「万葉集」 一覧

大伴旅人「酒を讃むる歌」万葉集 現代語訳と解説鑑賞「令和」序文作者

2019/04/12   -万葉集
 ,

新元号「令和」の由来する万葉集の「梅花の歌32首」の序文作者、大伴旅人の短歌代表作には、「酒を讃むる歌」という連作があります。「万葉集」の中でも独創的な内容のもので、大伴旅人の代表作といっていいでしょ ...

大伴旅人の『万葉集』短歌一覧 梅花/鞆の浦/讃酒歌/亡妻挽歌/望郷

2019/04/10   -万葉集
 

新元号「令和」を含む「梅花(ばいか)の歌三十二首」の序文の作者、大伴旅人(おおとものたびと)の万葉集にある短歌・和歌の主要なものを集めました。 なお、長歌は省いて短歌のみを記します。 各歌の現代語訳及 ...

「令和」序文作者 大伴旅人の「望郷の短歌・和歌」我が盛りまたをちめやもほとほとに奈良の都を見ずかなりなむ

2019/04/09   -万葉集
 ,

新元号「令和」の由来する万葉集の「梅花の歌32首」の序文作者、大伴旅人の短歌代表作を引き続きご紹介していきます。 この記事では、九州の太宰府に赴任した大伴旅人が、都を思って詠んだ望郷の短歌を紹介します ...

万葉集の雑歌とはどんな意味?雑煮の由来と「雑」という字

2019/04/08   -万葉集

元旦の朝日新聞一面の「折々の言葉」がおもしろかったので、ご紹介します。。

「令和」序文作者 大伴旅人「妻の短歌」11首解説/我妹子が見し鞆之浦の室の木は常世にあれど見し人ぞなき

2019/04/08   -万葉集
 ,

新元号「令和」の由来する万葉集の「梅花の歌32首」の序文作者、大伴旅人の短歌代表作を引き続きご紹介していきます。 この記事では、大伴旅人が、先に亡くなった妻を詠んだ短歌である「挽歌」、さらに亡くなった ...

万葉集の桜の短歌・和歌/大伴家持 山部赤人 柿本人麻呂歌集から

2019/04/07   -万葉集

万葉集の桜の和歌にはどんなものがあるでしょうか。 新元号「令和」に由来する万葉集の「梅花の歌三十二首」は梅を詠んだものですが、今の季節、万葉集の桜の短歌を集めてみました。

「令和」序文作者 大伴旅人の梅の短歌「後に梅の歌に追和せし4首」解説

2019/04/06   -万葉集, 令和
 ,

新元号「令和」の由来となる「梅花の歌32首」序文、作者の大伴旅人は、序文の他32首の中にも歌を一首、さらに32首の後に梅の短歌4首を追加しています。 大伴旅人の「後に梅の歌に追和せし4首」の短歌につい ...

大伴旅人「梅花の宴」の短歌解説/我が園に梅の花散るひさかたの天より雪の流れ来るかも

2019/04/04   -万葉集, 令和
 ,

令和の語源となった万葉集の「梅花の歌三十二首」から、序文の作者であり、万葉集の主要な歌人である、大伴旅人の短歌を読んでいきたいと思います。

万葉集とは「古代の詩歌集」大伴旅人他有名な歌人と代表作の紹介

2019/04/03   -万葉集

「万葉集」とはどのような本でしょうか?平成の後の新元号が万葉集由来の「令和」に決まったことで、万葉集に注目が集まっています。 そもそも、万葉集とは何なのか、万葉集の代表的な歌人にはどんな人がいるのかを ...

大伴旅人はどんな歌人? 万葉集「梅花の歌」序文の作者と「令和」の舞台

2019/04/03   -万葉集, 令和
 ,

新元号が「令和」の出典は、万葉集の第5巻「梅花の歌」の序文にあります。今度の元号「令和」は文学的な、美しい言葉です。 「令和」を含むその序文を記したのは、大伴旅人だと言われていますが、大伴旅人とはどん ...

万葉集の「梅花の歌32首」序文全文と現代語訳

2019/04/02   -万葉集, 令和
 

平成の後の新元号が、「令和」に決まりました。万葉集の「梅花の歌(ばいかのうた)」の序文「初春の例月に気淑く風和ぐ」から取られた言葉が「令和」です。 この、部分の含まれる序文の全文と、序文とは何かを解説 ...

万葉集の梅の短歌・和歌 新元号「令和」の由来と「梅花の歌32首」

2019/04/01   -万葉集, 令和
 

  新元号が「令和」に決まりました。出典は万葉集の第5巻「梅花の歌」だそうです。 万葉集の「梅花の歌三十二首」を、現代語訳付きでご紹介します。

「万葉調」とは何か/万葉集の三つのジャンル相聞歌,挽歌,雑歌について

2019/03/31   -万葉集

短歌で、しばしば言われる「万葉調」とは何でしょうか。 目に当たったところから各人の定義を抜粋しておこうと思います。

「銀も金も玉も何せむにまされる宝子にしかめやも」山上憶良 子等を思う歌 子どもの短歌

「銀も金も玉も何せむにまされる宝子にしかめやも」山上憶良作の万葉集「子等を思う歌」のもっとも有名な短歌と序文の現代語訳と解説、鑑賞のポイントを掲載します。

憶良らは今は罷らむ子泣くらむそれその母も我を待つらむそ 山上憶良 現代語訳解説,表現技法,句切れ

「憶良らは今は罷らむ子泣くらむ それその母も我を待つらむそ」山上憶良作の万葉集のもっとも有名な短歌の現代語訳と解説、鑑賞のポイントを掲載します。

秋風の短歌 古今集と万葉集から思う人に会えないわびしさと切なさ

2018/09/18   -テーマ別短歌, 万葉集

テレビ朝日の麻のテレビ番組「グッドモーニング」に、ことば検定というコーナーがあるのですが、問題で「秋風が立つ」の意味はというのがあり、今日は新古今集より、紀友則の和歌が取り上げられていました。 今日の ...

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.