「 日めくり短歌 」 一覧

古今集・新古今集の七夕の和歌 建礼門院 藤原定家 紀貫之

七夕の和歌は万葉集の頃から詠まれており、古今・新古今和歌集にも収録されています。 きょう七夕の日めくり短歌は、古今和歌集の七夕歌をご紹介します。

寂しさに海を覗けばあはれあはれ章魚(たこ)逃げてゆく真昼の光 北原白秋

寂しさに海を覗けばあはれあはれ章魚(たこ)逃げてゆく真昼の光 作者北原白秋のよく知られた歌です。 半夏生のきょうの日めくり短歌は、北原白秋の蛸の短歌をご紹介します。

夏至の短歌 一年で昼が最も長い日を詠む

夏至というのは、昼が最も長くなること。何となく不思議な日に思われますね。 きょう、夏至の日の日めくり短歌は、夏至をテーマに詠んだ短歌をご紹介します。

天声人語に父の短歌「世の娘半分は父を嫌ふとぞ猫を撫でつつ答へむとせず」

父の短歌、父親の短歌、きょう父の日は、朝日新聞の「天声人語」に父の短歌が紹介されました。 父の立場から読んだ歌を含め、父に関わる短歌の数々をご紹介します。

秋風にたなびく雲のたえ間よりもれいづる月の影のさやけさ  左京大夫顕輔

秋風にたなびく雲のたえ間よりもれいづる月の影のさやけさ 百人一首に採られた左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)、藤原顕輔、の有名な和歌、現代語訳と句切れなどの修辞法の解説と鑑賞を記します。

与謝野晶子と与謝野鉄幹 「二人三脚」でたどり着いた常世の春

与謝野晶子は、歌誌『明星』の主催者であった与謝野鉄幹によって見いだされ、歌人の地位を築きました。 その後の与謝野鉄幹と晶子の生活は「二人三脚」であったと言われています。 きょうの日めくり短歌は、与謝野 ...

空海 弘法大師のいろは歌についてと空海を詠んだ短歌

空海の忌日は4月22日、空海の短歌は、「いろは歌」の他はほとんど伝えられたものはないようです。 また、いろは歌も、空海の作品とするのは言い伝えで、作者は別にいるとも言われています。 きょうの日めくり短 ...

自然がずんずん 体のなかを通過する 山、山、山 前田夕暮の代表作短歌

「自然がずんずん 体のなかを通過する 山、山、山」 この印象的な短歌の作者は歌人、前田夕暮です。 きょう菜の花忌は、前田夕暮の命日、きょうの日めくり短歌は、前田夕暮の短歌をご紹介します。

或る時のわれのこころを焼きたての麺麭に似たりと思ひけるかな パンの短歌

或る時のわれのこころを焼きたての麺麭に似たりと思ひけるかな パンを詠んだ短歌は、近代短歌から現代短歌まで、意外に多くみられます。 4月12日はパンの記念日、きょうの日めくり短歌はパンにちなんだ短歌をご ...

御相いとどしたしみやすきなつかしき若葉木立の中の盧舎那仏 奈良の大仏の短歌

御相いとどしたしみやすきなつかしき若葉木立の中の盧舎那仏 与謝野晶子が奈良の大仏を詠んだ短歌です。 きょうの日めくり短歌は、「大仏の日」にちなみ、奈良の大仏の短歌をご紹介します。

願はくは花の下にて春死なむそのきさらぎの望月のころ 灌仏会・花まつりの短歌

灌仏会、別名花まつりとも言われるこの日は、お釈迦様の誕生日です。 きょうの日めくり短歌は、灌仏会にちなむ短歌をご紹介します。

鉄腕アトムの短歌 穂村弘 笹公人 坂井修一「鉄腕アトムの誕生日」【日めくり短歌】

鉄腕アトムの誕生日は4月7日、手塚治虫さんの漫画の主人公です。 鉄腕アトムは昭和に育った子どもたちの人気キャラクターであるため、昭和生まれの歌人が短歌にアトムを詠んだものがあります。 きょうの日めくり ...

入学と入学式の短歌 俵万智・土屋文明他【日めくり短歌】

入学式を迎える皆さま、おめでとうございます。 春は入学の季節、新しい学校生活にあたって、短歌も詠んでおきたいものですね。 きょうの日めくり短歌は、入学や学校生活の短歌をご紹介します。

沖縄の短歌 明仁天皇・恩納ナビ・佐藤モニカ・平成万葉集より【日めくり短歌】

沖縄県誕生の日は、1879年に 琉球潘を廃し沖縄県となった記念日です。 きょうの日めくり短歌は、沖縄県の歌人の短歌、それと平成万葉集に放送された中から、沖縄の短歌をご紹介します。

水を詠んだ短歌・和歌 志貴皇子 紀貫之 西行 与謝野晶子他【日めくり短歌】

水を詠んだ短歌にはどんな歌があるでしょうか。 きょうはみずの日、「し(4)み(3)ず」(清水)と読む語呂合わせから全国にある清水寺でつくる「全国清水寺ネットワーク会議」が制定した記念日です。 きょうの ...

われ男の子意気の子名の子つるぎの子詩の子恋の子あゝもだえの子 与謝野鉄幹代表作短歌

われ男の子意気の子名の子つるぎの子詩の子恋の子あゝもだえの子 与謝野鉄幹は、歌誌『明星』を主催した歌人、忌日は3月26日です。 きょうの日めくり短歌は与謝野鉄幹の代表作短歌と辞世の句である歌をご紹介し ...

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.