marutanka - 短歌のこと - 50ページ  

marutanka

現代短歌

かくれんぼの鬼とかれざるまま老いて誰をさがしにくる村祭 寺山修司

かくれんぼの鬼とかれざるまま老いて誰をさがしにくる村祭 寺山修司の短歌でも、不思議な寓意に満ちた作品です。 きょうの日めくり短歌は、寺山修司の故郷青森に根差すだろう後年の歌からご紹介します。

石川啄木

石川啄木と芸妓小奴 北海道時代「忘れがたき人々」の女性

2024/2/15  

石川啄木の北海道時代、短歌に詠まれたモデルとなった人には、芸子の小奴他の女性がいます。 『一握の砂』から、石川啄木の恋愛の短歌、「相聞歌」を読んでいきたいと思います。

石川啄木

石川啄木の生涯と文学 26歳の生を2冊の歌集に凝縮

2022/5/17  

石川啄木は岩手県出身の明治生まれ、処女歌集『一握の砂』一冊で世に出て、今に至るまで作品が愛唱され続けている歌人です。 わずか27歳で結核のため世を去った石川啄木の生涯を、代表的な短歌の作品を交えてお知 ...

万葉集

石麻呂に我れもの申す夏痩せによしといふものぞ鰻とり食せ 大伴家持【日めくり短歌】

石麻呂に我れもの申す夏痩せによしといふものぞ鰻とり食せ きょうは土用の丑の日、丑の日に食べるとされる鰻の和歌は万葉集にも見られます。 きょうの日めくり短歌は、大伴家持の鰻の和歌をご紹介します。

現代短歌

ふるさとの訛りなくせし友といてモカ珈琲はかくまでにがし 寺山修司

ふるさとの訛りなくせし友といてモカ珈琲はかくまでにがし 寺山修司は青森出身。若い時は都会に憧れ、「東京東京東京…書けば書くほど恋しくなる」と詩文に記した一方、「ふるさと」に固執する上の歌も詠んでいます ...

現代短歌

友のせて東京へゆく汽笛ならむ夕餉の秋刀魚買ひに出づれば 東京を恋いた寺山修司

朝日新聞の天声人語に寺山修司の「東京東京東京…書けば書くほど恋しくなる」という詩文が掲載されていました。 少年時代の寺山は、文芸を通じて都会へのあこがれを膨らませていました。 きょうの日めくり短歌は、 ...

現代短歌

寺山修司の短歌代表作品一覧 きらめく詩才の短歌の特徴

2022/10/31    

寺山修司は短歌や俳句の他、劇作家としてもマルチに活躍しましたが、寺山修司の出発は短歌であり、寺山の歌は今に至るまでファンが多く、私もその一人です。 寺山修司の短歌の代表作品一覧と、寺山修司の短歌の特徴 ...

ニュース

「八月の歌」短歌コンクール 優秀賞を朝日新聞が発表 平和への思い

2020/7/17  

平和への思いを詠んだ短歌コンクール「八月の歌」(朝日新聞社主催)の入選作品が発表されました。 優秀賞と奨励賞合わせて54首です。受賞された作品をご紹介します。

現代短歌

言の葉の上を這ひずり回るとも一語さへ蝶に化けぬ今宵は 岡井隆【日めくり短歌】

2020/8/22    

言の葉の上を這ひずり回るとも一語さへ蝶に化けぬ今宵は 10日に訃報が伝えられた歌人の岡井隆さん、前衛短歌運動など、戦後の短歌会をけん引されました。 これまでのたくさんの印象深い作品が思い起こされます。 ...

万葉集

磐代の浜松が枝を引き結びま幸くあらばまたかへり見む 有間皇子の結び松の和歌

2022/5/18  

磐代の浜松が枝を引き結びま幸くあらばまた還り見む  有間皇子の万葉集の代表的な短歌作品の現代語訳、句切れと語句、品詞分解を解説します。 この和歌に詠まれた「結び松」は遺跡として、今も人々に親しまれてい ...

現代短歌

生きがたき此の生のはてに桃植ゑて死も明かうせむそのはなざかり 岡井隆【日めくり短歌】

2023/6/5  

生きがたき此の生のはてに桃植ゑて死も明かうせむそのはなざかり 10日に訃報が伝えられた歌人の岡井隆さん、前衛短歌運動などで戦後の短歌会をけん引されました。 これまでのたくさんの印象深い作品が思い起こさ ...

万葉集

家にあれば笥に盛る飯を草枕旅にしあれば椎の葉に盛る 有間皇子

2022/5/18  

家にあれば笥に盛る飯を草枕旅にしあれば椎の葉に盛る  有間皇子の万葉集の代表的な短歌作品の現代語訳、句切れと語句、品詞分解を解説します。

現代短歌

歌といふ傘をかかげてはなやかに今わたりゆく橋のかずかず 岡井隆【日めくり短歌】

2023/6/5  

10日に訃報が伝えられた歌人の岡井隆さん、前衛短歌運動などで戦後の短歌会をけん引されました。 これまでのたくさんの印象深い作品が思い起こされます。 きょうの日めくり短歌は、岡井隆さんの「歌といふ傘をか ...

与謝野晶子

ああ阜月仏蘭西の野は火の色す君も雛罌粟われも雛罌粟 与謝野晶子

2020/8/22  

ああ阜月仏蘭西の野は火の色す君も雛罌粟われも雛罌粟 作者与謝野晶子が夫鉄幹と共にフランスに滞在した時の作品。 与謝野晶子の短歌代表作の中でも、有名な歌の現代語訳と解説鑑賞を記します。

与謝野晶子

フランスを訪れた与謝野晶子の短歌【日めくり短歌】

2022/8/10  

7月14日はパリ祭の日。 きょうの日めくり短歌は、フランスを訪れた与謝野晶子の短歌、「ああ阜月仏蘭西の野は火の色す君も雛罌粟われも雛罌粟」をお伝えします。

現代短歌

約しある二人の刻を予ねて知りて天の粉雪降らしむるかな 岡井隆【日めくり短歌】

2023/6/5  

10日に訃報が伝えらえた歌人の岡井隆さんの短歌代表作品の中から、第一歌集の『斉唱』から、初期の相聞歌「 約しある二人の刻を予ねて知りて天の粉雪降らしむるかな」をお伝えします。

error: Content is protected !!