品 現代語訳と句切れ,表現技法

2018/10/25   -教科書の短歌
 

「深々と人間笑ふ声すなり谷一面の白百合の花」の北原白秋の代表短歌作品の現代語訳と句切れ、表現技法について記し ます。 中学校の教科書に掲載されている作品です。

海を知らぬ少女の前に麦藁帽のわれは両手を広げていたり 寺山修司短歌代表作品 現代語訳と句切れ,表現技法

2018/10/20   -教科書の短歌
 

「海を知らぬ少女の前に麦藁帽のわれは両手を広げていたり」寺山修司の有名な短歌代表作品の現代語口語訳と句切れ,表現技法、解釈などについて解説します。

教科書の短歌解説 近代歌人の作品 正岡子規 斎藤茂吉 若山牧水 石川啄木 与謝野晶子

2018/10/03   -教科書の短歌

教科書に収録されている短歌を一覧にまとめました。 中学校と高校の教科書や教材に取り上げられる短歌の一覧です。 読み方や言葉の難しい古い時代の短歌の方には、わかりやすい現代語訳、語の注解と解説、文法と表 ...

観覧車回れよ回れ想ひ出は君には一日我には一生/栗木京子/句切れ,体言止め解説

2018/09/28   -教科書の短歌

「観覧車回れよ回れ想ひ出は君には一日我には一生」栗木京子さんの苦しいまでに切ない恋愛の短歌、教科書にも掲載されているこの歌をあらためて味わってみようと思います。

夕焼け空焦げきはまれる下にして氷らんとする湖のしずけさ 島木赤彦の初期短歌代表作品

2018/03/19   -教科書の短歌
 

夕焼け空焦げきはまれる下にして氷らんとする湖のしずけさ 島教科書や教材にも取り上げられている木赤彦の代表的な短歌作品の現代語訳と句切れと語句を解説します。

瓶にさす藤の花ぶさみじかければたたみの上にとどかざりけり 正岡子規

2018/03/09   -教科書の短歌
 

瓶(かめ)にさす藤の花ぶさみじかければたたみの上にとどかざりけり 正岡子規の代表作ともいわれる有名な短歌にわかりやすい現代語訳を付けました。 各歌の句切れや表現技法、文法の解説と、鑑賞のポイントを記し ...

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.