「 月別アーカイブ:2019年04月 」 一覧

新しき年の初めの初春の今日降る雪のいやしけ吉事/大伴家持/万葉集解説

2019/04/29   -万葉集
 

「新しき年の初めの初春の今日降る雪のいやしけ吉事」大伴家持作の万葉集の有名な短歌を鑑賞、解説します。 大伴家持は、令和序文作者大伴旅人の息子に当たり、万葉集の編纂をした歌人の一人と言われています。

東の野に炎の立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ/柿本人麻呂/万葉集解説

2019/04/27   -万葉集
 

東の野に炎の立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ、柿本人麻呂作、万葉集の有名な和歌を鑑賞、解説します。

春過ぎて夏来るらし白たへの衣干したり天の香具山/持統天皇/万葉集解説

2019/04/27   -万葉集
 

「春過ぎて夏来るらし白たへの衣干したり天の香具山」持統天皇作、万葉集の代表的な和歌を鑑賞、解説します。

あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る/額田王の有名な問答歌

2019/04/27   -万葉集
 

「あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る」額田王作の万葉集の有名な和歌です。 万葉集の代表的な歌人の一人額田王の「蒲生野問答歌」を鑑賞、解説します。

『平成万葉集』第2回 テーマ「男と女」から河野裕子・永田和宏夫妻の短歌

2019/04/26   -平成万葉集

元号が変わる前の平成最後の年にテレビ番組として編まれた『平成万葉集』。 短歌人口百万の中から選りすぐった平成こころの歌、平成30年を短歌でたどるというものでした。 その中から、歌人の永田和宏、河野裕子 ...

『平成万葉集』第2回短歌全作品 テーマ「男と女」4月24日NHKBS放送分

2019/04/25   -平成万葉集

24日NHKBSプレミアムで放送の『平成万葉集』第2回、番組内で掲載された短歌全作品をご紹介します。

『平成万葉集』第2回テーマ「男と女」24日番組予告/BSプレミアム9時

2019/04/24   -平成万葉集

一般の人々の短歌を紹介するNHKテレビ番組「平成万葉集」の第2回目が今日の夜、放送されます。 生田斗真と吉岡里帆さんが、平成を生きた人々の心模様を旅します!

万葉集の有名な恋の短歌30首(1)額田王,柿本人麻呂,大津皇子,石川郎女

2019/04/23   -万葉集

新元号が「令和」となるにあたって、万葉集が注目されるようになりました。 万葉集には、3つのジャンルがあり、そのひとつ「相聞(そうもん)」の歌というのは、恋愛の歌のことです。万葉集の恋の歌の有名なものを ...

「万葉集と令和」松村正直朝日新聞短歌時評/梅花の歌32首/海行かば

2019/04/21   -令和

今日の朝日歌壇の短歌時評コラム「うたをよむ」に、歌人の松村正直さんの「万葉集と令和」についての文章が寄せられました。 現代の歌人である松村さんは、今回の「令和」と万葉集が典拠ということについて、どのよ ...

中西進「令和」考案者インタビュー「元号は一国のライフインデックス」

2019/04/20   -令和

政府は新元号「令和」の選考過程で、朝日新聞の取材に対し、複数の政府関係者が「令和」を考案したのは国文学者で、万葉集研究第一人者の中西進氏だったことを認めました。 新聞掲載の中西氏のインタビューから、万 ...

『平成万葉集』第1回テーマ「ふるさと」短歌全作品 NHKBS17日放送

2019/04/18   -平成万葉集

『平成万葉集』第1回がいよいよ放送されました! 第1回目のテーマは「ふるさと」。全短歌作品をこちらにご紹介します。

『平成万葉集』番組予告17日9時BSプレミアム/第1回テーマ「ふるさと」

2019/04/17   -平成万葉集

一般の人々の短歌を紹介するNHKテレビ番組「平成万葉集」の第1回目が今日の夜、放送されます。 生田斗真と吉岡里帆さんが、平成を生きた人々の心模様を旅します!

「令和」と万葉集に学者が警鐘「庶民の歌」でない「忠君愛国」に利用

2019/04/16   -令和

新元号「令和」のおかげで万葉集への関心が高まりました。しかし、一方で元号としての「令和」について様々な論議があります。 今朝の新聞では、万葉学者であり、斎藤茂吉の研究家で、このブログでもご紹介している ...

新社会人「うたをよむ」仕事や職業の短歌・現代短歌/朝日新聞 石川啄木

2019/04/14   -テーマ別短歌

春はこれまで学生だった人も社会人になる季節ということで、朝日新聞の「うたをよむ」欄に「新社会人と短歌」というタイトルで、石川啄木と現代短歌から三首紹介されていました。 そこで、今日は仕事に関する短歌、 ...

松浦川七瀬の淀は淀むとも我は淀まず君をし待たむ/大伴旅人の相聞「万葉集」

2019/04/13   -万葉集
 

新元号「令和」の由来する万葉集の「梅花の歌32首」の序文作者、大伴旅人の短歌代表作を引き続きご紹介していきます。 この記事では、大伴旅人の相聞、恋愛の短歌をご紹介します。

大伴旅人「酒を讃むる歌」万葉集 現代語訳と解説鑑賞「令和」序文作者

2019/04/12   -万葉集
 

新元号「令和」の由来する万葉集の「梅花の歌32首」の序文作者、大伴旅人の短歌代表作には、「酒を讃むる歌」という連作があります。「万葉集」の中でも独創的な内容のもので、大伴旅人の代表作といっていいでしょ ...

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.