「短歌・和歌」 一覧

ああ阜月仏蘭西の野は火の色す君も雛罌粟われも雛罌粟 与謝野晶子

2020/07/14   -短歌・和歌
 

ああ阜月仏蘭西の野は火の色す君も雛罌粟われも雛罌粟 作者与謝野晶子が夫鉄幹と共にフランスに滞在した時の作品。 与謝野晶子の短歌代表作の中でも、有名な歌の現代語訳と解説鑑賞を記します。

岡井隆の短歌代表作品と九州出奔前後の歌

2020/07/12   -短歌・和歌
 

岡井隆氏の訃報が伝わりました。92歳でした。 現代短歌の最前線で活躍した歌人、忘れられない作品が数多くあります。 岡井隆氏の代表作の短歌をご紹介します。

与謝野晶子とスペイン風邪、子どもを詠んだ短歌 10人の子だくさん

2020/06/22   -短歌・和歌
 

与謝野晶子がスペイン風邪で子供を亡くしたという、誤った情報が一時期ネットで出回りました。 亡くなったわけではなくて、与謝野晶子の家族がかかったということが本当のようです。 与謝野晶子とスペイン風邪に関 ...

スペイン風邪にかかった芥川龍之介の俳句と辞世の句

2020/06/08   -短歌・和歌
 

芥川龍之介がスペイン風邪に罹患した折に詠んだ俳句があります。 斎藤茂吉の『赤光』を高く評価し、自らも短歌の一種である旋頭歌を詠んでいましたが、俳句も作ったものが残されています。 芥川龍之介のスペイン風 ...

狂歌とは?江戸時代のパロディー「歌よみは下手こそよけれ」

2020/05/29   -短歌・和歌

狂歌とは何でしょうか。短歌とどう違うのでしょうか。 朝日新聞の天声人語欄に「五輪とパロディー」のタイトルで、狂歌が取り上げられていました。 狂歌とは何か、狂歌の代表作とその背景についてお知らせします。

鉦鳴らし信濃の国を行き行かばありしながらの母見るらむか 窪田空穂

2020/05/16   -短歌・和歌

鉦鳴らし信濃の国を行き行かばありしながらの母見るらむか 窪田空穂の有名な代表作短歌、歌の中の語や文法、句切れや表現技法と共に、歌の解釈・解説を記しながら鑑賞します。

栗木京子短歌代表作品 第一歌集『水惑星』他

2020/05/13   -短歌・和歌

栗木京子さんの短歌は、「観覧車回れよ回れ想ひ出は君には一日我には一生」が教材にも取り上げられて一番の代表作と言われています。 栗木京子の他の短歌作品にはどのようなものがあるのでしょうか。 第一歌集の『 ...

岡本かの子の母の短歌と岡本一平が太郎に送った電報

2020/05/10   -短歌・和歌

岡本かの子の短歌が、今日母の日の朝日新聞の天声人語欄に紹介されていました。 芸術家の岡本太郎さんの母として、奔放な生活を送ったかの子がわが子を詠んだ短歌とは、フランス、パリでの太郎との別れの後のことで ...

『万葉集愛の100首』新刊案内 中西進が選ぶ珠玉の「恋愛」の和歌

2020/04/13   -本・歌集

『万葉集愛の100首』、新元号「令和」の発案者といわれる中西進先生の新刊案内が、新聞に掲載されました。 「恋ひ恋ひて逢へる時だに愛しき言尽してよ長くと思はば」他の『万葉集愛の100首』に収録された和歌 ...

北原白秋と良寛の鞠 官能の詩人から童心主義へ

北原白秋と、良寛和尚の鞠(まり)のエピソードを朝日新聞の「うたをよむ」に坂井修一さんが書いていました。 北原白秋が、良寛の鞠を手に入れたというのは本当のことで、白秋の歌集の中にも記されています。白秋と ...

古今和歌集の仮名序とは紀貫之の序文 意味と内容解説 現代仮名遣い

2020/02/28   -短歌・和歌
 

古今和歌集の「仮名序」とは何のことかというと、作者は紀貫之、歌集の最初に記した序文のことです。 仮名序の意味と内容の解説、現代語訳と現代仮名遣いを記します。 テストに役立つ品詞分解や文法解説も併記しま ...

うたた寝に恋しき人を見てしより夢てふものはたのみそめてき/小野小町 意味と解説

2020/02/02   -短歌・和歌

うたた寝に恋しき人を見てしより夢てふものはたのみそめてき 小野小町の有名な和歌、代表的な短歌作品の現代語訳と句切れと語句、小野小町の短歌の特徴と合わせて解説します。

眞子さまの和歌 歌会始の短歌の意味 「月」は夏目漱石のアイラブユーとも

2020/01/23   -短歌・和歌
 

眞子様が、歌会始めで詠まれた和歌、短歌の作品が、注目を集めています。 「望月に月の兎が棲まふかと思ふ心を持ちつぎゆかな」の「月」は小室圭さんが記者会見で、眞子様をなぞらえて言った言葉であるのですが、「 ...

歌会始の儀2020年 天皇皇后両陛下と一般の短歌作品一覧

2020/01/17   -短歌・和歌
 

歌会始の儀が16日皇居で開かれました。 天皇皇后両陛下の和歌と、他の皇族の方々の短歌、SNSでも話題になった眞子様の作品と一、般入選の高校三年生の篠田朱里さんの作品についてもお知らせします。

短歌の表現技法 比喩, 擬人法, 体言止め, 反復法, 倒置法, 対句, 省略法とは

短歌の表現技法を知っていますか。試験に出る時に必ず聞かれることですね。 短歌の表現技法、大まかに言って7種類、比喩, 擬人法, 体言止め, 反復法, 倒置法, 対句, 省略法の各修辞法がどのようなもの ...

木に花咲き君わが妻とならむ日の四月なかなか遠くもあるかな/前田夕暮 解説と鑑賞

2019/12/18   -短歌・和歌

木に花咲き君わが妻とならむ日の四月なかなか遠くもあるかな 前田夕暮の歌集『収穫』で屈指の愛誦歌として知られ、近代の代表歌としても有名なこの歌解説と鑑賞、現代語訳と句切れ、表現技法について記し ます。

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.