「万葉集」 一覧

信濃道は今の墾道刈株に足踏ましなむ沓はけわが背/解釈の違いと理由

2020/01/29   -万葉集

信濃道は今の墾道刈株に足踏ましなむ沓はけわが背 万葉集の、14巻東歌の中の有名な相聞歌を解説・鑑賞します。 万葉集でもそれほど多くはない、夫婦愛を伝える歌としてよく知られている作品ですが、沓を履くよう ...

いづくにか船泊すらむ安礼の崎こぎ回み行きし棚無し小舟/高市黒人の名歌

2020/01/20   -万葉集
 

いづくにか船泊すらむ安礼の崎こぎ回み行きし棚無し小舟 高市黒人の有名な和歌、代表的な短歌作品の現代語訳と句切れと語句、黒人の短歌の特徴と合わせて解説します。 黒人の羈旅歌の詩情豊かな抒景歌の中でも、と ...

「新しき年の初めの初春の今日降る雪のいやしけ吉事」の英訳『英語で味わう万葉集』ピーター・マクミラン

2020/01/15   -万葉集
 

15日の朝日新聞のコラム「星の林に」にピーター・マクミランさんが大伴家持の「新しき年の初めの初春の今日降る雪のいやしけ吉事」を英訳したものが掲載されていましたので、こちらにご紹介します。 この歌のポイ ...

古の人に我れあれや楽浪の古き都を見れば悲しき/高市黒人『万葉集』

2020/01/14   -万葉集
 

「古(いにしへ)の人に我れあれや楽浪(ささなみ)の古き都を見れば悲しき」 高市黒人の有名な和歌、代表的な短歌作品の現代語訳と句切れと語句、黒人の短歌の特徴と合わせて解説します。 羈旅歌の詩情豊かな抒景 ...

高市黒人の万葉集の全19首短歌と特徴「詩情豊かな抒景歌と孤愁」

2020/01/14   -万葉集
 

高市黒人は、万葉集の中でも愛好される歌人の一人です。 高市黒人はどのような歌人であったのか、作風の特徴と共に、万葉集の短歌から全作品19首を現代語訳一覧で掲載します。 高市黒人の代表作の短歌の解説は、 ...

万葉集の雪の短歌・和歌一覧 柿本人麻呂,大伴家持,大伴旅人,高市黒人他

2020/01/10   -万葉集

万葉集の雪を詠んだ和歌にはどのようなものがあるでしょうか。 万葉集には雪を詠んだ短歌がたいへん多く、150~200首はあるといわれています。 その中からもっとも代表的な大伴家持と山部赤人の和歌や、その ...

うらうらに照れる春日にひばり上がり心悲しもひとりし思へば/大伴家持「万葉集」

2020/01/06   -万葉集
 

「うらうらに照れる春日にひばり上がり心悲しもひとりし思へば」 大伴家持の有名な歌、代表的な作品の一つで春愁三首と言われる歌の、3首目の締めくくりとなる短歌です。 現代語訳と句切れと語句、一首の工夫され ...

春の野に霞たなびきうら悲しこの夕かげに鶯鳴くも/大伴家持「春愁三首」の独自性

2020/01/05   -万葉集
 

春の野に霞たなびきうら悲し この夕かげに鶯鳴くも 万葉集にある大伴家持の有名な代表作短歌こは、それまでの万葉集の他の作品にはない独創性を含むものです。 「春愁三首」「絶唱三首」と呼びならわされる大伴家 ...

新年の短歌・和歌10首 万葉集代表作品 大伴家持他

2019/12/24   -テーマ別短歌, 万葉集

新年やお正月を詠んだ年の初めの短歌、「新年詠(えい)」というものですが、万葉集の新年詠にはどのようなものがあるでしょうか。 「新しき年の始めの初春の今日降る雪のいや重(し)け吉事(よごと)」の万葉集の ...

「防人の歌」万葉集の有名な短歌・和歌 斎藤茂吉の『万葉秀歌』他から

2019/12/22   -万葉集

「防人の歌」として知られる万葉集の一ジャンルの短歌、和歌から、有名でよく知られている作品、秀歌として取り上げられる作品をまとめました。 防人とは、飛鳥時代から平安時代、東国などから派遣されて、3年交代 ...

恋ひ恋ひて逢へる時だに愛しき言尽くしてよ長くと思はば/大伴坂上郎女「万葉集」

2019/12/07   -万葉集
 

「恋ひ恋ひて逢へる時だに愛しき言尽くしてよ長くと思はば」 万葉集の代表的な女流歌人の一人、大伴坂上郎女のこの和歌は、短歌を詠まない人にも好まれています。 大伴坂上郎女の上の歌を含む6首を鑑賞、解説しま ...

万葉集と百人一首に共通する和歌の違い「田子の浦ゆうち出でてみれば真白にぞ富士の高嶺に雪は降りつつ」

2019/12/02   -万葉集
 

万葉集と百人一首両方に収録された和歌のうち、「田子の浦ゆうち出でてみれば真白にぞ富士の高嶺に雪は降りつつ」の改作部分について解説をします。 万葉集と百人一首両方に収録された和歌には、他にどんなものがあ ...

万葉集と百人一首に共通する和歌の違い「春過ぎて夏きたるらし白妙の衣干したり天の香久山」

2019/12/02   -万葉集
 

万葉集と百人一首両方に収録された和歌のうち、「春過ぎて夏きたるらし白妙の衣干したり天の香久山」の改作部分について解説をします。 万葉集と百人一首両方に収録された和歌には、他にどんなものがあるでしょうか ...

田子の浦ゆうち出でてみればま白にぞ富士の高嶺に雪は降りつつ/山部赤人/万葉集

2019/12/02   -万葉集

「田子の浦ゆうち出でてみればま白にぞ富士の高嶺に雪は降りつつ」 万葉集の代表的な歌人の一人、山部赤人が富士山を詠んだものとして、万葉集の代表作であり古くから知られている有名な和歌です。 山部赤人の代表 ...

万葉集の代表的な短歌・和歌20首 額田王,柿本人麻呂,山上憶良,大伴家持

2019/11/27   -万葉集
 

万葉集の代表的な短歌としてあげられるもの、20首を選んでみました。 万葉集がどのような歌集で、どのような歌があるのかをコンパクトにご紹介します。

紅葉・黄葉の有名な短歌・和歌 万葉集、百人一首より

2019/11/22   -万葉集
 

紅葉の短歌にはどんなものがあるでしょうか。 万葉集から紅葉を詠んだ秀歌には柿本人麻呂が多くあります。その後の時代の百人一首の紅葉の歌も広く知られています。 紅葉に関する有名でよく知られた短歌を集めてみ ...

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.