「 詩 」 一覧

「母の声」「私の耳は貝の殻 海の響きを懐かしむ」堀口大學の詩

2019/10/11   -詩歌
 

堀口大學の詩に「母の声」という詩があります。 母への思慕をうたう、美しい詩ですが、もうひとつ、堀口大學の有名なコクトーの訳詞「私の耳は貝の殻」には、声を”聴く”共通のキーワードと言うべき「耳」の言葉が ...

「雪の日」田中冬二 詩の中にある見えないものと見えないもの 詩集「青い夜道」

2018/12/29   -詩歌
 

昨日は私の住む町にも、風に吹かれて一瞬雪が舞いました。思い出す、田中冬二さんのやさしい詩をご紹介します。

5月12日は草野心平の生まれた日 蛙を題材にした詩を書き続けた詩人

2018/05/12   -詩歌
 

今日5月12日は、詩人草野心平の生まれた日です。 蛙を題材にした独創的な詩を書いた比類のない詩人です。

「折々のことば」朝日新聞コラムより「集まれヨーグルト」 詩の言葉の不思議

2018/03/01   -エッセイ, 未分類, 詩歌
 

朝日新聞一面の朝刊コラム「折々のことば」の今朝はおもしろかった。 とりあげられた今日の言葉は「あつまれ」。

太郎を眠らせ太郎の屋根に雪ふりつむ「雪」三好達治 鑑賞と解説

2018/02/04   -詩歌
 

日本語のもっとも好きな詩を問われたらこの詩をあげたい。     雪     三好達治 太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。 次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。 言葉の数が少ないために、いろいろな ...

「手紙」~鈴木敏史のやさしい詩 「星の美しい村」

2018/02/02   -詩歌
 

鈴木敏史(すずきとしちか)さんの「手紙」の詩、それから「星の美しい村」のご紹介です。

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.