「 一握の砂 」 一覧

何がなしに頭の中に崖ありて日毎に土のくづるるごとし 石川啄木

2021/11/02   -石川啄木
 

何がなしに頭の中に崖ありて日毎に土のくづるるごとし 石川啄木『一握の砂』の短歌代表作品にわかりやすい現代語訳をつけました。 歌の中の語や文法、句切れや表現技法と共に、歌の解釈・解説を一首ずつ記します。

馬鈴薯のうす紫の花に降る雨を思へり都の雨に 石川啄木

2021/08/08   -石川啄木
 

馬鈴薯のうす紫の花に降る雨を思へり都の雨に 石川啄木『一握の砂』の短歌代表作品にわかりやすい現代語訳をつけました。 歌の中の語や文法、句切れや表現技法と共に、歌の解釈・解説を一首ずつ記します。

あたらしき背広など着て旅をせむしかく今年も思ひ過ぎたる 石川啄木

あたらしき背広など着て旅をせむしかく今年も思ひ過ぎたる 石川啄木の『一握の砂』の短歌代表作の一つとしてよく知られる一首です。 きょうの日めくり短歌は「服の日」にちなみ、石川啄木の背広の短歌をご紹介しま ...

大形の被布の模様の赤き花今も目に見ゆ六歳の日の恋 石川啄木【日めくり短歌】

大形の被布の模様の赤き花   今も目に見ゆ 六歳の日の恋  石川啄木の「一握の砂」より朝日新聞の「折々のことば」に紹介された短歌です。 きょうの日めくり短歌は、石川啄木の短歌作品をご紹介します。

手套を脱ぐ手ふと休む何やらむこころかすめし思ひ出のあり 石川啄木【日めくり短歌】

手套を脱ぐ手ふと休む何やらむこころかすめし思ひ出のあり 石川啄木 きょう11月23日は、手袋の日。 きょうの日めくり短歌は、歌集『一握の砂』より手袋にちなむ、石川啄木の短歌をご紹介します。

盛岡の中学校の露台(バルコン)の欄干(てすり)に最一度我を倚よらしめ 石川啄木

2020/07/08   -石川啄木
 

盛岡の中学校の露台(バルコン)の欄干(てすり)に最一度我を倚よらしめ 石川啄木『一握の砂』の短歌代表作品にわかりやすい現代語訳をつけました。 歌の中の語や文法、句切れや表現技法と共に、歌の解釈・解説を ...

雨に濡れし夜汽車の窓に映りたる山間の町のともしびの色 石川啄木【日めくり短歌】

「雨に濡れし夜汽車の窓に映りたる山間の町のともしびの色」 今日の日めくり短歌は、石川啄木の歌集「一握の砂」の中の作品です。 啄木が仕事のために移り住んだ函館を去るときの歌とされており、滞在した地への思 ...

雨降ればわが家の人誰も誰も沈める顔す雨霽れよかし/石川啄木【日めくり短歌】

雨降ればわが家の人誰も誰も沈める顔す雨霽(は)れよかし 今日の日めくり短歌は、石川啄木の作品です。

よく笑ふ若き男の死にたらばすこしはこの世さびしくもなれ 石川啄木

2020/06/09   -石川啄木
 

よく笑ふ若き男の死にたらばすこしはこの世さびしくもなれ 石川啄木『一握の砂』の短歌代表作品にわかりやすい現代語訳をつけました。 歌の中の語や文法、句切れや表現技法と共に、歌の解釈・解説を一首ずつ記しま ...

己が名をほのかに呼びて涙せし十四の春にかへる術なし/石川啄木

2020/05/06   -石川啄木
 

己が名をほのかに呼びて涙せし十四の春にかへる術なし 石川啄木『一握の砂』の短歌代表作品にわかりやすい現代語訳をつけました。 歌の中の語や文法、句切れや表現技法と共に、歌の解釈・解説を一首ずつ記します。

石をもて追はるるごとくふるさとを出でしかなしみ消ゆる時なし/石川啄木

2020/04/28   -石川啄木
 

石をもて追はるるごとくふるさとを出でしかなしみ消ゆる時なし 石川啄木『一握の砂』の短歌代表作品にわかりやすい現代語訳をつけました。 歌の中の語や文法、句切れや表現技法と共に、歌の解釈・解説を一首ずつ記 ...

「我を愛する歌」石川啄木全短歌作品の現代語訳と解説

2020/04/24   -石川啄木
 

『一握の砂』石川啄木の全作品に現代語訳と解説を付けました。 『一握の砂』は石川啄木の第一歌集、5章に分かれており、この記事では『一握の砂』の最も最初の章「我を愛する歌」の部分の全作品を取り上げます。

明星派から出発した石川啄木の短歌 平田オリザ『一握の砂』紹介

2020/04/18   -石川啄木
 

石川啄木は歌集『一握の砂』に至る前は、明星派に所属していました。 平田オリザさん(劇作家・演出家)が、朝日新聞のコラム「古典百名山」に石川啄木の『一握の砂』の紹介、コラムを読みながら石川啄木の短歌のス ...

「一度でも我に頭を下げさせし人みな死ねといのりてしこと」の人とは誰?/啄木短歌の背景

2020/02/19   -石川啄木
 

一度でも我に頭を下げさせし人みな死ねといのりてしこと 石川啄木の短歌の中でよく知られている歌です。 タレントの林修先生が、石川啄木の作品で好きな歌としてこの短歌をあげていましたが、この歌の「人」という ...

石川啄木『一握の砂』の短歌代表作30首解説と鑑賞

2020/02/18   -石川啄木
 

石川啄木の短歌を収めた第一歌集『一握の砂』には、どのような短歌があるのでしょうか。 『一握の砂』の有名な短歌と読んでおきたい作品を30首選び、わかりやすい現代語訳をつけました。 歌の中の語や文法の解説 ...

たはむれに母を背負ひてそのあまり軽きに泣きて三歩あゆまず 石川啄木

2019/11/19   -石川啄木
 

「たはむれに母を背負ひてそのあまり軽きに泣きて三歩あゆまず」、石川啄木『一握の砂』の短歌代表作品にわかりやすい現代語訳をつけました。 歌の中の語や文法、句切れや表現技法と共に、歌の解釈・解説を一首ずつ ...

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.