教科書の短歌

この味がいいねと君が言ったから七月六日はサラダ記念日 俵万智 現代語訳,表現技法,句切れ,体言止め解説

更新日:

「この味がいいねと君が言ったから七月六日はサラダ記念日」

中学校の教科書に掲載されている歌人、俵万智さんの有名な短歌代表作品の現代語訳と句切れ,表現技法などについて解説します。

・教科書掲載の短歌一覧は↓
教科書の短歌 中学校教材に収録の近代・現代歌人の作品 正岡子規若山牧水石川啄木与謝野晶子他

スポンサーリンク



この味がいいねと君が言ったから七月六日はサラダ記念日

作者:

俵万智 『サラダ記念日』

現代語訳

この歌は、そもそも、日本語の古い言葉である「文語」ではなく、今の言葉の「口語」で詠まれています。

なので、現代語訳の必要はなく、そのままでいいです。

歌の意味

私の作ったサラダの味を「この味がいいね」とあなたがほめてくれたので、今日7月6日は「サラダ記念日」としよう

語の意味と文法解説:

意味も特に難しい言葉はありません。

表現技法と句切れ:

句切れはありませんので、「句切れなし」

「サラダ記念日」の名詞で終わっており、それは「体言止め」

解説と鑑賞

俵万智第一歌集の『サラダ記念日』のタイトルともなった代表作短歌。

以前からよく知られた歌として、親しまれているもの。

普段私たちが使う、平易な口語で詠まれており、難しい言葉は何もないので、一見工夫も何もないように見えるが、「省略」の技法が使われている。

「サラダ記念日」の命名を読み取る

結句は「サラダ記念日」で終わっているのだが、これは、「サラダ記念日」と作者が自ら命名をしたということである。

この「命名をした」という部分は、省略されて、ただ、名詞だけが体言止めで投げ出されているので、読み手が補うことが求められている。

そこに、若干の余韻に似たものがある。まずは、そこに伝わるものがあるかないかが、歌に共感できるかどうかということになる。

「サラダ記念日」命名の理由は?

「この味がいいねと君が言ったから」と「七月六日はサラダ記念日」との間には、直接の因果関係がない。

また、「サラダ記念日」と命名する明確な理由、なぜ、命名するに至ったかも示されていない。

次には読み手は、そこを補って読む必要がある。

作者の心情は?

「サラダ記念日」と命名するには、作者のある心情があるのだが、そこはどうだったのか、読み手が作者の心情に同化をする必要がある。

すなわち「この味がいいね」と君が言ったことに対して、作者の心の反応が「サラダ記念日」に置き換えられて表現をされているだけなのだが、そこに「ほめられてうれしい」という気持ちが隠されている。

作者は「サラダ記念日」を伝えたか?

君に「この味がいいね」と褒められた作者は、言ってみれば飛び上がるほどうれしかったわけなのだが、それを相手に伝えたのだろうか。

「君が言ったから…サラダ記念日」のつながりには、「うれしい」に当たる言葉がなく、作者は君に褒められた時も、内心うれしさにドキドキしながら、その気持ちを大々的には表さなかったのだろう。

しかし、作者の隠したものは、ほめられてうれしい、その気持ちだけだったのだろうか。

「サラダ記念日」の隠すものは?

歌の中には、「ほめられて飛び上がるほどうれしい」作者の気持ちは現れていない。

なぜかというと、ほめられて飛び上がるほどうれしくなるのは、作者がこの相手の「君」に好意を抱いているからなのである。

作者は、その気持ちを相手にはまだ伝えてはおらず、料理を作るということで、相手への好意を表している段階なのかもしれない。

作者はその気持ちをまだ秘めており、歌の中にも「うれしい」とはならず、それを一人の喜びとして「サラダ記念日」とすることで置き換えているのかもしれない。

「サラダ記念日」は決して大々的な宣言ではなく、作者一人の秘めた心が作った記念日なのである。

そのことから、自らの恋心をそっと保っている若い女性の心情が伝わってくる。

そのさわやかで淡い恋心と青春時代の恋の初々しさが、この歌が広く愛唱されるゆえんなのだろう。

 

初稿はサラダでなくて「唐揚げ」だった

この歌は最初作られた時は、サラダではなくて「鶏のから揚げ」だったと作者が話している。

唐揚げの方がサラダよりも、料理としては難しいので、ほめられたことは、年頃の料理を始めたばかりの女性にとっては、よりうれしいことだったに違いない。

ただし、作品の印象としては、「唐揚げ」よりも「サラダ」の方がすがすがしい若いイメージとなる。

事実が唐揚げだったとしても、作品の中では、適切な言葉に置き換える必要があることも、この歌によって教えられる。

 






tankakanren

-教科書の短歌
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.