「 辞世の句 」 一覧

有島武郎の辞世の句の短歌と心中自殺の理由【日めくり短歌】

有島武郎の忌日は、6月9日「星座忌」。 有島武郎は心中自殺によって亡くなりましたが、理由は婚外恋愛のトラブルが発端でした。 きょうの日めくり短歌は、星座忌にちなみ、有島武郎の辞世の短歌と、有島武郎の自 ...

曇りなき心の月を先立てて浮世の闇を照らしてぞ行く 伊達政宗の辞世の句

2022/05/24   -短歌・和歌
 

曇りなき心の月を先立てて浮世の闇を照らしてぞ行く 伊達政宗の辞世の句をご紹介します。 きょう5月24日が伊達政宗の命日となります。

本居宣長の和歌「敷島の大和心を人問はば朝日に匂ふ山桜花」の意味

2021/11/05   -短歌・和歌
 

本居宣長の和歌に、有名な「敷島の大和心を人問はば朝日に匂ふ山桜花」という歌があります。 本居宣長の忌日にちなみ、きょうの日めくり短歌はこの歌の意味について解説します。

西郷隆盛の辞世の句の和歌「二つなき道にこの身を捨小舟波立たばとて風吹かばとて」

「二つなき道にこの身を捨小舟波立たばとて風吹かばとて」 西郷隆盛は、幕末・明治初期の政治家・軍人、9月24日が命日です。 きょうの日めくり短歌は、西郷隆盛の忌日、南洲忌にちなみ、西郷隆盛の辞世の句の短 ...

織田信長の「敦盛」 辞世の句とされる「人間五十年」の意味

2021/06/02   -短歌・和歌
 

織田信長は最期に「人間五十年」で始まる幸若舞「敦盛」を舞ったとされています。 この「人間五十年」が織田信長の辞世の句ともされています。 きょうの日めくり短歌は「本能寺の変」にちなみ、織田信長の辞世の句 ...

今ぞ知るみもすそ川の御ながれ波の下にもみやこありとは 二位尼・平時子

2021/04/25   -短歌・和歌
 

今ぞ知るみもすそ川の御ながれ波の下にもみやこありとは この和歌は、平清盛の妻である、平時子、二位の尼の辞世の句とされています。 きょうの日めくり短歌は、壇ノ浦の戦いの日にちなみ、二位の尼の壇ノ浦の戦い ...

われ男の子意気の子名の子つるぎの子詩の子恋の子あゝもだえの子 与謝野鉄幹代表作短歌

われ男の子意気の子名の子つるぎの子詩の子恋の子あゝもだえの子 与謝野鉄幹は、歌誌『明星』を主催した歌人、忌日は3月26日です。 きょうの日めくり短歌は与謝野鉄幹の代表作短歌と辞世の句である歌をご紹介し ...

川島芳子の辞世の句と短歌・「男装の麗人」となった理由【日めくり短歌】

2021/03/25   -短歌・和歌
 

川島芳子、男装の麗人、東洋のマタハリとも呼ばれたこの女性は、中国、清朝の王女で後に銃殺されました。 きょうの日めくり短歌は、川島芳子の辞世の句の詩と、獄中での短歌をご紹介します。

散る桜残る桜も散る桜 良寛和尚の辞世の句と俳句

2021/01/06   -詩歌
 ,

散る桜残る桜も散る桜 良寛は和尚としてだけでなく、短歌をたくさん残した歌人としても知られています。 1月6日は良寛忌、良寛の辞世の句についてお伝えします。

檀一雄の辞世の句と短歌 命日夾竹桃忌【日めくり短歌】

檀一雄の忌日、夾竹桃忌は1月2日です。檀一雄は太宰治の親友の一人でもあった昭和の作家です。 今日の日めくり短歌は檀一雄の辞世の句2首と短歌1首をご紹介します。

忠臣蔵 浅野内匠頭と赤穂浪士の辞世の句の短歌【日めくり短歌】

忠臣蔵の赤穂浪士の辞世の句、短歌は、浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)の詠んだ「風さそふ花よりもなほ我はまた春の名残をいかにとやせん」が有名です。 きょうの日めくり短歌は、浅野内匠頭の辞世の句と赤穂浪士 ...

三島由紀夫の辞世の句の短歌【日めくり短歌】

三島由紀夫の忌日は11月25日、「益荒男(ますらを)がたばさむ太刀の鞘鳴りに幾とせ耐へて今日の初霜」が辞世の句の短歌と言われています。 きょうの日めくり短歌は三島由紀夫の辞世の句の意味と、三島由紀夫が ...

石田三成の辞世の和歌の意味 筑摩江や芦間に灯すかがり火とともに消えゆく我が身なりけり

石田三成の辞世の和歌・短歌である、「筑摩江や芦間に灯すかがり火とともに消えゆく我が身なりけり」について解説します。 11月6日は、関ケ原の戦いに敗れた石田三成の忌日、処刑をされた日です。 きょうの日め ...

親思ふこころにまさる親心けふの音づれ何ときくらむ 吉田松陰の和歌【日めくり短歌】

親思ふこころにまさる親心けふの音づれ何ときくらむ 吉田松陰の和歌・短歌には、大変有名なフレーズを含む、上の歌があります。 今日の日めくり短歌は、吉田松陰の命日、松陰忌にちなみ、吉田松陰の短歌をご紹介し ...

をととひのへちまの水も取らざりきの意味と解釈 正岡子規「辞世の句」

をとゝひのへちまの水も取らざりき 正岡子規の辞世の句、「絶筆三句」といわれる有名な一句です。 1896年に詠まれた「正岡子規の絶筆三句」の3句目の意味をご紹介します。

痰一斗糸瓜の水も間に合はず 正岡子規「絶筆三句」の意味

痰一斗糸瓜の水も間に合はず 正岡子規の辞世の句、「絶筆三句」といわれる有名な一句です。 1896年に詠まれた「正岡子規の絶筆三句」の二句目の意味をご紹介します。

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.