「短歌・和歌」 一覧

近代短歌と古典短歌の違い 自由な表現で個性豊か

2022/06/09   -短歌・和歌

近代短歌は古典短歌とどう違うのでしょうか。 近代と古典、それぞれの短歌の作品を比較しながら、その違いについて考えます。

近代短歌の有名な代表作品一覧 歌人別に紹介

2022/06/09   -短歌・和歌

近代短歌の有名な歌人とその作品を一覧にまとめました。 近代短歌の各歌人別に代表的な作品をお知らせします。

近代短歌とは 特徴と成立をわかりやすく解説

2022/06/09   -短歌・和歌

近代短歌というのは、主に明治時代後半から昭和にかけて詠まれた短歌を指します。 近代短歌の特徴と成立についてわかりやすく解説します。

有島武郎の辞世の句の短歌と心中自殺の理由【日めくり短歌】

有島武郎の忌日は、6月9日「星座忌」。 有島武郎は心中自殺によって亡くなりましたが、理由は婚外恋愛のトラブルが発端でした。 きょうの日めくり短歌は、星座忌にちなみ、有島武郎の辞世の短歌と、有島武郎の自 ...

西田幾多郎の名言と短歌 妻子の死から再婚で得た安らぎ【日めくり短歌】

西田幾多郎は日本の哲学者、思索で生まれた名言はもちろんのこと、短歌で自己の心情を表したものも残されています。 きょうの日めくり短歌は、忌日「寸心忌」にちなみ、西田幾多郎の名言と短歌をご紹介します。

「あの胸が岬のように遠かった」NHKドラマ 歌人河野裕子と永田和宏の恋愛と青春

2022/06/06   -短歌・和歌

「あの胸が岬のように遠かった」歌人の河野裕子さんと夫の永田和宏さんの青春時代の交流を描いたNHKドラマが放送されます。 ドラマの内容と代表作短歌をご紹介します。

アララギ派と歌誌『アララギ』についてわかりやすく解説

2022/05/31   -短歌・和歌

アララギ派は短歌のグループ、一派の名称です。アララギとは何か、アララギ派の特徴と代表的な歌人についてわかりやすく解説をまとめます。

曇りなき心の月を先立てて浮世の闇を照らしてぞ行く 伊達政宗の辞世の句

2022/05/24   -短歌・和歌
 

曇りなき心の月を先立てて浮世の闇を照らしてぞ行く 伊達政宗の辞世の句をご紹介します。 きょう5月24日が伊達政宗の命日となります。

ことばの日 言葉の「葉っぱ」の由来は古今和歌集から【日めくり短歌】

ことばの日は5月18日。ことばの漢字「言葉」の由来は、古い時代の短歌に関連します。 きょうの日めくり短歌は「ことばの日」にちなみ、言葉に関する短歌をご紹介します。

「世の中に人の来るこそうるさけれ」太田蜀山人作狂歌をもじった内田百閒

内田百閒は、夏目漱石の同僚で友人の作家、随筆家。 有名でよく知られている歌に、太田蜀山人の狂歌「世の中に人の来るこそうるさけれ」をもじった歌があります。

山川登美子の代表作短歌

2022/04/15   -短歌・和歌

山川登美子は「明星」の歌人、鉄幹をめぐって与謝野晶子の”恋のライバル”でもありました。 山川登美子の代表作短歌をお知らせします。

灌仏会・花まつりの和歌と短歌【日めくり短歌】

灌仏会、別名花まつりとも言われるこの日は、お釈迦様の誕生日です。 きょうの日めくり短歌は、灌仏会にちなむ短歌をご紹介します。

よそにても風の便りに吾そ 問ふ枝離れたる花の宿りを 平将門の和歌と桔梗塚の歌

平将門は平安時代の武将、3月25日はその命日です。 きょうの日めくり短歌は、平将門の忌日にちなみ、将門の和歌として伝わっている歌をご紹介します。

渋沢栄一をめぐる短歌 追悼歌・娘は歌人の穂積歌子【日めくり短歌】

渋沢栄一の誕生日は、3月16日です。 今日の日めくり短歌は、渋沢栄一の追悼歌と、渋沢栄一の娘である歌人の穂積歌子の歌一首をご紹介します。

千利休の茶道の道歌 利休百首 利休忌に読む教えの和歌【日めくり短歌】

千利休は、豊臣秀吉の時代の有名な茶道家です。 千利休には、茶の道を説いた和歌百首があります。 きょうの日めくり短歌は、千利休の忌日にちなみ、千利休の茶道の道歌百首からご紹介します。

初代神武天皇の建国記念の日の和歌【日めくり短歌】

建国記念日は国の建国を記念する日です。 日本の初代天皇である神武天皇の和歌他、建国記念日に関連する短歌をご紹介します。

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.