「石川啄木」 一覧

石川啄木の作品一覧 小説・『ローマ字日記』・短歌

2021/08/11   -石川啄木

石川啄木の作品には、短歌の他に詩、日記をまとめたものがあります。 石川啄木の作品についてご紹介します。

馬鈴薯のうす紫の花に降る雨を思へり都の雨に 石川啄木

2021/08/08   -石川啄木
 

馬鈴薯のうす紫の花に降る雨を思へり都の雨に 石川啄木『一握の砂』の短歌代表作品にわかりやすい現代語訳をつけました。 歌の中の語や文法、句切れや表現技法と共に、歌の解釈・解説を一首ずつ記します。

あたらしき背広など着て旅をせむしかく今年も思ひ過ぎたる 石川啄木

2021/02/09   -石川啄木
 

あたらしき背広など着て旅をせむしかく今年も思ひ過ぎたる 石川啄木の『一握の砂』の短歌代表作の一つとしてよく知られる一首です。 きょうの日めくり短歌は「服の日」にちなみ、石川啄木の背広の短歌をご紹介しま ...

大形の被布の模様の赤き花今も目に見ゆ六歳の日の恋 石川啄木【日めくり短歌】

2020/12/25   -石川啄木
 

大形の被布の模様の赤き花   今も目に見ゆ 六歳の日の恋  石川啄木の「一握の砂」より朝日新聞の「折々のことば」に紹介された短歌です。 きょうの日めくり短歌は、石川啄木の短歌作品をご紹介します。

手套を脱ぐ手ふと休む何やらむこころかすめし思ひ出のあり 石川啄木【日めくり短歌】

2020/11/23   -石川啄木
 

手套を脱ぐ手ふと休む何やらむこころかすめし思ひ出のあり 石川啄木 きょう11月23日は、手袋の日。 きょうの日めくり短歌は、歌集『一握の砂』より手袋にちなむ、石川啄木の短歌をご紹介します。

親孝行の日、石川啄木「たはむれに母を背負ひて」【日めくり短歌】

2020/08/08   -石川啄木
 

今日8月8日は、親孝行の日。 88の重なりから「はは」、それと「はちはち」から「ちち」が導かれるからだそうです。 きょうの日めくり短歌は、親孝行にちなむ、石川啄木の有名な短歌「たはむれに母を背負ひてそ ...

石川啄木の家族と経済事情 盛岡中学退学の背景

2020/07/25   -石川啄木

石川啄木は歌集「一握の砂」で世に出るまでに、何度も挫折を経験しています。 その最初の大きな問題であった、盛岡中学校の退学ですが、その背景には啄木一家の経済的な事情があったと思われます。 石川啄木の退学 ...

血に染めし歌をわが世のなごりにてさすらいここに野にさけぶ秋 石川啄木【日めくり短歌】

2020/07/25   -石川啄木
 

血に染めし歌をわが世のなごりにてさすらいここに野にさけぶ秋 短歌雑誌「明星」に初めて掲載された石川啄木の短歌です。 今日の日めくり短歌は、石川啄木の歌集未収録の歌をお届けします。

石川啄木の妻堀合節子 天才歌人を支えた献身の生涯

2020/07/24   -石川啄木

石川啄木の妻、旧姓堀合節子は、啄木の亡くなった約1年後、28歳で啄木と同じ結核で亡くなりました。 天才歌人を献身的に支えた妻節子について、啄木の妻を詠んだ短歌を交えながらまとめます。

石川啄木の歌集の内容と特徴『一握の砂』『悲しき玩具』

2020/07/24   -石川啄木

石川啄木の歌集は生涯に2冊のみ、第一歌集が『一握の砂』、第二歌集が『悲しき玩具』、生前に刊行されたのは前の歌集で、『悲しき玩具』は啄木の逝去後に刊行されました。 それぞれの歌集の内容と特徴、代表作品を ...

石川啄木のアニメ「啄木鳥探偵處」きつつきたんていどころが話題!

2020/07/23   -石川啄木

石川啄木が登場人物のアニメ、「啄木鳥探偵處」(きつつきたんていどころ)が話題になっています。 石川啄木は探偵役で、親友の金田一京介と共に、難事件を解決するそうですよ。いったいどんなアニメなのでしょうか ...

石川啄木と芸妓小奴 北海道時代「忘れがたき人々」の女性

2020/07/21   -石川啄木

石川啄木の北海道時代、短歌に詠まれたモデルとなった人には、芸子の小奴他の女性がいます。 『一握の砂』から、石川啄木の恋愛の短歌、「相聞歌」を読んでいきたいと思います。

石川啄木の生涯と文学 26歳の生を2冊の歌集に凝縮

2020/07/21   -石川啄木

石川啄木は岩手県出身の明治生まれ、処女歌集『一握の砂』一冊で世に出て、今に至るまで作品が愛唱され続けている歌人です。 わずか27歳で結核のため世を去った石川啄木の生涯を、代表的な短歌の作品を交えてお知 ...

盛岡の中学校の露台(バルコン)の欄干(てすり)に最一度我を倚よらしめ 石川啄木

2020/07/08   -石川啄木
 

盛岡の中学校の露台(バルコン)の欄干(てすり)に最一度我を倚よらしめ 石川啄木『一握の砂』の短歌代表作品にわかりやすい現代語訳をつけました。 歌の中の語や文法、句切れや表現技法と共に、歌の解釈・解説を ...

雨に濡れし夜汽車の窓に映りたる山間の町のともしびの色 石川啄木【日めくり短歌】

2020/06/30   -石川啄木
 

「雨に濡れし夜汽車の窓に映りたる山間の町のともしびの色」 今日の日めくり短歌は、石川啄木の歌集「一握の砂」の中の作品です。 啄木が仕事のために移り住んだ函館を去るときの歌とされており、滞在した地への思 ...

雨降ればわが家の人誰も誰も沈める顔す雨霽れよかし/石川啄木【日めくり短歌】

2020/06/28   -石川啄木
 

雨降ればわが家の人誰も誰も沈める顔す雨霽(は)れよかし 今日の日めくり短歌は、石川啄木の作品です。

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.