テーマ別短歌

中秋の名月 月を詠んだ和歌・名歌 万葉集と古今和歌集より

更新日:

「中秋の名月」は今日13日。
古来より、洋の東西を問わず、月は万人に眺められ、人の心に光を投げかけてきました。

きょうは月を題材に詠んだ短歌と和歌を集めてみました。

スポンサーリンク



中秋の名月

 

今日は中秋の名月。中秋の名月とは、中秋の名月、旧暦(太陰太陽暦)の8月15日の夜に見える月のことをいいます。

今年は、今日9月13日がその日に当たり中秋の名月をめでる習慣(月見、観月)は、平安時代(9世紀ごろ)に中国から伝わったと言われています。

中秋の名月と満月

中秋の名月の日は満月なのかというと、必ずしもそうではないようで、満月は明日の夜になるそうです。

もっとも、今日の月も限りなく丸に満月に近い月となっていますので、あまりこだわる必要はないですね。

 

月を詠んだ和歌

月を詠んだ短歌や和歌は、古い時代から数限りなくあります。それだけに身近な題材であるといえるでしょう。

いちばん有名な歌と問われてまず思い浮かぶのはやはり、藤原道長の下の歌、

この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば

作者の藤原道長は、平安時代の貴族であり、この時、藤原氏は政治の実権を握っていました。

「この世をばわが世とぞ思ふ」、世界は自分の物だ、と歌に詠むほどに、一族は栄華を極めていました。

「望月」というのは、満月のこと。それが自分の望みに欠けたところがないということと重ねてあらわしたものです。

藤原氏一族の栄華を極めた心境が推し量れる一首ということで、短歌としてというよりも、そのような歴史の証としても、よく取り上げられて、人々に記憶されています。

他の月の有名な短歌を続けてあげます。

 

有明のつれなく見えし別れより暁ばかり憂きものはなし

読み:ありあけの つれなくみえし わかれより あかつきばかり うきものはなし

作者と出典

壬生忠岑(みぶのただみね) 古今和歌集

意味

あなたとの別れのときも有明の月が残っていました。それ以来、有明の月が残る夜明けほど辛いものはありません

鑑賞

「有明」というのは、「夜明の月」のこと。別れの時に見た月がいつでもそのつらい気持ちを呼び起こしてしまうというものです。

このようなモチーフには、もちろん、太陽よりも月がぴったり合うものです。

 

月やあらぬ春や昔の春ならぬわが身ひとつはもとの身にして

読み:つきやあらぬ はるやむかしの はるならぬ わがみひとつは もとのみにして

作者と出典

在原業平 古今和歌集

意味

月は昔と同じ月ではないのだろうか、春は昔と同じ春ではないのだろうか。 私だけは去年とかわらず、あなたを思っているままなのに

鑑賞

在原業平という人は、いわゆるプレイボーイだったと言われていますが、とにかく歌はすばらしい。

この才覚をもってしては、女性への人気が上がっても当然という気がします。

 

天の原ふりさけみれば春日なる三笠の山に出(いで)し月かも

読み:あまのはら ふりさけみれば はるひなる みかさのやまに いでしつきかも

作者と出典

阿倍仲麻呂 古今和歌集 小倉百人一首

意味

長安の天空をふり仰いで眺めると、今見ている月は、むかし奈良の春日にある三笠山に出ていた月と同じ月なのだなあ

解釈

地味に見える歌ですが、この歌は遣唐使の留学生であった、仲麻呂が中国、唐土の地で詠んだもの。

何もかも違う遠く離れた異国の地にて、たった一つ同じ、月を見て望郷の念を詠ったものです。

 

夕闇は路たづたづし月待ちていませわが背子その間にも見む

読み:ゆうやみは みちたずたずし つきまちて いませわがせこ そのまにもみむ

作者と出典

大宅女(おおやけめ) 万葉集 303

意味

どうぞ月が出るまでの間だけでも、ここにいらしてください。 その間だけでも、おそばに居たく思います

鑑賞

万葉集にも月を詠んだ短歌はありますが、この頃は、まだ月見の習慣はありませんでした。

これは、月が主役ではなくて、恋人を送り出す時の恋愛の歌です。

 

東の野に炎の立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ

み:ひんがしの のにかぎろいの たつみえて かえりみすれば つきかたぶきぬ

作者

柿本人麻呂 1-48

現代語訳

東の野に陽炎の立つのが見えて振り返ってみると、月は西に傾いてしまった

この歌については、詳しく別記事に書いてあります。

東の野に炎の立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ/柿本人麻呂/万葉集解説

 

月を詠んだ代表的な短歌を、古今集と万葉集から思いつくままにあげてみました。

今夜の月を眺めながら思い出してくださいね。

アマゾンで無料の短歌の本を読もう!

アマゾンには「Kindle Umlimited」(キンドル アンリミテッド)という、和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスがあります。

利用料は月額980円ですが、申し込み後1ヵ月間は無料なので、その間にお好きな本を読むのがおすすめです。使わなければ、その間に停止の手続きをすれば無料のままです。

amazonで無料の本の探し方

 

アマゾンで表示される本のうち、赤線を引いた部分、「¥0 Kindle Umlimited」の表示のある本は、無料で読める本です。

特に、短歌関連の場合は、万葉集は全巻無料。
それと現代短歌の新鋭短歌シリーズの歌人木下龍也さんや虫武一俊さんんの歌集など、本当に無料でいいのかな、というような本や歌集が軒並み揃っていますので、一度無料期間中にご覧になってみてください。

詳しい内容は下から。





tankakanren

-テーマ別短歌

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.