斎藤茂吉

斎藤茂吉の記事一覧目次と短歌テキストのご案内

投稿日:

斎藤茂吉に関する記事の目次です。

歌人、斎藤茂吉に関すること、各歌集と一部歌集の全作品、代表的な作品の現代語訳と解説を探しやすいように、一覧にまとめます。

斎藤茂吉はどんな歌人か

田村茂(明治42年-昭和62年) - 文藝春秋新社 現代日本の百人(1953年刊), パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=46950002による

■斎藤茂吉がどんな歌人かは

斎藤茂吉の作品と生涯 特徴や作風「写生と実相観入」

■斎藤茂吉の代表作をまず読むには

斎藤茂吉の短歌30首代表作品一覧 全歌集 赤光,あらたま,ともしび,白桃,白き山他

■斎藤茂吉の歌集について

斎藤茂吉の歌集解説『赤光』~『白き山』『つきかげ』まで各歌集の特徴と代表作

 

 

 

 

斎藤茂吉の妻や息子など人間関係

■斎藤茂吉の家系図

斎藤茂吉の家系図と家族 両親と養父母、子孫について

■斎藤茂吉の妻輝子について

斎藤茂吉の妻輝子との関わり「幼な妻」の短歌と「あらたま」の諦観モチーフ

■斎藤茂吉の息子2人について

斎藤茂吉の息子斎藤茂吉の息子 作家の北杜夫と精神科医斎藤茂太

■斎藤茂吉の兄弟 2人の兄と弟について

斎藤茂吉の兄弟を詠んだ短歌 北海道で医師の富太郎と再会

■永井ふさ子

斎藤茂吉 永井ふさ子との相聞歌 歌集未収録作品に見る真情

永井ふさ子と斎藤茂吉との恋愛 相聞の短歌と結婚できなかった理由

 

斎藤茂吉の短歌作品の目次

短歌作品の目次です。

「死にたまふ母」関連

■斎藤茂吉の代表作「死にたまふ母」

斎藤茂吉「死にたまふ母」全短歌作品 現代語訳付き解説と鑑賞の目次

■「死にたまふ母」主要作品の解説

みちのくの母のいのちを一目見ん一目見んとぞただにいそげる「死にたまふ母」

死に近き母に添寝のしんしんと遠田のかはづ天に聞ゆる「死にたまふ母」

のど赤き玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は死にたまふなり/死にたまふ母/

■「死にたまふ母」本文 現代語訳付
※教科書掲載の作品は「其の2」にあります。

斎藤茂吉 死にたまふ母其の1 「ひろき葉は」~「上の山の」短歌集「赤光」代表作

斎藤茂吉 死にたまふ母其の2 「はるばると」~「ひとり来て」短歌集「赤光」代表作

斎藤茂吉 死にたまふ母其の3「楢若葉」~「どくだみも」短歌集「赤光」代表作

斎藤茂吉 死にたまふ母其の4「はるばると」~「ひとり来て」短歌集「赤光」代表作

■「死にたまふ母」のあらすじ

「死にたまふ母」連作のあらすじを知って理解を深めよう 斎藤茂吉作

 

「赤光」関連

■「赤光」の解説短歌記事一覧

『赤光』斎藤茂吉の歌集 短歌代表作を現代語訳付きで解説

■「赤光」をコンパクトに読むには

斎藤茂吉『赤光』代表作 現代語訳付き

■赤光テキスト

『赤光』 斎藤茂吉 全短歌一覧

■「赤光」の個別記事はこちらから

赤光個別記事一覧

 

「あらたま」関連

「あらたま」斎藤茂吉短歌一覧 現代語訳付き解説と鑑賞

 

 

斎藤茂吉の歌集の全短歌シリーズ

■赤光テキスト

『赤光』 斎藤茂吉 全短歌一覧

■あらたまテキスト

斎藤茂吉「あらたま」短歌全作品 テキストのみ解説なし

解説ページ目次

■「つゆじも」テキスト

『つゆじも』斎藤茂吉短歌代表作品一覧と解説ページ目次

■「ともしび」テキスト

「ともしび」斎藤茂吉『ともしび』短歌代表作品 解説ページ一覧

■「白桃」以降

白桃・石泉・暁紅・白き山・つきかげ他短歌解説記事一覧

 

斎藤茂吉の歌人による解説・評論など

佐藤佐太郎による解説と評論

■佐藤佐太郎について
佐藤佐太郎佐藤佐太郎の斎藤茂吉解説

■佐藤佐太郎の選ぶ、斎藤茂吉の短歌代表作

佐藤佐太郎選 斎藤茂吉の短歌30首

斎藤茂吉の短歌代表作三十首の鑑賞と解説(上)「赤光」「あらたま」佐藤佐太郎

斎藤茂吉の短歌代表作三十首鑑賞と解説(下)[あらたま」「白き山」佐藤佐太郎

■『茂吉秀歌』より

『赤光』「茂吉秀歌」の斎藤茂吉の短歌の鑑賞と解説

斎藤茂吉の短歌の鑑賞と解説「茂吉秀歌」2つゆじも・ともしび

斎藤茂吉の短歌の鑑賞と解説「茂吉秀歌」3たかはら・白桃・暁紅

「暁紅」「寒雲」「小園」斎藤茂吉の短歌の鑑賞と解説「茂吉秀歌」

「白き山」「つきかげ」斎藤茂吉の短歌の鑑賞と解説5「茂吉秀歌」

他に

 「赤光」「あらたま」斎藤茂吉の歌集の評と解説について~佐藤佐太郎

 

斎藤茂吉の短歌の技法と評論など

単純化についての説明と解説~斎藤茂吉の記述から 佐藤佐太郎

斎藤茂吉の破調の歌のおもしろさ「アララギの背梁」大辻隆弘

斎藤茂吉「歌集『ともしび』とその背景」岡井隆著

画期的な評伝『斎藤茂吉―あかあかと一本の道とほりたり』品田悦一著

 

斎藤茂吉の様々なカテゴリーの短歌

浅草を詠む斎藤茂吉の短歌

斎藤茂吉のこがらしの短歌

斎藤茂吉の冬の短歌

斎藤茂吉の新年詠一覧

斎藤茂吉の桑の短歌

斎藤茂吉の飛行船の歌

斎藤茂吉の飛行機の短歌 歌集『たかはら』「虚空小吟」

斎藤茂吉の祝婚歌・結婚の祝いの短歌  第二歌集『あらたま』より

斎藤茂吉の月を詠んだ短歌 赤光,あらたま,つゆじも,白桃,暁紅より

斎藤茂吉の犬の短歌

斎藤茂吉歌集『白き山』より最上川の短歌一覧

斎藤茂吉が自ら代表作とした短歌と藤沢周平の好きな茂吉の歌

斎藤茂吉のカレーの短歌

斎藤茂吉の関東大震災の短歌

斎藤茂吉の納豆の短歌

斎藤茂吉の流れ星の短歌

斎藤茂吉の鰻の短歌「あたたかき鰻を食ひてかへりくる道玄坂に月おし照れり」

スペイン風邪にかかった長崎滞在中の斎藤茂吉の短歌

斎藤茂吉の蛸の短歌2首

こうもり傘の由来と斎藤茂吉の洋傘売りの歌【日めくり短歌】

斎藤茂吉の戦争の短歌  歌集『小園』より代表作「百房の葡萄」

斎藤茂吉のサイダーの短歌

切支丹の短歌 斎藤茂吉が長崎滞在中の歌集『つゆじも』より切支丹の短歌 斎藤茂吉が長崎滞在中の歌集『つゆじも』より

斎藤茂吉の著書「万葉秀歌」について

『万葉秀歌』は斎藤茂吉の万葉集解説の名著 岩波新書/内容紹介

上記の一覧は、どうぞ引き続きご利用ください







tankakanren

-斎藤茂吉

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.