万葉集

万葉集とは「古代の詩歌集」大伴旅人他有名な歌人と代表作の紹介

更新日:

「万葉集」とはどのような本でしょうか?平成の後の新元号が万葉集由来の「令和」に決まったことで、万葉集に注目が集まっています。

そもそも、万葉集とは何なのか、万葉集の代表的な歌人にはどんな人がいるのかを簡単にお伝えします。

スポンサーリンク



「万葉集」とは

万葉集とは何かを説明しますと、「万葉集」というのは古代の和歌を集めた和歌集です。

詩を集めたのが詩集ですが、短歌、それよりも長い長歌、短歌に似ているが577577の旋頭歌など、4536の歌が収められています。

編者ははっきりしていないのですが、大伴家持という人が、中心になってまとめられたのではないかと考えられています。

天平宝字3 (759) 年までの歌が収められており、成立の時期は奈良時代で、日本最古の和歌集です。

 

万葉集に収録されている歌人

有名な「歌人」として知られているのは、万葉集の編者としてあげられる大伴家持の他、額田王 (ぬかたのおおきみ) ,柿本人麻呂,高市 (たけちの) 黒人,山部赤人,大伴旅人,山上憶良 (やまのうえのおくら) ,高橋虫麻呂,大伴坂上郎女 (さかのうえのいらつめ) などがいます。

そして、万葉集の面白いところは、それ以外にも、皇族,貴族,官僚歌人といった、その時代の身分の高い人たちだけではなく、農民など一般民衆の歌も収められているというところです。

そして、当時の朝廷があった大和の国だけではなく、東歌(あずまうた)・防人(さきもり)歌などの、地方の歌も集められています。

現代ならば、どんな遠くの離れた地からも歌を集めるのは難しくないことですが、当時としてはたいへんなことでもあり、めずらしいことでもあったでしょう。

 

万葉集の代表歌人の歌

ここから代表歌人と、その歌を掲載します。

大伴家持(おおとものやかもち)

万葉集を編纂したと言われる。父は大伴旅人で、万葉集の収録歌の最多の歌人です。

ふり放(さ)けて三日月見れば一目見し人の眉引(まよびき)思ほゆるかも
うらうらに照れる春日に雲雀(ひばり)あがりこころ悲しも独りし思へば

額田王 (ぬかたのおおきみ)

どちらの歌も、とてもよく知られるものです。

あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る
君待つと我が恋ひ居れば我が宿の簾動かし秋の風吹く

柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

日本の古代の大歌人の一人。斎藤茂吉の研究書があります。

東の野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ
近江の海夕波千鳥汝が鳴けば心もしのに古思ほゆ

高市黒人(たけちのくろひと)

「漂泊の歌人」と呼ばれ、特徴的な歌です。

何処(いづく)にか船泊(ふなは)てすらむ安礼(あれ)の崎漕ぎ廻(た)み行きし棚無(たなな)し小舟
妹も我れも一つなれかも三河なる二見の道ゆ別れかねつる

山部赤人(やまべのあかひと)

古今集にも収録されるこれらの歌も、広く知られている代表歌です。

田子の浦ゆうち出でてみれば真白にそ富士の高嶺に雪は降りける
若の浦に潮満ち来れば潟をなみ葦辺をさして鶴鳴き渡る

大伴旅人(おおとものたびと)

家持の父。元号令和の元になる「梅花の歌」の序文を記した作者です。

世の中は空(むな)しきものと知る時しいよよますます悲しかりけり
験なき物を思はずは一杯の濁れる酒を飲むべくあるらし

 

 

山上憶良 (やまのうえのおくら)

子どもの歌や貧しさを主題にした貧窮問答歌など、万葉集でも特徴的な歌人です。

銀(しろかね)も金(くがね)も玉も何せむにまされる宝子にしかめやも
憶良らは今は罷らむ子泣くらむ其も彼の母も吾を待つらむそ

高橋虫麻呂(たかはしのむしまろ)

短歌の他、長歌も多く詠んだ歌人。手児名の歌もよく知られています。

富士の嶺(ね)に降り置く雪は六月(みなつき)の十五日(もち)に消(け)ぬればその夜降りけり
われも見つ人にも告げむ葛飾の真間の手児名が奥津城処(おくつきどころ)

大伴坂上郎女(おおとものさかのうえのいらつめ)

旅人の妹。額田王以後最大の女性歌人です。

今もかも大城の山にほととぎす鳴き響(とよ)むらむわれなけれども
酒杯に梅の花浮かべ思ふどち飲みての後は散りぬともよし

以上、万葉集と、その代表的な歌人の簡単な紹介でした。

万葉集には、いわゆる貴族だけではなく、一般の人の詠んだ歌、それから、作者はわからないが良い歌として収録されているものも他にもたくさんあります。

ぜひ「万葉集」の本や入門書などをお手に取って読んでみてください。

created by Rinker
¥1,728 (2019/08/19 14:00:34時点 Amazon調べ-詳細)





tankakanren

-万葉集

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.