「 百人一首 」 一覧

花の色は移りにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに/小野小町 表現技法と意味

2020/01/27   -短歌・和歌
 

花の色は移りにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに 小野小町の有名な和歌、代表的な短歌作品の現代語訳と句切れと語句、小野小町の短歌の特徴と合わせて解説します。

万葉集と百人一首に共通する和歌の違い「田子の浦ゆうち出でてみれば真白にぞ富士の高嶺に雪は降りつつ」

2019/12/02   -万葉集
 

万葉集と百人一首両方に収録された和歌のうち、「田子の浦ゆうち出でてみれば真白にぞ富士の高嶺に雪は降りつつ」の改作部分について解説をします。 万葉集と百人一首両方に収録された和歌には、他にどんなものがあ ...

万葉集と百人一首に共通する和歌の違い「春過ぎて夏きたるらし白妙の衣干したり天の香久山」

2019/12/02   -万葉集
 

万葉集と百人一首両方に収録された和歌のうち、「春過ぎて夏きたるらし白妙の衣干したり天の香久山」の改作部分について解説をします。 万葉集と百人一首両方に収録された和歌には、他にどんなものがあるでしょうか ...

見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ 藤原定家「三夕の歌」

「見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ」 藤原定家作のこの歌は、秋の夕暮れを詠う「三夕の歌」として古くから親しまれている短歌です。 新古今和歌集の藤原定家の有名な短歌、和歌の解説と鑑賞です ...

紅葉・黄葉の有名な短歌・和歌 万葉集、百人一首より

2019/11/22   -万葉集
 

紅葉の短歌にはどんなものがあるでしょうか。 万葉集から紅葉を詠んだ秀歌には柿本人麻呂が多くあります。その後の時代の百人一首の紅葉の歌も広く知られています。 紅葉に関する有名でよく知られた短歌を集めてみ ...

百人一首の有名な代表作和歌20首!藤原定家選の小倉百人一首について

2019/05/27   -短歌・和歌
 

百人一首の有名で代表的な和歌、すなわち短歌を 20首選んであげてみました。 百人一首は藤原定家が書いた色紙が元になっているもので、その絵柄を元にした歌かるたでよく知られていますね。 この機会に、百人一 ...

『百人一首という感情』『千年後の百人一首』最果タヒ

2018/12/02   -本・歌集
 

詩人の最果タヒさんが百人一首を現代語訳した本『千年後の百人一首』に続いて、現代語訳に際して感じたことを綴った『百人一首という感情』を刊行されました。 おもしろい本で、つい笑ってしまいました。和歌の本で ...

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.