「 日めくり短歌 」 一覧

空海 弘法大師のいろは歌についてと空海を詠んだ短歌

空海の忌日は4月22日、空海の短歌は、「いろは歌」の他はほとんど伝えられたものはないようです。 また、いろは歌も、空海の作品とするのは言い伝えで、作者は別にいるとも言われています。 きょうの日めくり短 ...

自然がずんずん 体のなかを通過する 山、山、山 前田夕暮の代表作短歌

「自然がずんずん 体のなかを通過する 山、山、山」 この印象的な短歌の作者は歌人、前田夕暮です。 きょう菜の花忌は、前田夕暮の命日、きょうの日めくり短歌は、前田夕暮の短歌をご紹介します。

或る時のわれのこころを焼きたての麺麭に似たりと思ひけるかな パンの短歌

或る時のわれのこころを焼きたての麺麭に似たりと思ひけるかな パンを詠んだ短歌は、近代短歌から現代短歌まで、意外に多くみられます。 4月12日はパンの記念日、きょうの日めくり短歌はパンにちなんだ短歌をご ...

御相いとどしたしみやすきなつかしき若葉木立の中の盧舎那仏 奈良の大仏の短歌

御相いとどしたしみやすきなつかしき若葉木立の中の盧舎那仏 与謝野晶子が奈良の大仏を詠んだ短歌です。 きょうの日めくり短歌は、「大仏の日」にちなみ、奈良の大仏の短歌をご紹介します。

願はくは花の下にて春死なむそのきさらぎの望月のころ 灌仏会・花まつりの短歌

灌仏会、別名花まつりとも言われるこの日は、お釈迦様の誕生日です。 きょうの日めくり短歌は、灌仏会にちなむ短歌をご紹介します。

鉄腕アトムの短歌 穂村弘 笹公人 坂井修一「鉄腕アトムの誕生日」【日めくり短歌】

鉄腕アトムの誕生日は4月7日、手塚治虫さんの漫画の主人公です。 鉄腕アトムは昭和に育った子どもたちの人気キャラクターであるため、昭和生まれの歌人が短歌にアトムを詠んだものがあります。 きょうの日めくり ...

入学と入学式の短歌 俵万智・土屋文明他【日めくり短歌】

入学式を迎える皆さま、おめでとうございます。 春は入学の季節、新しい学校生活にあたって、短歌も詠んでおきたいものですね。 きょうの日めくり短歌は、入学や学校生活の短歌をご紹介します。

沖縄の短歌 明仁天皇・恩納ナビ・佐藤モニカ・平成万葉集より【日めくり短歌】

沖縄県誕生の日は、1879年に 琉球潘を廃し沖縄県となった記念日です。 きょうの日めくり短歌は、沖縄県の歌人の短歌、それと平成万葉集に放送された中から、沖縄の短歌をご紹介します。

水を詠んだ短歌・和歌 志貴皇子 紀貫之 西行 与謝野晶子他【日めくり短歌】

水を詠んだ短歌にはどんな歌があるでしょうか。 きょうはみずの日、「し(4)み(3)ず」(清水)と読む語呂合わせから全国にある清水寺でつくる「全国清水寺ネットワーク会議」が制定した記念日です。 きょうの ...

われ男の子意気の子名の子つるぎの子詩の子恋の子あゝもだえの子 与謝野鉄幹代表作短歌【日めくり短歌】

われ男の子意気の子名の子つるぎの子詩の子恋の子あゝもだえの子 与謝野鉄幹は、歌誌『明星』を主催した歌人、忌日は3月26日です。 きょうの日めくり短歌は与謝野鉄幹の代表作短歌と辞世の句である歌をご紹介し ...

鎌倉や御仏なれど釈迦牟尼は美男におはす夏木立かな 与謝野晶子 表現技法と鑑賞

鎌倉や御仏なれど釈迦牟尼は美男におはす 与謝野晶子の鎌倉の大仏を詠んだ歌です。 きょうの日めくり短歌は、与謝野晶子の鎌倉の大仏を詠んだ歌の、現代語訳と表現技法を鑑賞します。

春彼岸の寒き一日をとほく行く者のごとくに衢を徒歩す 斎藤茂吉の春彼岸の短歌

2021/03/20   -斎藤茂吉
 

斎藤茂吉が彼岸を詠んだ短歌には、よく知られた有名なものがあります。 きょうの日めくり短歌は斎藤茂吉の春彼岸の短歌をご紹介します。 

斎藤茂吉の税申告の短歌 財務の日【日めくり短歌】

2021/03/16   -斎藤茂吉
 

税申告について詠んだ斎藤茂吉の短歌があります。歌人であり病院の院長職を務めた斎藤茂吉ならではの題材です。 財務の日にちなみ、斎藤茂吉の税金と税申告の短歌をご紹介します。

靴の短歌・靴の記念日【日めくり短歌】

靴の日というのは、日本に初めて靴が入ってきたのを記念して作られた、靴の言記念日です。 今日の日めくり短歌は、靴を詠んだ短歌をご紹介します。

卒業の短歌 現代短歌より俵万智,千葉聡,穂村弘他【日めくり短歌】

卒業シーズンが今年もやってきました。 3月は別れの季節でもありますね。 きょうの日めくり短歌は、卒業に関する短歌を現代短歌から集めてみました。

福島の短歌 東日本大震災より10年【日めくり短歌】

東日本大震災から10年が経ちました。 その間、震災にあった福島の地を詠み続けた方の短歌が、朝日歌壇の特集記事に掲載されました。 きょうの日めくり短歌は福島の震災詠をご紹介します。

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.