「百人一首」 一覧

no image

秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる/藤原敏行朝臣/品詞分解

秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる 古今和歌集に収録されている藤原敏行朝臣の和歌の現代語訳、品詞分解と修辞法の解説、鑑賞を記します。

玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることのよわりもぞする/式子内親王百人一首解説

玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることのよわりもぞする 式子内親王(しょくしないしんのう)の新古今和歌集に収録されている和歌の現代語訳と修辞法の解説、鑑賞を記します。

人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香ににほひける/紀貫之

2020/03/19   -百人一首

人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香ににほひける  紀貫之の百人一首に収録されている和歌の現代語訳と修辞法、詠まれた季節などの解説、鑑賞を記します。 古今和歌集の選者であり、古今和歌集の序文「仮名序 ...

百人一首,代表作,有名,和歌,短歌,歌人,現代語訳,句切れ

久方の光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ 紀友則 修辞と解説

久方の光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ  作者は古今和歌集撰者の一人、紀友則、滅びゆくものへの愛惜と、命のはかなさを歌って、百人一首の中でも秀歌としてほまれ高い和歌です。 作品の現代語訳と句切 ...

春の有名な和歌10首 万葉集・古今集・百人一首から大伴家持,西行,紀貫之

春の和歌でよく知られた有名な短歌作品にはどのようなものがあるでしょうか。 春の有名な和歌を万葉集・古今集・百人一首から、大伴家持、西行、紀貫之他の作品からご紹介します。

君がため春の野に出でて若菜摘むわが衣手に雪は降りつつ/光孝天皇 訳と解説

君がため春の野に出でて若菜摘むわが衣手に雪は降りつつ--百人一首と古今和歌集の光孝天皇の有名な和歌、代表的な短歌作品の現代語訳と句切れと語句を解説、鑑賞します。

天つ風雲の通ひ路吹きとぢよをとめの姿しばしとどめむ/句切れと解説

天つ風雲の通ひ路吹きとぢよをとめの姿しばしとどめむ --百人一首の僧正遍昭の有名な和歌、代表的な短歌作品の現代語訳と句切れと語句を解説、鑑賞します。

これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関/蝉丸

2020/03/03   -百人一首

これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関 --蝉丸の百人一首の有名な和歌、代表的な短歌作品の現代語訳と句切れと語句を解説、鑑賞します。

あしびきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む/柿本人麻呂

2020/03/02   -百人一首

あしびきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む 百人一首の有名な和歌、代表的な短歌作品の現代語訳と句切れと語句を解説し、鑑賞します。

我が庵は都のたつみしかぞすむ 世を宇治山と人はいふなり/喜撰法師

我が庵は都のたつみしかぞすむ 世を宇治山と人はいふなり-- 喜撰法師の百人一首と古今和歌集の有名な和歌、代表的な短歌作品の現代語訳と句切れと語句を解説し、鑑賞します。

百人一首,代表作,有名,和歌,短歌,歌人,現代語訳,句切れ

天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも/阿部仲麻呂

2020/03/02   -百人一首

天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも--遣唐使として唐に渡った阿倍仲麻呂が、日本を遠く離れたところで月を見て歌った、百人一首の有名な和歌、代表的な短歌作品の現代語訳と句切れと語句を解説し ...

百人一首,代表作,有名,和歌,短歌,歌人,現代語訳,句切れ

秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ/天智天皇

2020/03/02   -百人一首

秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は 露にぬれつつ 百人一首の天智天皇の有名な和歌、代表的な短歌作品の現代語訳と句切れと語句を解説します。

花の色は移りにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに/小野小町 表現技法と意味

2020/01/27   -百人一首

花の色は移りにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに 小野小町の有名な和歌、代表的な短歌作品の現代語訳と句切れと語句、小野小町の短歌の特徴と合わせて解説します。

万葉集と百人一首に共通する和歌の違い「田子の浦ゆうち出でてみれば真白にぞ富士の高嶺に雪は降りつつ」

2019/12/02   -万葉集, 百人一首

万葉集と百人一首両方に収録された和歌のうち、「田子の浦ゆうち出でてみれば真白にぞ富士の高嶺に雪は降りつつ」の改作部分について解説をします。 万葉集と百人一首両方に収録された和歌には、他にどんなものがあ ...

万葉集と百人一首に共通する和歌の違い「春過ぎて夏きたるらし白妙の衣干したり天の香久山」

2019/12/02   -万葉集, 百人一首

万葉集と百人一首両方に収録された和歌のうち、「春過ぎて夏きたるらし白妙の衣干したり天の香久山」の改作部分について解説をします。 万葉集と百人一首両方に収録された和歌には、他にどんなものがあるでしょうか ...

紅葉・黄葉の有名な短歌・和歌 万葉集、百人一首より

2019/11/22   -万葉集, 百人一首

紅葉の短歌にはどんなものがあるでしょうか。 万葉集から紅葉を詠んだ秀歌には柿本人麻呂が多くあります。その後の時代の百人一首の紅葉の歌も広く知られています。 紅葉に関する有名でよく知られた短歌を集めてみ ...

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.