現代短歌

俵万智短歌代表作まとめ

投稿日:

俵万智の短歌代表作、解説を記した作品を一覧にまとめます。

このページはインデックスです。各短歌の詳しい解説は、個別ページでご覧ください。

スポンサーリンク





俵万智短歌まとめ

当ブログに掲載した、歌人俵万智さんの作品一覧です。

この味がいいねと君が言ったから七月六日はサラダ記念日

作者:俵万智 『サラダ記念日』

他に

白菜が赤帯しめて店先にうっふんうっふんかたを並べる

あいみてののちの心の夕まぐれ君だけがいる風景である

※詳しい解説ページは

この味がいいねと君が言ったから七月六日はサラダ記念日 俵万智

 

思い出の一つのようでそのままにしておく麦わら帽子のへこみ

作者:俵万智 『サラダ記念日』

※詳しい解説ページは
思い出の一つのようでそのままにしておく麦わら帽子のへこみ 現代語訳

 

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ

作者:俵万智 『サラダ記念日』

※詳しい解説ページは
「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ 俵万智 

 

母の住む国から降ってくる雪のような淋しさ 東京にいる

作者と出典

俵万智『サラダ記念日』

※詳しい解説ページは
雪の短歌 北原白秋,穂村弘,俵万智,寺山修司,笹井宏之他

 

さくらさくらさくら咲き初そめ咲き終わりなにもなかったような公園

作者と出典

俵万智『サラダ記念日』

※解説ページは
桜の短歌【現代短歌と和歌】俵万智から西行法師まで

 

万智ちゃんを先生と呼ぶ子らがいて神奈川県立橋本高校

俵万智『サラダ記念日』

 

水蜜桃(すいみつ)の汁吸うごとく愛されて前世も我は女と思う

俵万智『チョコレート革命』

※解説ページは
桃の短歌 現代短歌 水蜜桃の汁吸うごとく愛されて前世も我は女と思う 俵万智

 

家族にはアルバムがあるということのだからなんなのと言えない重み

作者:俵万智 『チョコレート革命』

 

バンザイの姿勢で眠りいる吾子よそうだバンザイ生まれてバンザイ

作者:俵万智 「生まれてバンザイ」

 

赤レンガの屋根に上りて子は雲と話し続けるおーい、おおーい

俵万智『俺がマリオ』

他に

オレが今マリオなんだよ」島に来て子はゲーム機に触れなくなりぬ

島に来て島の子となり卒業すさよなら崎枝小中学校

※解説ページは
畑よりくっきり虹が生えている虹の根元を掘りにいこうか 俵万智『未来のサイズ』

 

制服は未来のサイズ入学のどの子もどの子も未来着ている

作者:俵万智 「未来のサイズ」

※掲載ページ
入学と入学式の短歌 俵万智・土屋文明他【日めくり短歌】

 

畑よりくっきり虹が生えている虹の根元を掘りにいこうか

作者:俵万智『未来のサイズ』

他に

ふいうちでくる涙あり小学校下校の群れとすれ違うとき

日に四度電話をかけてくる日あり息子の声を嗅ぐように聴く

あす会えるあした会えると思うとき子を産む前の夜を思い出す







tankakanren

-現代短歌
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.